通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

マルチノードの高可用性対応の運用設定の前提条件を検証する

Automation Suite をインストールする前に、専用のスクリプトを使用して、マルチノードの高可用性対応の運用環境が要件を満たしているかどうかを確認します。

Automation Suite をインストールする前に、インストールの前提条件とインフラストラクチャの準備状況を検証することをお勧めします。専用のスクリプトを使用し、環境を評価して概要を生成してからインストールを実行できます。

スクリプトを使用してインストールの前提条件を検証する


スクリプトをダウンロードする

📘

オフライン インストール

オフライン インストールの場合は、この手順をインターネットと、Automation Suite がデプロイされるエアギャップ マシンの両方にアクセスできるマシンで実行する必要があります。オンラインのマシンから、最初のターゲット マシンにファイルをコピーします。

前提条件スクリプトはインストーラーとともに sf-installer.zip というアーカイブにパッケージ化されており、サポート ツールはオフライン専用の sf-infra.tar.gz としてバンドルされています。これらのファイルは、Automation Suite をインストールするすべてのマシンについてレポートを生成するのに必要です。

Installation typeFiles to download
Onlinesf-installer.zipMandatory. For download instructions, see sf-installer.zip.
Offlinesf-installer.zipMandatory. For download instructions, see sf-installer.zip.
sf-infra.tar.gzMandatory. For download instructions, see sf-infra.tar.gz.

スクリプトを使用する準備をする

  1. 次のコマンドを実行してルートになります。
sudo su -
  1. 次のコマンドを実行して、ファイルを /opt/UiPathAutomationSuite/{version} フォルダーにコピーします。
VERSION="" #add the version number you are trying to install. Ex: for 2022.4.0 Set VERSION="2022.4.0"

mkdir -p /opt/UiPathAutomationSuite/${VERSION}

# For below command replace the /path/to where actually the files are present.

cp /path/to/sf-installer.zip /opt/UiPathAutomationSuite/${VERSION}

# Additionally for offline, copy sf-infra.tar.gz as well to /opt/UiPathAutomationSuite/{VERSION} folder

cp /path/to/sf-infra.tar.gz /opt/UiPathAutomationSuite/${VERSION}

cd /opt/UiPathAutomationSuite/${VERSION}
  1. 次のコマンドを実行して、パッケージを解凍します。
unzip sf-installer.zip -d installer
  1. 次のコマンドを実行して、必要な権限を割り当て、スクリプト フォルダーに移動します。
chmod -R 755 installer
cd installer

スクリプトのパラメーター

ヘルプ・セクションおよびサポートされるフラグを表示するには、次のコマンドを実行します。

./validateUiPathASReadiness.sh --help
ここをクリックして出力を表示
***************************************************************************************

validateUiPathASReadiness.sh Runs pre-install validation checks

Arguments:
 -i|--input                                             Specify cluster config json file
 -m|--machines                                          Comma separated IP address / hostnames of all the machines
 -n|--node-type                                         Possible values [server|agent|task-mining|gpu]. Defaults to server
 --install-type                                         Possible values [online|offline]. Defaults to online
 --install-standalone-aicenter                          Run checks for standalone aicenter service only
 --prereq-bundle </uipath/sf-infra.tar.gz>   Specify the path to the prereq bundle, only for offline installation
 --prereq-tmp-folder </uipath>                          Specify parent directory for the temporary install folder, only for offline installation
 -h|--help                                              Display help

***************************************************************************************

次の表で、スクリプトの実行時に使用できるパラメーターについて説明します。

ParameterDescription
-i|--inputAccepts the cluster_config.json file as input. This file defines the parameters, settings, and preferences applied to the UiPath services deployed via Automation Suite. For details, see Advanced Installation Experience.

If you do not provide this file, the script will trigger the interactive experience to collect these inputs. The file will then be generated on your behalf.
-m|--machinesAccepts comma-separated IP address / hostnames of all the machines. This is required to check the connectivity between all the nodes on the required port.

The parameter is mandatory for multi-node HA-ready production installations. In addition to that, the parameter is also required if you plan to add a Task Mining or GPU node in a single-node evaluation cluster.
-n|--node-typeAccepts the type of the current node. Possible values are: server, agent, task-mining, and gpu.
The default value is server.
--install-typeAccepts the installation method: online or offline.
The default value is online.
--install-standalone-aicenterThis is a Boolean flag. Pass it if you plan to install standalone AI Center.
--prereq-bundleAccepts the absolute path where the sf-infra.tar.gz is located.
--prereq-tmp-folderAccepts the absolute path where sf-infra.tar.gz bundle will be temporarily extracted. If this path is not provided, the installer will select the /tmp folder.

 

マルチノードの高可用性対応の運用設定を検証する

最初のサーバー マシンで行う操作

  1. 最初のサーバー マシンを検証するには、次のコマンドを実行します。

オンライン

./validateUiPathASReadiness.sh \
  --node-type server \ 
  --install-type online \ 
  --machines "10.0.1.8, 10.0.1.9" #replace with actual machine IPs of all the nodes in cluster

オフライン

./validateUiPathASReadiness.sh \
  --node-type server \ 
  --install-type offline \ 
  --prereq-bundle ../sf-infra.tar.gz \ 
  --prereq-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp \
  --machines "10.0.1.8, 10.0.1.9" #replace with actual machine IPs of all the nodes in cluster

このスクリプトを実行すると、/opt/UiPathAutomationSuite フォルダーに cluster_config.json ファイルが生成されます。このファイルは、その他すべてのマシンで必要です。

  1. 他のマシンに cluster_config.json ファイルをコピーするには、次のコマンドを実行します。
scp /opt/UiPathAutomationSuite/cluster_config.json <username>@<node dns>:/opt/UiPathAutomationSuite

📘

ヒント

権限エラーのためにファイルを /opt/UiPathAutomationSuite フォルダーにコピーできない場合は、ファイルを一時的に新しいマシンの /var/tmp にコピーしてから、/opt/UiPathAutomationSuite に移動できます。

または、新しいマシン上の /opt/UiPathAutomationSuite フォルダーに対して、フル アクセス許可 (777) を付与することもできます。それには、chmod -R 777 /opt/UiPathAutomationSuite コマンドを実行します。

その他のサーバー マシンで行う操作

その他のサーバー マシンを検証するには、次のコマンドを実行します。

オンライン

./validateUiPathASReadiness.sh \
  --input /opt/UiPathAutomationSuite/cluster_config.json \
  --node-type server \ 
  --install-type online \ 
  --machines "10.0.1.8, 10.0.1.9" #replace with actual machine IP of all the nodes in cluster

オフライン

./validateUiPathASReadiness.sh \
  --input /opt/UiPathAutomationSuite/cluster_config.json \
  --node-type server \ 
  --install-type offline \
  --prereq-bundle ../sf-infra.tar.gz \ 
  --prereq-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp \
  --machines "10.0.1.8, 10.0.1.9" #replace with actual machine IP of all the nodes in cluster

エージェント マシンで行う操作

エージェント マシンを検証するには、次のコマンドを実行します。

オンライン

./validateUiPathASReadiness.sh \
  --input /opt/UiPathAutomationSuite/cluster_config.json \
  --node-type agent \
  --install-type online \
  --machines "10.0.1.8, 10.0.1.9" # replace with actual machine IP of all the nodes in cluster

オフライン

./validateUiPathASReadiness.sh \
  --input /opt/UiPathAutomationSuite/cluster_config.json \
  --node-type agent \
  --install-type offline \ #replace with offline for airgap
  --prereq-bundle ../sf-infra.tar.gz \ 
  --prereq-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp \
  --machines "10.0.1.8, 10.0.1.9" # replace with actual machine IP of all the nodes in cluster

Task Mining マシンと GPU マシンで行う操作

Task Mining マシンと GPU マシンを検証するには、次のコマンドを実行します。

📘

注:

Task Mining ノードと GPU ノードでは、次のコマンドでそれぞれ --node-type task-mining--node-type gpu を使用します。

オンライン

./validateUiPathASReadiness.sh \
  --input /opt/UiPathAutomationSuite/cluster_config.json \
  --node-type task-mining \ #replace with GPU for GPU node
  --install-type online \
  --machines "10.0.1.8, 10.0.1.9" # replace with actual machine IP of all the nodes in cluster

オフライン

./validateUiPathASReadiness.sh \
  --input /opt/UiPathAutomationSuite/cluster_config.json \
  --node-type task-mining \ #replace with GPU for GPU node
  --install-type offline \ 
  --prereq-bundle ../sf-infra.tar.gz \ 
  --prereq-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp \
  --machines "10.0.1.8, 10.0.1.9" # replace with actual machine IP of all the nodes in cluster

3 か月前に更新


マルチノードの高可用性対応の運用設定の前提条件を検証する


Automation Suite をインストールする前に、専用のスクリプトを使用して、マルチノードの高可用性対応の運用環境が要件を満たしているかどうかを確認します。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。