Studio
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

SAP WebGUI の操作の自動化について

UiPath.UIAutomation.Activities バージョン 2023.4 より、SAP WebGUI の SAP 要素を識別および自動化する新しい方法が導入されました。これにより、インターフェイスの動的な性質に左右されることなく、安定して確実に要素を識別できます。

UiPath.UIAutomation.Activities パッケージの全範囲のアクティビティを SAP WebGUI の自動化に使用できます。SAP 固有の一部のコントロールに対しては、追加の延長サポートを提供します。詳しくは、「サポートされている SAP WebGUI 要素」のページをご覧ください。

SAP WebGUI 要素を識別する

SAP WebGUI は独自の SAP HTML フレームワークを使用して、要素をページに表示します。これらの要素に対して生成されるセレクターは、セレクターの sapweb- 属性によって簡単に認識できます。
一連の sapweb 属性を使用すると、SAP WinGUI 技術セレクターのように表示要素を安定して確実に識別できます。
SAP WebGUI 要素のセレクターには、他の Web UI 要素と同様に <webctrl> タグが含まれます。

サポートされているブラウザー

SAP WebGUI のオートメーションは以下の Web ブラウザー上で作成できます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.