Studio
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

プロジェクト依存関係一括更新

プロジェクト依存関係一括更新ツールは、複数のオートメーション プロジェクト内の依存関係パッケージとそれらのランタイム ルールを更新し、ローカルまたはソース管理リポジトリに格納するためのツールです。

注: プロジェクト依存関係一括更新ツールは、Studio v2018.4.4 以降で利用可能です。

このウィザードは、Studio の Backstage ビューとコマンド ラインからアクセスできます。Studio の Backstage ビューから起動するプロジェクト依存関係一括更新ツールでは、プロジェクトから依存関係を削除することはできません。

注: プロジェクト依存関係一括更新ツールを TFS で使用する際には、事前に更新しようとするプロジェクトが現在のユーザーの TFS から切断されていることを確認してください。

プロジェクト依存関係一括更新ツールを使用することにより、更新するそれぞれのパッケージ バージョンのライセンス条件に黙示的に同意したことになります。

プロジェクト依存関係一括更新ツールを使ってプロジェクトを変更する場合は、あらかじめ Studio でプロジェクトを保存して閉じておくことを推奨します。

プロジェクトを一括更新する

  1. [ホーム] (Studio の Backstage ビュー) > [ツール] > [アプリ] > [プロジェクト依存関係一括更新ツール] を選択します。[プロジェクト依存関係一括更新] ウィンドウが開きます。
  2. [フィードを選択] の手順には、Studio 内で設定されている既定のパッケージとカスタム パッケージのすべてが表示されます。必要なバージョンの依存関係を含むフィードの横にあるチェック ボックスをオンにします。
  3. [次へ] をクリックします。[依存関係を選択] の手順が表示されます。


  4. [パッケージを管理] ウィンドウと同様に、[依存関係を選択] タブの検索バーを使って特定バージョンの依存関係を探します。中間バージョンを表示するには、[プレリリースを含む] チェック ボックスをオンにします。
  5. [次へ] をクリックします。[リポジトリを取得] の手順が表示されます。


    • [All Dependencies] タブに、以前選択したフィードで使用可能なすべてのパッケージのリストが表示されます。
    • [Selected Dependencies] タブに、このプロジェクトで更新される予定の依存関係のリストが表示されます。
  6. [リポジトリを取得] の手順で、プロジェクトの場所を選択します。
    • ローカル - ローカル パスを入力するか、[参照] docs image をクリックして選択します。
    • Git - リポジトリ URL を入力します。[次へ] をクリックすると、ブランチを選択するよう求められます。認証が必要な場合は、資格情報の入力も求められます。
    • TFS - リポジトリ URL を入力するか、[参照] docs image をクリックしてサーバーに接続し、TFS プロジェクト間を参照します。
    • SVN - リポジトリ URL を入力します。パスワード保護されている SVN リポジトリでは、以前認証を受けたことがなければ、ユーザー名とパスワードでの認証を求められます。
  7. [次へ] をクリックします。[プロジェクトをフィルター] の手順が表示されます。


  8. [Filter Projects] タブで、プロジェクト名の横にあるチェックボックスをオンにして、1つ以上のプロジェクトを選択します。
  9. [次へ] をクリックします。[確定] の手順が表示されます。


  10. [確定] タブで、プロジェクトの依存関係に対する変更を説明するメッセージを記入します。このタブをスキップするには、[手順をスキップ] チェック ボックスをオンにします。
  11. [次へ] をクリックします。パブリッシュの手順が表示されます。


    注: [リポジトリを取得] タブで GITSVN または TFS に接続済みである場合にのみ、[確定] タブが開きます。
  12. [パブリッシュ] タブで、変更したプロジェクトのパブリッシュ先 (Orchestrator、カスタム フィード、またはローカル) を選択します。このステップをスキップするには、[手順をスキップ] チェック ボックスをオンにします。
  13. [確認] をクリックして、変更したプロジェクトを .nupkg ファイルとして公開します。[結果] タブが表示されます。


  14. [結果] の手順では、更新した依存関係の詳細と失敗したプロジェクトが表示されます。


[Added Dependencies] カテゴリには、パッケージの更新されたバージョンが表示されます。[Removed Dependencies] カテゴリには、以前インストールされていたバージョンが表示されます。

  • プロジェクトを一括更新する

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.