Studio
v2023.4
バナーの背景画像
Studio ガイド
最終更新日 2024年4月3日

テスト ケース

概要

Studio でのアプリケーション テストは、VB または C# で動作します。データ検証、CI/CD パイプラインとの統合など、シナリオごとに個別のオートメーション プロジェクトを作成できます。Studio でワークフローをデザインします。自動化されたアプリケーション テストを VB または C# で実行できます。

条件

  • テスト ケースデータ ドリブンなテスト ケースを使用して、アプリケーションのテストを実行します。
  • アクティビティは順番に従って整理されているため、線形実行するテスト ケースが複数含まれているテスト オートメーション プロジェクトには、複数のエントリ ポイントを設定できます。
  • 他の XAML ファイルを呼び出さないかぎり、ワークフローの実行はテスト ケースごとに行われます。
  • ワークフローはテスト ケースへの変換、他のプロジェクトからのインポート、または新規作成が可能です。

テスト ケースを作成する

既存のプロジェクトからワークフローを呼び出して、テスト ケースを作成することができます。

  1. Studio でワークフローを開きます。
  2. [プロジェクト] パネルでワークフローを右クリックして、[テスト ケースを作成] を選択します。



  3. (任意) 特定のアクティビティをモックできるワークフローのコピーを作成する場合は、テスト ケースを作成するときに [テスト用にモック ワークフローを作成] を選択します。使用したい既存のモック ファイルがある場合は、[モック] ドロップダウンから選択できます。詳細については、「モック テスト」をご覧ください。



  4. (任意) 過去にテンプレートを作成している場合は、ドロップダウン リストからテンプレートを選択します。詳しくは、「テスト ケース テンプレート」をご覧ください。
  5. (任意) [実行テンプレート] にテスト ケースを追加します。最初に実行テンプレートを作成しておく必要があります。詳しくは、「実行テンプレートを作成する」をご覧ください。
  6. テスト データを追加する場合は、[次へ] をクリックします。
  7. [作成] をクリックして、変更を確定します。

    テスト ケース XAML ファイルは、ワークフローを呼び出して、コンテナー GivenWhenThen で作成されます。ファイルは、When コンテナーに含まれる、[ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティ内で呼び出されます。


ワークフローからの引数は自動的にインポートされます。その他の引数を表示または追加するには、[ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティに含まれる [引数をインポート] ボタンをクリックします。

ヒント: 以下の操作についてもご覧ください。

テスト ケースをパブリッシュする

プロセスでもライブラリでも、プロジェクト内にテスト ケースがある場合は、プロジェクト全体をパブリッシュする ([パブリッシュ]) か、テスト ケースのみをパブリッシュする ([テスト ケースをパブリッシュ]) かを選択できます。テスト オートメーション プロジェクトを使用している場合は、Orchestrator にパブリッシュできるのはテスト ケースのみです。

Studio で作成したテスト ケースをパブリッシュするには、テスト ケースをパブリッシュ可能に設定する必要があります。既定では、テスト ケースとデータ ドリブンなテスト ケースの両方が下書きとして作成されるためです。すべての種類の Studio プロジェクト内でテスト ケースをパブリッシュするには、次の手順を実行します。
  1. ワークフローを右クリックして [「パブリッシュ可能」として設定] を選択すると、テスト ケースを Orchestrator にパブリッシュできます。


    xaml または cs アイコンが青に変わります。青は、テスト ケースをパブリッシュして nupkg ファイルにパッケージ化できる状態にあることを示しています。ワークフローの下書きに戻るには、ワークフローを右クリックし、[パブリッシュから除外] を選択します。
  2. プロジェクトをパブリッシュします。
    • テスト オートメーション プロジェクトの場合は、Studio の [デザイン] タブのリボンで [パブリッシュ] を選択します。
    • プロセスまたはライブラリ プロジェクトの場合は、Studio の [デザイン] タブのリボンで [テスト ケースをパブリッシュ] を選択します。
  3. パブリッシュするアクションの [パッケージのプロパティ][パブリッシュのオプション]、および [証明書の署名] を設定し、[パブリッシュ] をクリックしてテスト ケースを Orchestrator にパブリッシュします。
重要:

テスト ケースは、Orchestrator、Robot の既定、またはカスタム パスにパブリッシュできます。Orchestrator にパブリッシュする場合は、Robot または UiPath Assistant が Orchestrator に接続されていることを確認してください。

Test Manager 経由で自動化されたテストを実行する場合は、Orchestrator にパブリッシュする必要もあります。パッケージを Orchestrator テナント プロセス フィードにパブリッシュした後、テスト ケースを Test Manager にリンクしてください。パッケージを別のフォルダーにパブリッシュすると、実行エラーが発生する可能性があります。

ワークフローをテスト ケースに変換する

ワークフローをテスト ケースに変換するには、[プロジェクト] パネルでワークフローを右クリックして [テスト ケースに変換] を選択します。



結果: ワークフローはテスト ケースになり、ビヘイビア駆動開発 (BDD) テスト ケースのテンプレートに基づいて再生成されます。

テスト ケースをインポートする

ワークフローまたはテスト ケースを作成済みの場合は、プロジェクト ノードを右クリックし、[テスト ケースをインポート] を選択して、それらを現在のプロジェクトにインポートできます。インポートした XAML ファイルは、下書きのテスト ケースとしてプロジェクトに追加されます。


サービスをインポートする

データ コレクションを API テスト オートメーション ライブラリにインポートするのと同様に、新しいサービス ウィザードを使用して、そのようなコレクションをアプリケーション テスト プロセスにインポートできます。

注: この方法は、Studio のプロファイルで作成されたライブラリとテスト オートメーション プロジェクトでのみ使用できます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.