Studio
v2023.4
バナーの背景画像
Studio ガイド
最終更新日 2024年2月28日

デプロイのガイドライン

このページには、セキュリティとベスト プラクティスの観点から重要な可能性のある情報が含まれています。このページは、提供された新たな調査結果、情報、フィードバックに基づいて、継続的に更新されます。

カスタム パスでのインストール

インストールの詳細設定では、カスタム インストール パスを選択できます。このオプションは、ユーザーと組織が独自のルールに従ってパスを設定できるようにするためのものです。

システムの既定のパスの外部にあるカスタム パスは、潜在的なセキュリティ リスクになる可能性があるので注意してください。カスタム インストール パスが適切にセキュリティで保護され、権限のないユーザーはアクセスできないことを確認してください。システム フォルダーの外部 (WindowsProgram FilesUsers など) の場所は、オペレーティング システムによって同レベルで制御されているわけではないため、セキュリティ ポリシーとルールがすべてカスタム パスに適用されるとは限りません。

インストーラーによって提示された既定のインストール パスを使用することをお勧めします。そうでない場合は、信頼されたユーザーのみがカスタム インストール フォルダーに対する書き込み権限を持っていることを確認します (SYSTEM、Administrators グループに属するユーザーなど)。通常のユーザーは書き込み権限を持たず、取得することもできないようにしてください。

  • カスタム パスでのインストール

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.