Studio
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Studio ガイド
Last updated 2024年7月15日

ST-MRD-009 - 深く入れ子にされたアクティビティ

ルール ID: ST-MRD-009

範囲: ワークフロー

説明

このルールは、入れ子のアクティビティがワークフローに存在するかどうかを確認します。

推奨

一般的に、深く入れ子にされたアクティビティが多すぎるとワークフローが分かりにくくなるため、深い入れ子構造の使用を避けることをお勧めします。代わりに、ワークフローを小さなワークフローに分割して、[ワークフロー ファイルを呼び出し] アクティビティで個々のワークフローを呼び出すことを検討してください。

ルールの変更

[プロジェクト設定] ウィンドウで、[ワークフロー アナライザー] タブを選択します。以下の画像のように、ルールを見つけて選択します。



[しきい値] の既定値は 7 です。これは、ワークフロー アナライザーが少なくとも 7 つの入れ子のアクティビティを見つけると、メッセージが[エラー リスト] のログに記録されることを意味します。
しきい値を 3 に変更すると、ルールは、入れ子のアクティビティの数がしきい値 (この場合は 3) を超えた場合にのみ、エラー メッセージをログに記録します。

既定値にリセット

ST-MRD-009 の既定値は 7 です。

値を既定値に戻すには、[プロジェクト設定] ウィンドウのルールを右クリックして、[既定値にリセット] をクリックします。



  • 説明
  • 推奨
  • ルールの変更
  • 既定値にリセット

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.