Studio
v2023.4
バナーの背景画像
Studio ガイド
最終更新日 2024年5月13日

存在しないか無効なアクティビティ

Studio には、インポート処理中に問題 (パッケージが見つからない問題またはパッケージのバージョンが正しくない問題など) が発生すると、アクティビティが見つからないワークフローまたはアクティビティが無効なワークフローを表示する機能があります。

アクティビティが見つからないとされる状況またはアクティビティが無効とされる状況を以下に示します。

  • インストール済みのバージョンよりも、パッケージのバージョンが新しい。
  • プロジェクトの依存関係が無効である (ライブラリのバージョンが異なるために依存関係のバージョンが見つからない場合に発生する可能性があります)。
  • プロジェクトの依存関係が見つからない。

問題の根本原因を把握する方法として、ログ パネルの確認およびプロジェクトの依存関係ツリーの確認の 2 種類があります。

ログ パネルの確認

この解決方法では、目的のパッケージ バージョンとインストール済みバージョンが一致しているかどうかを検証します。

ワークフローに表示されるエラーを確認する最も簡単な方法は、Studio フレームワークの下部に表示される [出力] パネルを調べることです。

エラーはすべて赤い文字で表示され、それらを確認することでエラーに関連しているパッケージを容易に特定できます。

以下の GIF では、UiPath.Pdf.Activities パッケージに属するはずの [PDF のページ数を取得] アクティビティが見つからないことがわかります。



注: 依存関係の管理について詳しくは、こちらをご覧ください。

プロジェクトの依存関係ツリーの確認

表示されるエラーのもう一つの解決策は、プロジェクトの依存関係を検証することです。プロジェクトのルートを選択すると、プロジェクトに含まれるすべてのパッケージとそれらの依存関係を確認できます。

最初に、エラーで指摘されたパッケージがプロジェクトに含まれているかどうかを確認します。含まれている場合は、バージョンを確認し、必要に応じて更新します。

次の図では、依存関係の確認方法について説明しています。



依存関係が無効なことまたは見つからないこともあり得ます。

  • 無効な依存関係の問題は、[依存関係を修復] オプションで解決できます。
  • 依存関係が見つからない問題は、その依存関係を検索し、[パッケージを管理] オプションから直接インストールすることで解決できます。

    注: Studio のログに関する詳細は、こちらをご覧ください。

見つからないアクティビティまたは無効なアクティビティの修正

上記の手順のいずれかを適用して問題を特定した後、新しいパッケージまたは新しいバージョンのパッケージをインストールして問題を解決します。[依存関係を管理] オプションにアクセスし、目的のパッケージを検索するだけで必要な作業が完了します。

以下の GIF に例を示します。



Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.