アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Document Understanding アクティビティ
Last updated 2024年7月15日

ドキュメントを検証

UiPath.Abbyy.Activities.FlexiCapture.ValidateDocument

注: UiPath.Abbyy.Activities パッケージは非推奨となっており、現在はサポート対象外です。また、このパッケージは UiPath Studio の [パッケージを管理] のオフィシャル フィードのリストに含まれません。

詳しくは、「非推奨化のタイムライン」をご覧ください。

FCDocument 変数に格納されている処理済みのドキュメントにあるフィールドを、ABBYY SDK を使用して検証し、同じ形式で返します。実行時に FlexiCapture 検証ステーションが開き、信頼度が低いスコアを持つフィールドがすべて表示されます。このアクティビティは [Intelligent OCR スコープ] の内部でのみ使用できます。

プロパティ

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
入力
  • ドキュメント - 処理するドキュメントです。FCDocument 変数に格納されます。このフィールドでは、FCDocument 型の変数のみがサポートされています。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
出力
  • Result - 検証したドキュメントです。FCDocument 変数に格納されます。
  • プロパティ

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.