アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Document Understanding アクティビティ
Last updated 2024年7月15日

ドキュメントを処理

UiPath.Abbyy.Activities.FlexiCapture.ProcessDocument

注: UiPath.Abbyy.Activities パッケージは非推奨となっており、現在はサポート対象外です。また、このパッケージは UiPath Studio の [パッケージを管理] のオフィシャル フィードのリストに含まれません。

詳しくは、「非推奨化のタイムライン」をご覧ください。

FlexiCapture エンジンを使用してドキュメントを処理し、FCDocument 変数に変換します。その後、他のアクティビティでこの変数を使用できます。[FlexiCapture スコープ] アクティビティの内側でのみ使用できます。

プロパティ

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
入力
  • 定義ファイル - ドキュメントの処理に使用する FlexiCapture テンプレート ファイルへのパスのコレクション。ドキュメント定義ファイル .fcdot は、FlexiLayout .afl のインポート後に ABBYY の管理ステーションによって生成されます。このフィールドでは IEnumerable<String> 変数のみサポートされています。
    注: ドキュメントの処理に使用するテンプレート ファイルに「必須」とマークされたフィールドがなく、ABBYY FlexiCapture サーバーにこのドキュメントと一致するデータがない場合、分析により、-1 の [信頼度] 値が返されます。
  • ドキュメント - 処理して FCDocument 変数に変換するドキュメントへのパスです。このフィールドでは、文字列と String 型の変数のみがサポートされています。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
  • PDF のテキスト レイヤーのみを使用 - 選択すると、入力として使用されるすべての PDF ファイルに適用され、画像認識を適用せずにテキスト レイヤーを使用するかどうかを指定します。これによって、ネイティブ (スキャンされていない) PDF ファイルの品質が向上する場合があります。既定値は False です。これは一部のページや領域が、結果の品質を向上するために複数回スキャンされる可能性があることを意味します。
出力
  • Result - 処理したドキュメントです。FCDocument 変数に格納されます。
  • プロパティ

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.