アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Document Understanding アクティビティ
Last updated 2024年7月15日

抽出器トレーニング スコープ

UiPath.IntelligentOCR.Activities.Training.TrainExtractors

トレーニングの対象となる抽出器のアクティビティのスコープを提供します。このアクティビティの本体に、対象となるアクティビティを手動でドラッグ アンド ドロップする必要があります。

プロパティ

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
入力
  • ドキュメント オブジェクト モデル - ドキュメントの検証に使用するドキュメント オブジェクト モデルです。このモデルは Document 変数に格納され、[ドキュメントをデジタル化] アクティビティから取得できます。これを行う方法の詳細については、各アクティビティのドキュメントをご覧ください。このフィールドでは Document 変数のみをサポートします。
  • ドキュメント パス - 検証するドキュメントへのパスです。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。

    注: このプロパティ フィールドでサポートされているファイルは、.png.gif.jpe.jpg.jpeg.tiff.tif.bmp.pdfです。
  • ドキュメント テキスト - String 型変数に格納されたドキュメント自体のテキスト。この値は、[ドキュメントをデジタル化] アクティビティから取得できます。これを行う方法の詳細については、各アクティビティのドキュメントをご覧ください。このフィールドでは、文字列と String 型変数のみがサポートされています。
  • 人間が検証したデータ - 検証ステーションからの出力です。ExtractionResult 専用の変数に格納されます。
    注: DocumentObjectModel ファイルと HumanValidatedData ファイルが異なるソースから取得されると、実行時に例外がスローされます。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

抽出器を設定ウィザードを使用する

  1. [抽出器トレーニング スコープ] アクティビティをワークフローに追加します。
  2. [プロパティ] パネルで [ドキュメント オブジェクト モデル] フィールド、[ドキュメント パス] フィールド、[ドキュメント テキスト] フィールド、[人間が検証したデータ] フィールドにカスタム構成を追加します。
  3. 抽出器トレーナーのアクティビティ ([マシン ラーニング抽出器トレーナー] など) をドラッグします。または、クラスを実装し、抽出器トレーニング用のカスタム アクティビティを作成して、それを [抽出器トレーニング スコープ] アクティビティ内に配置します。

    • [抽出器を設定] ボタンをクリックして抽出器を構成します。
    • これで、ウィザードが表示されます。



  4. 有効にする抽出プログラムのチェック ボックスをオンにします。



  5. この機能をサポートする抽出器の [抽出器機能を取得または更新します。] ボタンをクリックして、タクソノミーのフィールドと利用可能な抽出器フィールドを簡単にマッピングし、抽出器フィールドが変更された場合には更新できます。



  6. 抽出結果に基づいて抽出器をトレーニングするには、[フレームワーク エイリアス] フィールドに任意の英数字の値を入力したうえで、1 つまたは複数のトレーナーの、対応する [フレームワーク エイリアス] フィールドに正確な値を設定して、抽出器と 1 つまたは複数のトレーナーとの間にリンクを作成します。
  7. すべての抽出器が選択されたら、[保存] ボタンをクリックします。
Document Understanding との連携

[抽出器トレーニング スコープ] アクティビティは、Document Understanding のソリューションに含まれます。詳細については、『Document Understanding ガイド』をご覧ください。

  • プロパティ
  • 抽出器を設定ウィザードを使用する

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.