アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Document Understanding アクティビティ
Last updated 2024年7月15日

Box クラス

名前空間: UiPath.DocumentProcessing.Contracts
アセンブリ: UiPath.DocumentProcessing.Contracts

説明

アセンブリ全体で、証明と位置参照に使用される四角形を表すパブリック クラス。 シリアル化すると、Box は、それぞれの Box オブジェクトの [上、左、幅、高さ] を表す 4 つの double 値の配列として格納されます。

メンバー

メソッド
  • CreateChecked(ダブル Topダブル leftダブル Widthダブル Height) - 引数として提供されるプロパティを使用して Box クラスのインスタンスを返す静的なメソッドです。 このメソッドは、指定されたすべての値が 0 より大きいことをチェックして、有効なオブジェクトが作成されていることを確認します。
  • CreateSize(double Widthdouble Height) - (0,0) 位置、および引数として提供される幅と高さを持つ Box クラスのインスタンスを作成する静的なメソッドです。
  • CreateUnchecked(ダブル Topダブル leftダブル Widthダブル Height) - 引数として提供されるプロパティを使用して Box クラスのインスタンスを返す静的なメソッドです。 このメソッドでは、引数に対してサニティ チェックは実行されません。
  • CreateUncheckedWithNoRounding(ダブル Topダブル Leftダブル Widthダブル Height) - 引数として提供されるプロパティを使用して Box クラスのインスタンスを返す静的なメソッドです。 このメソッドでは、引数に対してサニティ チェックや端数処理は実行されません。
  • Equals(オブジェクト Box) - 引数がボックスかどうかをチェックし、そのプロパティが等しいかどうかを確認します。 Boolean 値を返します。
  • Equals(Box Box) - オブジェクトが引数と等しいかどうかをチェックし、プロパティを使用します。
  • GetHashCode() - インスタンスのハッシュ コードを返します。
  • operator !=(Box、 Box) - 2 つのボックスのプロパティ値が異なる場合 True を返す静的なメソッドです。
  • operator ==(Box、 Box) - 2 つのボックスに等しいプロパティ値がある場合に True を返す静的なメソッドです。
プロパティ
  • ダブルArea - ボックスの領域です。
  • Bottom ダブル - ボックスの下部位置です。
  • Height double - ボックスの高さです。
  • HorizontalCenter ダブル - Left + Width / 2でのボックスの横方向の中央です。
  • IsEmpty Boolean - Box がプロパティ値と等しいかどうかを Box.Noneに指定します。
  • Left double - ボックスの左マージンです。
  • Right ダブル - ボックスの右マージンの位置です。
  • Top double - ボックスの上位置です。
  • VerticalCenter double - ボックスの縦方向の中央 ( Top + Height / 2)。
  • Width double - ボックスの幅です。
  • None - 上部、左、幅、高さが 0 の新しい Box インスタンスを返す静的な読み取り専用プロパティです。
  • 説明
  • メンバー

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.