アクティビティ
最新
ClassifierDocumentTypeCapability クラス 目次
ロゴ
Document Understanding アクティビティ
最終更新日 2023年11月22日

ClassifierDocumentTypeCapability クラス

名前空間: UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Classification

アセンブリ: UiPath.DocumentProcessing.Contracts

説明

ドキュメントの種類の機能を表すパブリック クラスです。ドキュメントの種類の情報を「分類器」系アクティビティに渡すために使用されます。

メモ: DocumentTypeId プロパティで表される値は、タクソノ ミー マネージャーで定義されたタクソノミーからの DocumentTypeId か、または [ ドキュメント分類スコープ] アクティビティの設定ウィザードで設定した文字列です (分類器アクティビティが独自の内部タクソノミー/ドキュメントの種類の定義を使用する場合)。このプロパティは計算され、実行時に [ドキュメント分類スコープ] アクティビティによって提供されます。

メンバー

コンストラクター

  • ClassifierDocumentType() - 保護されている既定のコンストラクターです。

プロパティ

  • DocumentTypeId (string) - ドキュメントの種類に対して生成される一意の ID です。
  • 説明
  • メンバー
ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.