アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Document Understanding アクティビティ
Last updated 2024年7月15日

マシン ラーニング抽出器トレーナー

UiPath.DocumentUnderstanding.ML.Activities.MachineLearningExtractorTrainer

検証ステーションで処理されたデータの集合を有効化して、Document Manager にインポートできるようにします。このアクティビティは、[抽出器トレーニング スコープ] アクティビティ内でのみ使用できます。

プロパティ

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
ローカル ストレージ
  • 出力フォルダー - 収集されたデータが保存されるディレクトリ。データが保存されたら、マシン ラーニング トレーニング ツールにインポートできます。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
パブリック データセット エンドポイントを入力
  • データセット API キー - データセットの認証キーです。
  • データセット エンドポイント - トレーニング データをアップロードできるデータセットのエンドポイントです。データセットを公開すると、エンドポイントを介し API キーを使用して UiPath® の環境外からアクセスできるようになります。接続していない AI Center インスタンスにデータセットをアップロードする場合に使用します (例: AI Center がクラウド上にあり、ロボットがオンプレミスのテナントに接続されているハイブリッド デプロイの場合)。
プロジェクトのプライベート データセットを選択
  • データセット - トレーニング データをアップロードできるデータセットです。AI Center が有効化されているテナントにロボットが接続されている場合、AI Center にあるすべてのデータセットがドロップダウン メニューに表示されます。ここから検証済みドキュメントのアップロード先フォルダーを選択します。
  • プロジェクト - トレーニング データをアップロードできるプロジェクトです。

    注: プロジェクトとデータセットの選択は、Orchestrator に接続されている場合にのみ有効化されます。パブリック/プライベート データセットの詳細については、こちらをご覧ください。
サーバー
  • エラー発生時にリトライ - 一時的なエラー発生時にリトライします。このフィールドでは Boolean 値 ([True]、[False]) のみサポートされています。既定値は [True] です。
  • タイムアウト (ミリ秒) - サーバーからの応答があるまで待機する時間をミリ秒で指定します。指定した時間が経過しても実行が完了しない場合には例外をスローします。既定値は 100000 ミリ秒 (100 秒) です。

マシン ラーニング抽出器トレーニング ウィザードを使用する

[マシン ラーニング抽出器トレーナー] は、選択したディレクトリ内で、人間からのフィードバックを収集します。データを収集した後に ML モデルを再トレーニングするには、ディレクトリのコンテンツを圧縮して、キュレーション用に Document Manager にアップロードするだけです。

使用方法

以下に、[マシン ラーニング抽出器トレーナー] アクティビティを使用する場合に実行する必要のある手順を示します。

  1. タクソノミー マネージャー ウィザードを使用して、ドキュメントの種類とフィールドを定義します。
  2. [マシン ラーニング抽出器トレーナー][抽出器トレーニング スコープ] アクティビティにドラッグします。
  3. 自動的に開く [マシン ラーニング抽出器] ウィザードで、エンドポイントの情報を追加します。こちらにある、いずれかのパブリック エンドポイントを選択できます。
  4. 入力した値をアクティビティ (より正確にはエンドポイント) の入力引数としても使用する場合は、[アクティビティの引数を更新] チェックボックスをオンにします。
  5. [機能を取得] ボタンをクリックします。この操作の後、ウィザードが閉じます。
  6. [出力フォルダー] の値を入力します。
  7. [抽出器トレーニング スコープ][抽出器を設定] オプションを選択します。ウィザードが表示されます。



  8. これで、[マシン ラーニング抽出器トレーナー] を設定できるようになりました。適用先ドキュメントの種類を展開し、該当するフィールドの横のチェックボックスをクリックして、トレーニングするフィールドの選択を開始します。
  9. テキストボックスに手動で入力するか、表示されるドロップダウン リストから各フィールドにマッピングする適切なデータを選択します。ドロップダウン リストには、[マシン ラーニング抽出器トレーナー] が、[マシン ラーニング抽出器] ウィザードで入力されたエンドポイントを使用し、抽出機能として宣言した、すべてのフィールドが含まれます。

    注: チェックボックスはチェックしてもテキストボックスは空のままにしておいた場合、テキストボックスにはローカルのタクソノミーの ドキュメントの種類の ID が自動的に入力されます。変更は、保存後に適用されます。抽出器の内部タクソノミーへのアクセス権がない場合に、フィールド ID に長い文字列を使用したくない場合は、値を手動で入力することをお勧めします。
  10. 抽出器の最新機能を使用しているかどうかを確認するには、[抽出器機能を取得または更新] をクリックして、[マシン ラーニング抽出器] ウィザードを開きます。
  11. ドロップダウン リストのオプションの 1 つを選択すると、そのフィールドが自動的に確認されます。



  12. 抽出結果に基づいて抽出器をトレーニングするには、抽出器として以前使用した [フレームワーク エイリアス] フィールドに、正確な英数字の値を設定します。
  13. すべてのフィールドを適切に設定したら、[保存] ボタンを選択します。

    重要: 2 つの異なるフィールドに対して同じオプションを選択することはできません。
Document Understanding との連携

[マシン ラーニング抽出器トレーナー] アクティビティは、Document Understanding のソリューションに含まれます。詳細については、『Document Understanding ガイド』をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.