アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Document Understanding アクティビティ
Last updated 2024年7月15日

リリース ノート

v1.26.0

公開日: 2024 年 4 月 29 日

このリリース ノートには、2023 年 11 月から 2024 年 3 月の間に行われたすべての更新内容が記載されています。

新機能と改善点

ExtractionResult クラスで新たに 2 つのメソッドを使用できるようになりました。これらの新機能を使用すると、検証者のコメントに簡単にアクセスできます。

v1.23.1

公開日: 2023 年 10 月 24 日

新機能と改良点

Page オブジェクトに新しいプロパティ Rotation を追加しました。

v1.21.1

公開日: 2023 年 5 月 2 日

バグ修正

抽出が最初のサブ ドキュメント以外で完了した場合に、[データ抽出スコープ] アクティビティがクラッシュする問題を修正しました。この問題は、分類器を使用してドキュメントの分割を実行し、[ドキュメント分類スコープ] から複数の分類結果が返される場合に発生していました。

v1.21.0

公開日: 2023 年 4 月 26 日

新機能と改良点

ResultsValue クラスに新しいプロパティ TextType を追加しました。このプロパティを使用すると、抽出値のテキストの発生元を指定できます。

私たちは新しいオーバー ロードを追加しました . SerializationSettings オブジェクトを受け入れるシリアル化メソッド。 パスカル規則またはキャメルケース規則を使用してシリアル化を行うかどうかを設定できるようになりました。 既定値はパスカル ケースです。 これは、 DocumentDocumentTaxonomyDocumentSplittingResultClassificationResult、 ExtractionResultのクラスに適用されます。

引き続き パスカル ケース で既存のすべてのメソッドを使用でき、後方互換性があります。

パスカル オブジェクトまたは キャメルケース シリアル化オブジェクトで逆シリアル化を使用できます。

UiPath.DocumentProcessing.Contracts パッケージに新しいクラスを追加しました。このパッケージには、Action Center で作成したアクションに関する情報が含まれています。

新しいヘルパー メソッド として IsTextTypeInDocument を追加しました。このメソッドは、[テキストの種類 ] パラメーターを 使用して、ドキュメント内のテキストの種類 (手書きまたはチェックボックス) の存在を検出するために使用できます。

バグ修正

[ テキストの種類] プロパティが [値 ] セクションと [トークン] セクションの両方に表示される問題 修正しました。 このプロパティは [ Values] セクションにのみ表示されるようになりました。

非推奨化のタイムライン

非推奨化および削除される機能に関する最新情報については、非推奨化のタイムラインを定期的に確認することをお勧めします。

v1.18.0

公開日: 2022 年 12 月 13 日

新機能と改良点

TextType 列挙型に、新しい分類フィールドとして Barcode (バーコード)、QRcode (QR コード)、Stamp (印鑑)、Logo (ロゴ)、Unknown (不明) を新しく追加しました。

Studio のユーザー インターフェイスが繁体字中国語で利用できるようになりました。

v1.17.1

公開日: 2022 年 10 月 24 日

新機能と改良点

データ抽出結果のクラスをリファクタリングし、ワークフロー内で使用できるようにしました。新しいテーブル構造とテーブル ヘルパー メソッドを実装しましたが、現時点では古い構造と新しい構造の両方を利用できます。新しい形式は検証ステーションやその他のコンポーネント (トレーナー、抽出器など) でサポートされており、将来的には結果オブジェクトのテーブル データにアクセスして操作を行う際の推奨方法となる予定です。

ドキュメント オブジェクト モデルのすべての単語を、テキスト手書き文字、またはチェックボックスのいずれかとして設定できるようになりました。

ResultsValue.Components プロパティ、パラメーターに「ResultsDataPoint[]」コンポーネントを持つ ResultsValue コンストラクター、ResultsValue.CreateTableValue メソッド、ExtractionResult.FlattenFields メソッドが、非推奨としてマークされるようになりました。

ProcessingSource の値に PdfAndOcr を追加しました。ネイティブ PDF 処理と OCR 処理の両方が適用された PDF ページを表します。

v1.14.0

公開日: 2022 年 5 月 9 日

新機能と改良点

UiPath.DocumentProcessing.Contracts パッケージを .NET5 のポータブル フレームワークにアップグレードしました。これにより、Linux ロボットで実行できるようになりました。

UiPath.DocumentProcessing.Contracts パッケージに含まれるクラスの一部を更新しました。更新されたファイルは、Simplifivalue (簡略化された値)、ResultsValue (結果の値)、Extraction Result (抽出結果) クラスです。

v1.11.0

公開日: 2021 年 10 月 1 日

新機能と改良点

ClassificationResult クラスに Serialize メソッドと Deserialize メソッドを追加しました。これらのメソッドは、分類出力をシリアル化および逆シリアル化する際に役立ちます。

ExtractionResult クラスに FlattenFields メソッドと GetFields メソッドを追加しました。これらのメソッドは、指定した条件に基づいてフィールドをフィルター処理する際に役立ちます。

UiPath.DocumentProcessing.Contracts パッケージをアップグレードしました。NET 5引き続き、新しい .NET バージョンの両方がサポートされますが、NET5 のプロジェクトは 64 ビット アーキテクチャでしか動作しません。

バグ修正

  • 検証ステーションで派生部分の値を読み取る際に、数値が予期しない書式に設定される問題を修正しました。

v1.10.1

公開日: 2021 年 3 月 26 日

改良点

ExtractionResult.AsDataSet(bool includeConfidence, bool includeOcrConfidence) メソッドを追加しました。このメソッドは、DataSetExtractionResult をエクスポートするのに使用できます。またその際には、任意で値の OCR 信頼度を含めることができます。

v4.11.0 未満の UiPath.IntelligentOCR.Activities に対応するようにしました。

バグ修正

  • API ドキュメントが見つからない問題を修正しました。

v1.9.1

公開日: 2020 年 11 月 10 日

バグ修正

  • DocumentProcessing.Contracts アセンブリがエクスポートしたパブリック型が XML シリアル化可能になりました。

v1.9.0

公開日: 2020 年 10 月 2 日

新機能と改良点

null (空) の値の抽出が許可されるようになりました。対象となるのは参照のないデータ抽出フィールド、参照のないドキュメント分類、検証ステーションの使用で作成された参照のない値です。

ExtractionResults にカスタム抽出器のペイロードのサポートを追加しました。

タクソノミーにフィールドレベルのメタデータのサポートを追加しました。

v1.6.1

公開日: 2020 年 5 月 4 日

新機能と改良点

パブリック クラスの Word に新しいプロパティ VisualLineNumber を追加しました。これは、単語がどの表示ライン上に配置されるかを示します。これは UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Dom の名前空間の下にあります。
Document クラスに GetVisualTextProjection という名前の拡張機能メソッドを新しく追加し、単語の視覚的な配置にアクセスできるようにしました。この名前空間は UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Dom 名前空間の下にあります。

v1.4.0

公開日: 2019 年 11 月 6 日

新機能と改良点

UiPath.DocumentProcessing.Contracts パッケージに、新しく [OperatorConfirmed (オペレーター確認済)] プロパティを追加しました。これは今回改良された検証ステーション ウィザードのサポート機能です。

v1.3.0

公開日: 2019 年 9 月 23 日

新機能と改良点

このリリースでは、UiPath.DocumentProcessing.Contracts パッケージの新機能をお届けします。

パブリック クラス Word における単語の水平ボックスに加えて、単語レベルのポリゴン (座標情報) もサポートされるようになりました。

v1.2.0

公開日: 2019 年 6 月 19 日

新機能と改良点

UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Training パッケージの新しいパブリック インターフェイスおよび抽象クラスが利用可能になりました。これにより、抽出器および分類器のアクティビティに対して、必要なインターフェイスまたは抽象クラスを使用できます。

v1.1.0

公開日: 2019 年 5 月 21 日

新機能と改良点

UiPath.DocumentProcessing.Contracts アセンブリでいくつかの新しい静的メソッドを使用できるようになりました。ResultsDerivedField[] コレクションを生成し、既存の結果から複数のフィールドを派生させて、ResultsValue() コンストラクターで使用できるようになりました。

v1.0.0

公開日: 2019 年 4 月 22 日

新機能と改良点

Document Processing Contracts パッケージの最初のリリースにより、独自のデータ抽出および分類器アクティビティを Intelligent OCR アクティビティに統合できるようになりました。このパッケージに含まれるコントラクトを参照し、独自の分類器と抽出器をワークフローに実装することで、独自のドキュメント処理アルゴリズムを UiPath のインフラストラクチャに簡単に統合できます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.