アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Document Understanding アクティビティ
Last updated 2024年7月15日

ResultsValueTokens クラス

名前空間: UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Results
アセンブリ: UiPath.DocumentProcessing.Contracts

説明

抽出または分類結果で報告される値の、単一ページ上の証拠に対するボックス レベルの参照を表すパブリック クラスです。

メンバー

コンストラクター
  • ResultsValueTokens(int pageIndexfloat pageWidthfloat pageHeightUiPath.DocumentProcessing.Contracts.Box boxes) - ResultsValueTokens クラスの新しいインスタンスを初期化します。ただし、ビジュアル参照のみが提供される (テキスト参照は不要) 場合があります。
  • ResultsValueTokens(int textStartIndexint textLengthint pageIndexfloat pageWidthfloat pageHeightUiPath.DocumentProcessing.Contracts.Box boxes) - 視覚的参照とテキスト参照の両方に対して、 ResultsvalueTokens クラスの新しいインスタンスを初期化します。
プロパティ
  • Boxes UiPath.DocumentProcessing.Contracts.Box - 指定されたページ内の証拠となるボックスのリストです。
  • Page int - エントリが適用される 0 ベースのページ番号です。
  • PageHeightfloat - 参照ページの高さです。
  • PageWidth float - 参照ページの幅です。
  • TextLength int - 現在のページ上の証拠の長さです。
  • TextStartIndex int - 現在のページ上での証拠の開始位置です。
  • 説明
  • メンバー

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.