アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Document Understanding アクティビティ
Last updated 2024年7月15日

Polygon クラス

名前空間: UiPath.DocumentProcessing.Contracts
アセンブリ: UiPath.DocumentProcessing.Contracts

説明

座標空間内で 2 次元領域を定義するパブリック クラスです。

メンバー

コンストラクター
  • Polygon(System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Drawing.PointF>) - パブリック コンストラクターです。 空間座標を幾何学的形状に割り当てます。 正確に 4 点が期待されています。時計回りの順序である必要があり、有効な (自己交差していない) ポリゴンを記述する必要があります。
メソッド
  • ToFloatArray(float) - ポリゴン ポイントの配列を浮動小数点の配列に変換します。
  • GetSchema() - このメソッドは予約されており、使用できません。 IXmlSerializable インターフェイスを実装する場合は、このメソッドから null (Visual Basic で Nothing in Visual Basic) を返す必要があります。代わりに、カスタム スキーマを指定する必要がある場合は、クラスに System.Xml.Serialization.XmlSchemaProviderAttribute を適用します。
  • ReadXml(**System.Xml.XmlReader**) - XML 表現からオブジェクトを生成します。
  • WriteXml(**System.Xml.XmlWriter**) - オブジェクトを XML 表現に変換します。
プロパティ
  • Points get- ポリゴン パスを説明するポイントの配列です。
  • 説明
  • メンバー

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.