Integration Service
最新
Oracle Eloqua 認証 - Automation Cloud 最新
バナーの背景画像
ロゴ
Integration Service ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月14日

Oracle Eloqua の認証

前提条件

Oracle Eloqua とのコネクションを作成するには、関連付けられたアカウントの以下の CX Marketing の資格情報が必要です。

  • 企業名
  • ユーザー名
  • パスワード

正確な値はウェルカム メールで確認できます。

Oracle Eloqua コネクションを追加する

お使いの Oracle Eloqua インスタンスへのコネクションを作成するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. Automation Cloud[Integration Service] を選択します。
  2. [コネクタ] のリストから [Oracle Eloqua] を選択します。

    検索バーで検索して、表示されるコネクタの数を絞ることもできます。

  3. [コネクションを追加] ボタンを選択します。

    注: 1 人のユーザーが 60 秒間の間に UiPath からのコネクションを複数作成することはできません。これは、Oracle Eloqua への OAuth 2.0 接続を作成する際の制限です。
  4. Oracle Eloqua のサインイン ページにリダイレクトされます。[Login] を選択します。



  5. 関連付けられたアカウントの CX Marketing の資格情報を入力し、[Sign in] を選択します。



  6. UiPath for Eloqua がユーザーに代わって Oracle Eloqua へのアクセス許可をリクエストしたことが通知されます。[Sign in] を選択します。



  7. [Accept] を選択します。



  8. コネクションが追加されました。

Oracle Eloqua に関する最新情報および詳細については、Oracle Eloqua のドキュメントをご覧ください。

限定公開アプリを作成して BYOA 認証を使用する場合は、以下の手順を実行します。

  1. 認証ページで歯車アイコンをクリックし、[Bring your own OAuth 2.0 app] を選択します

    docs image
  2. プライベート OAuth2 アプリのクライアント ID とクライアント シークレットを入力し、[接続] をクリックします。

    docs image

  3. 「Oracle Eloqua 接続を追加する」の前のチュートリアルの手順 4 から 7 に従います。

メモ: プライベート OAuth2 アプリを作成するには、Oracle Eloqua のドキュメントに記載されている手順に従います。 Oracle Eloqua Developer's Guide

スコープ/権限

コネクションを使用して、UiPath Studio で Oracle Eloqua アクティビティ を有効化することで、リスト、連絡先、セグメント管理のオートメーションを作成できます。 実現できるさまざまな権限ベースのユース ケースは次のとおりです。

スコープ/権限ユースケースアクティビティ/イベント
"full" であるか、指定されていない必要があります ユーザーとして、Oracle Eloqua App GUIで持っているのと同じすべてのリソース/オブジェクトへのアクセス権を持ちたいと考えています。 Oracle Eloqua アプリでのユーザーのアクセス権に依存します。 利用可能なすべてのアクティビティ/イベントについては、コネクタのドキュメントの「アクティビティ」セクションをご覧ください
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.