Integration Service
最新
バナーの背景画像
Integration Service ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月27日

プレビュー
Google Vision コネクタについて

Google Cloud Vision を使用すると、開発者はアプリケーションにビジョン検出機能 (画像のラベル付け、顔およびランドマーク検出、光学文字認識 (OCR)、不適切なコンテンツのタグ付けなど) を簡単に組み込むことができます。

UiPath for Google Cloud Vision コネクタは、画像の内容を理解できるよう、強力な機械学習モデルを使いやすい REST API にまとめています。画像を数千ものカテゴリ (「ヨット」「ライオン」「エッフェル塔」など) にすばやく分類し、画像に含まれる個々のオブジェクトや顔を検出し、画像内に印刷された文言を特定して読み取ります。

認証

プロセスの自動化を行う前に、Google Vision インスタンスとのコネクションを確立する必要があります。詳しい手順については、「Google Vision の認証」をご覧ください。

イベント

現在、Google Vision コネクタはイベントをサポートしていません。

アクティビティ パッケージ

コネクションを使用して、UiPath Studio で Google Vision アクティビティを有効化することで、Google Vision のデータを処理するオートメーションを作成できます。これにより、Google Vision のオブジェクトの作成、読み取り、更新、削除操作を実行できるようになります。

プロバイダーのドキュメント

Google Vision のコネクタは、REST API v1 に対応しています。詳細については、Cloud Vision API のドキュメント プラットフォームをご覧ください。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.