Integration Service
最新
バナーの背景画像
Integration Service ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月27日

Marketo の認証

前提条件

コネクションを作成するには、次の資格情報が必要です。

コネクションを作成するには、次の資格情報を指定する必要があります。

  • クライアント ID
  • クライアント シークレット
  • ベース URL

資格情報を取得する

クライアント ID とクライアント シークレット

クライアント ID とクライアント シークレットを生成するには、以下の手順に従います。

  1. Marketo の Web サイトにアクセスし、標準の資格情報を使用してログインします。
  2. ログインしたら、メイン インターフェイスの上部にある [Admin] を選択します。
  3. 左のメニューから [Integration] に移動し、[LaunchPoint] を選択します。


  4. [New] を選択してから [New Service] を選択します。



  5. [Display Name] を選択します。
  6. [Service] ドロップダウン メニューから [Custom] を選択します。
  7. [Description] に入力して、[API Only User] ドロップダウン メニューから任意のユーザーを選択します。
  8. [作成] を選択します。


  9. クライアント ID とクライアント シークレsットを表示するには、対応するサービスの [View Details] を選択します。
  10. [Client ID][Client Secret] が画面に表示されます。



ベース URL

ベース URL を取得するには、以下の手順に従います。

  1. Marketo の Web サイトにアクセスし、標準の資格情報を使用してログインします。
  2. ログインしたら、メイン インターフェイスの上部にある [Admin] を選択します。
  3. 左のメニューから [Integration] に移動し、[Web Services] を選択します。
  4. [REST API][Endpoint] の横にベース URL が表示されます。


Marketo コネクションを追加する

お使いの Marketo インスタンスへのコネクションを作成するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. Automation Cloud[Integration Service] を選択します。
  2. [ コネクタ] のリストから [ Marketo] を選択します。 検索バーで検索して、表示されるコネクタの数を絞ることもできます。

  3. [コネクションを追加] ボタンを選択します。
  4. 必要な資格情報を入力し、[ 接続] を選択します。



  5. コネクションが追加されました。

範囲と権限

コネクションを使用して、UiPath Studio で Marketo アクティビティを有効化することで、リスト管理、リード管理のオートメーションを作成できます。 実現できるさまざまな権限ベースのユース ケースは次のとおりです。

スコープ/権限ユースケースアクティビティ/イベント
読み取り/書き込みリードリードを作成するには、既存のリストにリードを追加/削除し、すべてのリード、リードの変更を取得します

リードを作成

リードをリストに追加

リストからリードを削除

リードの変更を取得

リードを更新

すべてのリードを獲得する

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.