Integration Service
最新
Gmail の認証 - Automation Cloud 最新
バナーの背景画像
ロゴ
Integration Service ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月14日

Gmail の認証

前提条件

選択した認証の種類に応じて、次のうちいずれかが必要です。

  • Google アカウントに関連付けられた Google のメール アドレスとパスワード
  • アプリケーションのクライアント ID とクライアント シークレット

お使いのアカウントが Google によって有効化されていない場合は、以下の手順を実行してください。

  • 管理者に問い合わせ、コネクションの作成の承認を依頼します。
  • コネクションの作成を許可するオプションをオンにすることで、権限を有効化します。

Gmail の詳細については、Gmail のドキュメント Web サイト をご覧ください。

権限

接続すると、ユーザーの代わりに UiPath 製品が Gmail のデータを操作できるようになります。これには、Gmail におけるユーザーの権限に応じて、データの読み取り、書き込み、変更、削除の操作が含まれます。Google アカウントへのアクセス権はいつでも削除できます。

コネクタは、次のスコープを要求します: openid, https://www.googleapis.com/auth/userinfo.email, https://www.googleapis.com/auth/userinfo.profile, https://mail.google.com/, https://www.googleapis.com/auth/calendar, https://www.googleapis.com/auth/gmail.settings.basic.

Gmail のコネクションを追加する

  1. Automation Cloud[Integration Service] を選択します。
  2. [コネクタ] のリストから [Gmail]
  3. [コネクションを追加] ボタンを選択します。
  4. これで、コネクションのページにリダイレクトされます。[OAuth 2.0 認可コード] または [独自の OAuth 2.0 アプリ (BYOA) を使用する] の 2 つの認証の種類から選択できます。
    • [OAuth 2.0 認可コード] を選択した場合は、[接続] をクリックして、Google のメール アドレスとパスワードを使用して認証します。
    • [独自の OAuth 2.0 アプリ (BYOA) を使用する] を選択した場合は、クライアント ID とクライアント シークレットを指定する必要があります。
  5. コネクションが追加されました。

OAuth アプリケーションの更新トークン

Google では、個々の OAuth 2.0 クライアント ID に対して更新トークンの制限を設けています。 制限に達した場合、新しい更新トークンを作成すると、警告なしに最も古い更新トークンが自動的に無効になります。 この制限は、サービス アカウントには適用されません (「サーバー間アプリケーションに OAuth 2.0 を使用する用」をご覧ください)。 詳細については、Google の公式ドキュメントをご覧ください。

トークンは以下の理由で無効になります。
  • アプリのアクセス権を取り消した
  • 更新トークンが 6 か月間使用されなかった。
  • パスワードを変更する必要があり、更新トークンに Gmail スコープが含まれている。
  • アカウントが、付与された (ライブ) 更新トークンの最大数を超えた。
    • 制限を超えた後に新しいトークンを要求すると、以前に付与されたトークンに基づき、古いコネクションは期限切れになります。 新しいコネクションまたは最新の編集/再認証されたコネクション (最新のトークンを使用) のみが機能します。
  • 管理者が、アプリケーションのスコープで要求されたサービスのいずれかを [制限付き] に設定しました (エラーは admin_policy_enforced です)。
  • Google Cloud Platform API の場合は、管理者が設定したセッション時間を超えている可能性があります。
注: 現在、OAuth 2.0 クライアント ID ごとに Google アカウントあたり更新トークンは 100 個までという制限が設定されています。 この数は変更される場合があります。 最新の情報については、常に Google のドキュメントをご確認ください。

全クライアントにわたって、ユーザー アカウントまたはサービス アカウントが持つことができる更新トークンの合計数の制限にはより大きい値が適用されます。通常のユーザーの場合はこの制限を超えることはありませんが、実装のテストに使用される開発者アカウントでは超える可能性があります。

この制限を超えないように、UiPath ではユーザーが独自の OAuth アプリケーションを作成し、認証の種類として独自のアプリを使用して接続できるようにしています。 OAuth アプリケーションを作成する際は、Google のベスト プラクティスに従ってください。 OAuth アプリケーションの作成方法の詳細については、Google の公式ドキュメントをご覧ください。

警告: トークンを無効にするとコネクションが失敗し、コネクションを修正しないとオートメーションを実行できません。
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.