Integration Service
最新
バナーの背景画像
Integration Service ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月27日

HubSpot CRM の認証

前提条件

HubSpot に接続するには、開発者アカウントが必要です。

ログインするには、次の資格情報が必要です。

  • Email address
  • パスワード

HubSpot CRM コネクションを追加する

お使いの Hubspot CRM インスタンスへのコネクションを作成するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. Automation Cloud[Integration Service] を選択します。
  2. [コネクタ] のリストから [HubSpot CRM] を選択します。

    検索バーで検索して、表示されるコネクタの数を絞ることもできます。

  3. [コネクションを追加] ボタンを選択します。
  4. HubSpot OAuth 2.0 サーバーにリダイレクトされます。メール アドレスとパスワードを入力し、[Log in] をクリックします。
  5. 入力したメール アドレスに複数の開発者アカウントが関連付けられている場合は、一つを選択するように求めるメッセージが表示されるので、[Choose account] をクリックします。

    注:
    接続時に、「This app hasn't been reviewed or approved by HubSpot. Make sure you trust this developer before connecting it to your account.」というメッセージが表示されます。

    現在、UiPath アプリは HubSpot による承認を得るためのレビューを受けています。アプリはレビュー中ですが、使用できます。承認後、警告メッセージは表示されなくなります。コネクタ側には変更はありません。

  6. UiPath for HubSpot CRM アプリは自動的に HubSpot アカウントへのアクセス権を要求してコネクションを作成します。
  7. コネクションが追加されました。

限定公開アプリを作成して BYOA 認証を使用する場合は、以下の手順を実行します。

  1. 認証ページで 歯車 アイコンをクリックし、[ Bring your own OAuth 2.0 app] を選択します。
    docs image

  2. プライベート OAuth2 アプリのクライアント ID とクライアント シークレットを入力し、[ 接続] をクリックします。
    docs image

  3. HubSpot CRM コネクションを追加する方法を説明するチュートリアルの手順 4 から 7 に従います。
    メモ: プライベート OAuth2 アプリを作成するには、Hubspot のドキュメントに記載されている手順に従います。 OAuth を使用する

スコープ/権限

コネクションを使用して、UiPath Studio 内で Hubspot CRM アクティビティ を使用して、リスト、連絡先、および会社管理のオートメーションを構築できます。 実現できるさまざまな権限ベースのユース ケースは次のとおりです。

スコープ/権限ユースケースアクティビティ/イベント
crm.objects.contacts.readユーザーとして、CRMの連絡先をHubspotマーケティングに同期し、マーケティングメールへの関与を維持したいと考えています。

連絡先を取得

連絡先→すべてのレコードのリストを取得

crm.objects.contacts.write

連絡先を作成

連絡先を更新

Create Association

crm.objects.companies.readユーザーとして、CRM会社をHubspotマーケティングに同期し、マーケティングメールへの関与を維持したいと考えています。

会社を取得 (Get Company)

会社のすべてのレコードのリストを取得→

crm.objects.companies.write

会社を作成

会社を更新

Create Association

電子商取引商品情報がないとCRMで見積もりを作成できないため、商品データをCRMにプッシュすることが重要です。 製品データは、ほとんどの場合、ERPからCRMに一方向にプッシュされます。 ユーザーとして、製品の価格と在庫情報も含むHubspotCRMに製品を同期したいと思います。

製品の作成

製品の更新

Get Product

レコード→行項目の挿入

レコード→明細項目を更新

すべてのレコードのリストを取得 → 製品

すべてのレコード→明細項目のリストを取得

レコード→明細項目を取得

files受注書やエンゲージメントレポートなど、顧客に関連するファイル/添付ファイルをアップロードします。

ファイルをアップロード

ファイルを更新

レコード→フォルダーの挿入

すべてのレコード→フォルダーのリストを取得

crm.objects.deals.writeCRMとマーケティング間の取引/機会の同期は、ユーザーがそれらの取引の進捗状況を追跡するのに役立ちます

レコード→取引を挿入

レコード→取引を更新

Create Association

crm.objects.deals.read

取引→すべてのレコードのリストを取得

Get Deal

crm.schemas.contacts.read

crm.schemas.companies.read

crm.schemas.deals.read

取引/連絡先/会社の単一またはすべてのカスタムプロパティを取得して、同じものに値を追加/更新します

すべてのレコード→プロパティのリストを取得

レコード → のプロパティを取得

crm.schemas.deals.write

crm.schemas.contacts.write

crm.schemas.companies.write

取引/連絡先/会社のカスタムプロパティの作成/更新

レコード→のプロパティを挿入

レコード →のプロパティを更新

crm.objects.owners.read取引/連絡先/会社/チケットに割り当てられているHubSpot所有者の情報を読み取る

所有者→すべてのレコードのリストを取得

所有者→レコードを取得

オートメーションHubspot でアクティブな自動化/ワークフローをすべて取得します。

ワークフロー→すべてのレコードのリストを取得

レコードを取得 → ワークフロー

ticketsHubSpotでチケットを取得、作成、または更新する

すべてのレコード→チケットのリストを取得

レコード→チケットを挿入

レコード→チケットを更新

レコード→チケットを取得

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.