Integration Service
最新
コネクションを作成するための前提条件 - Automation Cloud 最新
バナーの背景画像
ロゴ
Integration Service ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月14日

コネクションを作成するための前提条件

このページでは、Integration Service と Workday 間のコネクションを作成するための前提条件をすべて記載しています。

Integration System User (ISU) を作成する

  1. Workday ポータルで、Workday テナントにログインします。
  2. 検索フィールドに、「Create Integration System User」と入力します。
  3. 「Create Integration System User」タスクを選択します。
    docs image
  4. [Create Integration System User] ページの [Account Information] セクションで、ユーザー名を入力し、パスワードを入力して確認します。 [OK] をクリックします。
    docs image
    注: XML エンコードのため、パスワードには「&」、「<」、「>」 を含めることはできません。 [Require New Password at Next Sign In] がオフになっていることを確認します。 このユーザーをシステム ユーザーのリストに追加して、パスワードの有効期限が切れないようにします。

セキュリティ グループを作成してインテグレーション システム ユーザーを割り当てる

次に、作成した Integration System User を Security Group に追加します。
  1. 検索フィールドに、「Create Security Group」と入力します。
    docs image
  2. [Create Security Group] タスクを選択します。 [OK] をクリックします。
  3. [Create Security Group] ページで、[Type of Tenanted Security Group] ドロップダウン メニューから [Integration System Security Group (Unconstrained)] を選択します。
  4. [Name] フィールドに名前を入力して [OK] をクリックします。
    docs image
  5. ISU の作成プロセスで使用したのと同じ名前を [Edit Integration System Security Group (Unconstrained)] ページの [Name] フィールドに入力し、[OK] を選択します。
    docs image

ドメイン セキュリティ ポリシーのアクセス許可の設定

  1. [Search] フィールドに、「Maintain Permissions for Security Group」と入力します。
    docs image
  2. [Operation] が [Maintain] に設定されていて、[Source Security Group] が前の章で割り当てられたセキュリティ グループと一致していることを確認してください。
    docs image
  3. 必要に応じて [Domain Security Policy] を追加します。[Get Only] はデータの読み取りのみを意図しているのに対し、[Get and Put] はデータの読み取りと作成/更新を目的としていることに注意してください。これらの API のアクセス許可を設定するには、実装パートナーまたは管理者に問い合わせてください。
    docs image
    注: アクセス許可は実装によって異なる場合があるため、Workday の管理者または実装チームとともに設定する必要がある場合があります。

セキュリティ ポリシーの変更を有効化する

  1. 検索バーに「Activate Pending Security Policy Changes」と入力して、承認が必要なセキュリティ ポリシーの変更の概要を表示します。
    docs image
  2. 適切なコメントをポップアップ ウィンドウに追加します。
    docs image
  3. 変更内容を確認して適用します。
    docs image

認証ポリシーが十分に設定されていることを検証する

[Manage Authentication Policies] セクションで、作成した ISU が必要なドメインにアクセス可能なポリシーに追加されていることを確認します。ポリシーは、SAML が許可される認証の種類のみに制限されるべきではありません – そのように制限されている場合は、ユーザー名とパスワードが許可される認証の種類で新しい認証ポリシーを作成できます。では、この例に示されている設定を編集してみましょう。
docs image
  1. 環境が正確に設定されていることを確認します。この例では、[Implemetation] と [Sales] を使用します。次に、[Authentication Rule Name] を設定し、ルール内に [Security Group] を含めます。
    docs image
  2. [Allowed Authentication Types] が、[Specific] に設定され [User Name Password] オプションが選択されているか、[Any] に設定されていることを確認します。
    docs image

保留中の認証ポリシーの変更をすべてアクティブ化する

  1. 検索バーに、「Activate All Pending Authentication Policy Changes」と入力します。
    docs image
  2. コメントを追加して次の画面に進み、変更を確定します。これにより、作成した認証ポリシーが保存されます。
    docs image

Workday テナントの Web サービス エンドポイントを取得する

コネクションを正常に作成するには、固有の Workday Web サービス エンドポイントも必要です。このエンドポイントは、次の手順で見つけることができます。
  1. Workday の検索機能を使用して、「Public Web Service」を検索します。
    docs image
  2. [Public Web Service Report] を開きます。
  3. 任意の項目上にホバーして、表示されるメニューをクリックします。
  4. [Web Services] > [View WDSL] に移動します。ページの一番下までスクロールすると、ホストが見つかります。
  5. https://wd5-services.1.myworkday.comhttps://wd2-impl-services.workday.com. など、services を含むリンクを探します。
    docs image

Integration Service に資格情報を入力する

  1. [ホスト名] には、上記で取得した Web サービス エンドポイントを使用します。
    docs image
    3
  2. ユーザー名: 最初に作成したインテグレーション システム ユーザーの名前を入力します。
  3. [パスワード] に、最初に作成したインテグレーション システム ユーザーのパスワードを入力します。
  4. [テナント] に、Workday のテナント名を入力します。たとえば、https://wd5-services1.workday.com/uipath でサインインする場合は、「uipath」と入力します。すべての資格情報を入力すると、コネクションが作成されます。
[サポートとサービス] アイコン
サポートを受ける
UiPath アカデミーのアイコン
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath フォーラムのアイコン
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.