Integration Service
最新
バナーの背景画像
Integration Service ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月27日

Slack の認証

前提条件

コネクションを作成するには、以下の手順が必要です。

  • Slack ワークスペースのメンバーまたはゲストである

Slack のコネクションを追加する

お使いの Slack インスタンスへのコネクションを作成するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. Automation Cloud[Integration Service] を選択します。
  2. [コネクタ] のリストから [Slack] を選択します。

    検索バーで検索して、表示されるコネクタの数を絞ることもできます。

  3. [コネクションを追加] ボタンを選択します。
  4. ボット スコープおよび/またはユーザー スコープを要件/ユース ケースに従って確認または変更します。既定のスコープをそのまま使用して接続を作成できるため、この手順は任意です
  5. [接続] を選択します。



  6. Slack のサインイン ページにリダイレクトされます。ワークスペースの URL を入力して [Continue] を選択します。

  7. ワークスペースのメンバーである場合は、[Sign in with SSO] を選択します。ゲストの場合、[I have a guest account] を選択すると、メール アドレスとパスワードの入力を求められます。この例では、SSO でサインインします。

  8. [Allow] を選択します。お使いの Slack アカウントへのアクセス権があることにより、UiPath は以下を実行できます。

    • ユーザーに関するコンテンツや情報の表示
    • チャンネルや会話に関するコンテンツや情報の表示
    • ワークスペースに関するコンテンツや情報の表示
    • ユーザーとして操作を実行
    • チャンネルと会話内での操作を実行
    • ワークスペースで操作を実行



  9. コネクションが追加されました。

スコープ/権限

コネクションを使用して、UiPath Studio で Slack アクティビティ パッケージ を有効化することで、ユーザーとチャンネルの管理、メッセージの予約投稿など協働のために必要な作業のオートメーションを作成できます。以下に例を示します。 実現できるさまざまな権限ベースのユース ケースは次のとおりです。

スコープ/権限ユースケースアクティビティ/イベント
チャット:書き込み (ユーザー トークンとボット トークンの両方)
  1. ボットまたはユーザーとしてチャンネルにメッセージを送信する

  2. ボットまたはユーザーとしてチャンネル内のメッセージに返信を送信する

  3. チャネルでボタンがクリックされたときに、一時的なメッセージまたは me メッセージをユーザーに送信します

  1. チャンネルにメッセージを送信

  2. 返信を送信

チャット:書き込み:カスタマイズ (ボット トークンのみ)カスタマイズしたボット名とアイコンを使用して、チャンネルまたはユーザーにメッセージを送信する
  1. チャンネルにメッセージを送信

  2. ユーザーにメッセージを送信

チャット:書き込み:公開 (ボット トークンのみ)ボットがチャンネルメンバーではない場合でも、通知/お知らせをボットとしてパブリック チャンネルに送信する チャンネルにメッセージを送信
リンク:書き込み(ユーザートークンとボットトークンの両方)ボットまたはユーザーとして Jira チケットや GitHub の Issue などのリンクのプレビューとともにメッセージを送信する
  1. チャンネルにメッセージを送信

  2. ユーザーにメッセージを送信

チャンネル:書き込み[ちゃんねる:かい] (ユーザトークンのみ)
  1. ユーザーとしてのニーズ/トピック/目標に基づいて、さまざまなチームやユーザー向けのパブリックチャネルを作成する

  2. サポート チケットが閉じられるか再度開かれたときに、一時チャネル/会話をユーザーとして動的にアーカイブ、アーカイブ解除、または閉じる

  1. チャンネルを作成

  2. アーカイブチャンネル

  3. チャンネルのトピックを設定

チャンネル:管理(ボットトークンのみ)
  1. ボットとしてのニーズ/トピック/目標に基づいてさまざまなチームやユーザー向けのパブリックチャネルを作成する

  2. サポート チケットが閉じられるか再度開かれたときに、一時チャネル/会話をユーザーとして動的にアーカイブ、アーカイブ解除、または閉じる

  1. チャンネルを作成

  2. アーカイブチャンネル

  3. チャンネルのトピックを設定

チャンネル:参加[ちゃんねる:じゅんと] (ボットトークンのみ)最初にチャンネルに参加して、メディア ファイルを Slack メッセージとしてボットとしてチャンネルにアップロードする チャンネルに参加
グループ:書き込み(ユーザートークンとボットトークンの両方)ボットまたはユーザーとして、ニーズ/トピック/目標に基づいてさまざまなチームやユーザー向けのプライベート チャンネルを作成する チャンネルを作成
im:write (ユーザー トークンとボット トークンの両方)ボットまたはユーザーとして個別のメッセージ (IM) を送信するユーザーにメッセージを送信
mpim:書き込み (ユーザー トークンとボット トークンの両方)
  1. ボットまたはユーザーとして MPIM グループにメッセージを送信する

  2. ボットまたはユーザーとして MPIM グループ内のメッセージに返信を送信する

  3. ボットまたはユーザーとしてメッセージを送信するために複数のユーザーを追加して、MPIM 会話を開きます。

  1. チャンネルにメッセージを送信

  2. 返信を送信

チャンネル:読み取り (ユーザー トークンとボット トークンの両方)
  1. メッセージを送信したり、ボットまたはユーザーとしてユーザーを管理したりするために、接続されたワークスペースのパブリック チャンネルのリストを取得する

  2. メッセージを送信したり、ユーザーを管理したりするために、ボットまたはユーザーとしてパブリック チャンネルの情報を読み取る

  1. チャンネルにメッセージを送信

  2. ユーザーにメッセージを送信

  3. チャンネルにファイルを送信

  4. 返信を送信

  5. チャンネルにユーザーを招待

  6. チャンネルからユーザーを削除

  7. すべてのチャンネルのリストを取得

  8. チャンネル情報の取得

  9. すべてのチャネル メンバーのリストを取得

グループ:読み取り (ユーザー トークンとボット トークンの両方)
  1. メッセージを送信したり、ボットまたはユーザーとしてユーザーを管理したりするために、接続されたワークスペースのプライベート チャンネルのリストを取得する

  2. メッセージを送信したり、ユーザーを管理したりするために、ボットまたはユーザーとしてプライベート チャンネルの情報を読み取る

  1. チャンネルにメッセージを送信

  2. ユーザーにメッセージを送信

  3. チャンネルにファイルを送信

  4. 返信を送信

  5. チャンネルにユーザーを招待

  6. チャンネルからユーザーを削除

  7. すべてのチャンネルのリストを取得

  8. チャンネル情報の取得

  9. すべてのチャネル メンバーのリストを取得

im:read (ユーザー トークンとボット トークンの両方)
  1. ボットまたはユーザーとしてメッセージを送信するために、接続されたワークスペースの IM 会話のリストを取得する

  2. ユーザーが参加している IM 会話の一覧を取得する。

  1. すべてのチャンネルのリストを取得

  2. チャンネル情報の取得

mpim:読み取り (ユーザー トークンとボット トークンの両方)
  1. ボットまたはユーザーとしてメッセージを送信するために、接続されたワークスペースの MPIM グループのリストを取得する

  2. ユーザーが参加している MPIM 会話の一覧を取得する。

  1. すべてのチャンネルのリストを取得

  2. チャンネル情報の取得

ファイル:読み取り(ボットトークンのみ)ボットまたはユーザーとして Slack メッセージ経由で、パブリック URL などのファイル情報を取得したり、四半期の業績などの重要なファイルをダウンロードしたりする ファイル情報を取得
ファイル:書き込み(ユーザートークンとボットトークンの両方)

重要な更新についてユーザー グループのすべてのユーザーに通知する。たとえば、ボットまたはユーザーとして、営業/マーケティング チーム グループ全体に四半期の販売実績を通知する

ボットまたはユーザーとしてチャンネルにメディア ファイルを Slack メッセージとしてアップロードする

チャンネルにファイルを送信
ユーザグループ:読み取り(ユーザトークンのみ)ボットまたはユーザーとしてユーザーを更新または追加するために、ユーザー グループ内のユーザーのリストを取得します。 すべてのユーザーグループをリスト表示
ユーザグループ:書き込み(ユーザトークンのみ)
  1. ボットまたはユーザーとして複数のチャンネルのユーザー グループを作成する

  2. 新しいユーザーがチャンネルに追加されるたびに、ボットまたはユーザーとして既存のユーザー グループにユーザーを追加する

  3. 一時チャネルがアーカイブ/アーカイブ解除されるたびに、一時チャネルのユーザーグループを動的に有効または無効にします。

  1. ユーザー グループを作成

  2. ユーザー グループにユーザーを追加

ユーザー:読み取り (ユーザー トークンとボット トークンの両方)メッセージを送信するために、接続されたワークスペースのユーザーのリストをボットまたはユーザーとして取得する
  1. すべてのユーザーのリストを取得

  2. チャンネルにユーザーを招待

  3. チャンネルからユーザーを削除

  4. ユーザーにメッセージを送信

users:read.email (ユーザー トークンとボット トークンの両方)通知を送信するために、ボットまたはユーザーとしてユーザー情報 (名前やメールなど) を読み取る メール アドレスからユーザーを取得
  • 前提条件
  • Slack のコネクションを追加する
  • スコープ/権限

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.