通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

設定手順

このページの手順を実行すれば、VMware Horizon によって仮想化されたアプリケーションおよびデスクトップ用のネイティブ セレクターを作成し、[UIAutomation] アクティビティとレコーディング ウィザードを使用してオートメーション プロジェクトを作成できます。

インストールの前提条件

  • UiPath VMware Horizon 拡張機能をインストールするクライアント マシンに、v2019.12 以降の Studio がインストールされていること。
  • クライアント マシンに、VMware Horizon Client 3.4 以降がインストールされていること。
  • VMware Horizon デスクトップのサーバーに VMware Horizon Agent 7.0.0 以降がインストールされていること。
  • VMware Horizon アプリのサーバーに VMware Horizon Agent 7.1.0 以降がインストールされていること。

📘

注:

以下の種類の VMware Horizon クライアントには対応していません
VMware Horizon Client for Windows 10 UWP
VMware Horizon HTML Access Web Client

クライアントのセットアップ

  1. Studio で、Studio の Backstage ビューから [ツール] ページに進みます。使用可能な拡張機能が表示されています。
  2. [VMware Horizon] ボタンをクリックし、VMware Horizon アプリケーションを自動化するためのランタイム プラグインをインストールします。確認ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. [OK] をクリックします。拡張機能がインストールされます。

サーバーのセットアップ

  1. UiPathRemoteRuntime.msi インストーラーをダウンロードします。インストーラーはこちらからリクエストできます。UiPath リモート ランタイム のダウンロード リンクがメールで通知されます。
  2. 自動化する VMware サーバーに UiPathRemoteRuntime.msi をインストールします。

More details about the UiPath Remote Runtime can be found here.

インストールが終了したら、サーバー側に進んでもかまいません。

📘

重要:

UiPath リモート ランタイムと UiPath VMware Horizon 拡張機能のインストールが完了したら、変更を反映するためにアクティブな VMware Horizon 接続を再起動する必要があります。

プロジェクトの依存関係の更新

VMware テクノロジーのネイティブ セレクターは、プロジェクトの依存関係として UiPath.UIAutomation.Activities パッケージ v19.12 以降を追加した場合にのみ有効化されます。

  1. Studio で、Package Manager を開きます。
  2. [プロジェクト依存関係] ペインで、UiPath.UIAutomation.Activities パッケージを選択します。
  3. 選択したパッケージのバージョンが v19.12 以降であることを確認します。そうでない場合は、ドロップダウンからそのパッケージを選択して [更新] ボタンをクリックします。
  4. [保存] ボタンをクリックして、依存関係を更新します。

おめでとうございます、VMware テクノロジーのネイティブ セレクターを生成できるようになりました!

1 年前に更新

設定手順


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。