通知を受け取る

UiPath Process Mining

UiPath Process Mining ガイド

コネクタとアプリのフレームワーク

コネクタとアプリのフレームワーク v0.8.1

公開日: 2022 年 4 月 6 日

コネクタとアプリのフレームワーク v0.8.1 では、以下の内容が更新または追加されています。

成果物

  • The directory structure of a connector should also include a third-party_licenses.txt file.
  • settings.json の内容は、コネクタの作成に使用されたフレームワーク バージョンのみを含むよう更新されます。

変換

  • When the connector has optional input fields, the optional macro from the pm-utils package should be used.
  • コネクタの一部に seed ファイルが含まれる場合、そのフィールドの型キャストは入力モデルで処理する必要があります。

ドキュメント

  • コネクターのドキュメントは 2 つのファイルに分割する必要があります。システム固有のドキュメントを記述するファイルと、プロセス固有のドキュメントを記述するファイルです。テンプレート ファイルは devkit-connector から取得できます。

スクリプト

  • A load script is available to trigger cache generation for .mvp dashboards.

コネクタとアプリのフレームワーク v0.8

公開日: 2022 年 2 月 28 日

全般

コネクタとアプリのフレームワークの v0.8 では、内容とガイドラインをより分かりやすく書き直しました。また、以下に示すコンテンツを更新・追加しました。

抽出

  • 抽出時のデータのフィルター処理に関するガイドラインを更新しました。
  • CData 以外の抽出器を使用する場合でも、抽出器を自動実行できるはずです。

変換

  • 開発者向けガイドのフォルダー構造を更新しました。
    • ★削除★ output group is removed and the content of this group is moved to other groups.
  • フォルダーとテーブルの名前の命名規則の定義を追加しました。
  • 変換時のデータのフィルター処理に関するガイドラインを更新しました。
  • The dbt seeds functionality should be used for settings that require a mapping.

ドキュメント

  • TemplateOne コネクタのドキュメントには、TemplateOne への提供データに基づいて計算される、KPI に関するセクションが含まれている必要があります。
  • ドキュメント テンプレート内の一部のセクションの名前と順序を更新しました。

スクリプト

  • 標準スクリプトの設定を更新し、開発環境と運用環境を別々に設定できるようにしました。
    • ★削除★ scripts folder contains a configuration file to set the required parameters to run the scripts.
    • For configurations that need to be set up once, environment variables need to be set. See Setting up a development environment.

テスト

  • いくつかの変換ステップで単体テストの実施が期待されています。

6 か月前に更新

コネクタとアプリのフレームワーク


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。