通知を受け取る

UiPath Process Mining

UiPath Process Mining ガイド

TemplateOne 1.0.0 の入力テーブル

このページでは、TemplateOne 1.0.0 の入力データ フィールドについて説明します。

はじめに

TemplateOne 1.0.0 用のカスタム SQL コネクタを作成する場合、コネクタの出力データが TemplateOne 1.0.0 に必要な入力形式を満たしていることを確認する必要があります。

このページでは、TemplateOne の各入力テーブルの属性の概要を説明します。属性ごとに名前とデータ型が表示されます。それとは別に、属性が必須かどうかが示されます。

必須およびオプションの属性

入力データ ファイルには、さまざまな属性や属性名を含めることができます。ただし、TemplateOne を使用するために必須の属性がいくつかあります。つまり TemplateOne が正しく動作するには、必須のデータが入力データのファイルで利用可能な状態である必要があります。必須の属性には以下のようなものがあります。

  • アクティビティ
  • Case ID
  • イベント終了

このデータは、それ以外の場合は入力ファイルで使用できます。たとえば、Event_end は、イベント終了データを含む date 属性と time 属性を組み合わせて計算できます。

オプションの属性は、TemplateOne のより詳細なビューを取得するために使用できます。

TemplateOne[イベント ログ] テーブルでは、属性は必須の属性とオプションの属性に分類されています。

テーブル

以下は、TemplateOne データ モデルのテーブルの概要です。

TableMandatory Y/N
Cases_baseY
Event_log_baseY
TagsN
Due_datesN

Cases_base

以下は、Cases-Base テーブルの属性の概要です。

NameData typeMandatory Y/NDescription
Case_IDTextYThe unique identifier of the case.
CaseTextNA user-friendly name to identify the case.
Case_typeTextNThe categorization of the cases.
Case_statusTextNThe status of the case in the process. For example, ‘open’, ‘closed’, ‘pending’, ‘approved’, etc.
Case_valueDoubleNA monetary value related to the case.

Event_log_base

以下は、Event_log_base テーブルの属性の概要です。

NameData typeMandatory Y/NDescription
Case_IDTextYThe unique identifier of the case the event belongs to.
ActivityTextYThe name of the event. This describes the step in the process.
Event_endDate + timeYThe timestamp associated with the end of executing the event.
Event_IDIntegerYA unique identifier of the event.
Event_startDate + timeNThe timestamp associated with the start of executing the event.
Activity_orderIntegerNIf activities take place on the same time (in parallel), you can define their order here.
TeamTextNThe team that executed the event.
UserTextNThe user who executed the event.
AutomatedBooleanNIndicates whether the event is manually executed or automated.
Event_detailTextNInformation related to the event.
Event_costDoubleN *The costs for executing the event.
Event_processing_timeIntegerN *The amount of time actually spent working for the event given in milliseconds.

* [効率性] - [自動化] ダッシュボードを使用する場合、Event costEvent processing time の属性は必須です。
Also if you want to set up integration with Automation Hub to enable business users to submit automation ideas, Event cost and Event processing time are mandatory.

タグ

📘

Tags テーブルには、 Case IDTag の組み合わせごとに一意のエントリが含まれている必要があります。

以下は、Tags テーブルの属性の概要です。

NameTypeMandatory Y/NDescription
Case_IDTextN*A unique identifier of the case.
Tag_IDIntegerN*A unique identifier of the tag.
TagTextN*A user-friendly name to identify the tag.

* [コンプライアンス] - [タグ] ダッシュボードを使用して分析できるタグを TemplateOne で使用する場合は、Tags テーブルの属性を TemplateOne に読み込む必要があります。この場合、その属性は必須になります。

Due_dates

📘

Due dates テーブルには、Event_ID Due_date の組み合わせごとに一意のエントリが含まれている必要があります。

以下は、Due_dates テーブルの属性の概要です。

NameTypeMandatory Y/NDescription
Due_dateTextN*The name of the due date.
Actual_dateDate + TimeN*The timestamp associated with the execution of an event.
Expected_dateDate + TimeN*The timestamp associated with the expected execution of an event.
Event_IDIntegerN*A unique identifier of the event.
Days_lateIntegerNThe number of days late for the case.

* [コンプライアンス] - [期限日] ダッシュボードを使用して分析できる期限日を TemplateOne で使用する場合は、Due dates テーブルの属性を TemplateOne に読み込む必要があります。この場合、その属性は必須になります。

See also Steps to roll-out TemplateOne.

属性タイプ

以下に、さまざまな属性タイプと既定の書式設定の概要を示します。

Attribute typeSpecification
BooleanN/A
DateFormat: YYYY-M-D
DateTimeDate format: YYYY-M-D
Time format: h:mm:ss[[.zzz]]
DoubleDecimal separator: . (dot)
Thousand separator: none
IntegerThousand separator: none
TextN/A

3 か月前に更新

TemplateOne 1.0.0 の入力テーブル


このページでは、TemplateOne 1.0.0 の入力データ フィールドについて説明します。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。