アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

カレンダー/予定表の招待を送信

UiPath.Mail.Activities.Business.SendCalendarInviteX

カレンダー/予定表の招待を作成し送信します。このアクティビティは、[Outlook 365 を使用][Gmail を使用]、または [デスクトップ版 Outlook アプリを使用] アクティビティ内に追加する必要があります。

アクティビティの構成

アクティビティの本体
  • アカウント - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックして、ドロップダウン メニューから、オートメーションに追加する Outlook 365、Gmail、またはデスクトップ版 Outlook アカウントを選択します。
    注: IMAP アカウントで Microsoft Outlook 2010 を使用している場合、カレンダー/予定表の招待は既定のメール アカウントからのみ送信できます。
  • タイトル/件名 - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックして、メニューから招待のタイトルを追加します。
    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたはメール アカウントからのデータです。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存したデータを使用します。
    • テキスト - テキスト ビルダーでタイトルを入力します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時にタイトルの入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 必須出席者 - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックし、メニューのオプションの 1 つを使用して、必須出席者を選択します。
    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたはメール アカウントからのデータです。たとえば、プロジェクトの実行時に、セミコロン (;) で区切られた複数のメール アドレスが含まれる Excel ファイルのセルを選択して複数の受信者を追加したり、デスクトップ版 Outlook アプリを自動化する場合は、Outlook で選択されているメールの [宛先] フィールドのメール アドレスを使用したりできます。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存した、メール アドレスのリスト形式のデータを使用します。
    • テキスト - テキスト ビルダーでセミコロン (;) で区切られた 1 つ以上のメール アドレスを入力します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に受信者の入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 任意出席者 - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックし、メニューのオプションの 1 つを使用して、任意出席者を選択します。
    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたはメール アカウントからのデータです。たとえば、プロジェクトの実行時に、セミコロン (;) で区切られた複数のメール アドレスが含まれる Excel ファイルのセルを選択して複数の受信者を追加したり、デスクトップ版 Outlook アプリを自動化する場合は、Outlook で選択されているメールの [Cc] フィールドのメール アドレスを使用したりできます。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存した、メール アドレスのリスト形式のデータを使用します。
    • テキスト - テキスト ビルダーでセミコロン (;) で区切られた 1 つ以上のメール アドレスを入力します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に受信者の入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 開始日 - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックし、[日付/時刻を選択] を選択して日付を選択します。または、メニューのその他のオプションの 1 つを使用して、日付を指定します。
    • プロジェクト ノートブックまたは親の Excel ファイルからのデータ。たとえば、日付が含まれるセルを選択します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時にタイトルの入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 開始時刻 - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックし、[日付/時刻を選択] を選択して開始時刻を選択します。または、メニューのその他のオプションの 1 つを使用して、開始時刻を指定します。
    • プロジェクト ノートブックまたは親の Excel ファイルからのデータ。たとえば、時刻が含まれるセルを選択します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に開始時刻の入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 期間 - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックし、[期間を選択] を選択して期間を選択します。または、メニューのその他のオプションの 1 つを使用して、期間を指定します。
    • プロジェクト ノートブックまたは親の Excel ファイルからのデータ。たとえば、期間が含まれるセルを選択します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に時間の入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
      注: Excel ファイルの値は、正確に HH:MM:SS の形式である必要があり、セルの書式設定は text に設定する必要があります。(例: 01:30:00)。
  • 終日イベント - 選択すると、会議が終日イベントとしてマークされます。この設定は、時刻および期間の設定を置き換えます。
  • 場所 - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックし、メニューのオプションの 1 つを選択して会議が開催される部屋の名前を指定します。
    • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたはメール アカウントからのデータです。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存したデータを使用します。
    • テキスト - テキスト ビルダーで会議室の名前を入力します。
    • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に会議室の名前の入力を求めます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 説明 - プレーン テキストの本文を追加するか、Word 文書を選択して招待の本文にファイルを追加できます。
    • [テキスト] を選択した場合は、フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックし、メニューのオプションの 1 つを使用して、招待本文のためのテキストを追加します。
      • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたはメール アカウントからのデータです。
      • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存したデータを使用します。
      • テキスト - テキスト ビルダーで本文のテキストを入力します。
      • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時に本文テキストの入力を求めます。
      • クリップボードから貼り付け - プロジェクトのクリップボードに以前にコピーした値を貼り付けます。
      • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
    • [Word 文書を使用] を選択した場合は、本文に追加する、表、画像、およびテキストの書式設定を含む Word 文書を指定します。招待本文は HTML に書式設定されます。フィールドの横にある [参照] docs image アイコンをクリックし、Word ファイルを参照して選択します。または、フィールドの右側にあるプラス記号 docs image メニューをクリックすると開くメニューからオプションを選択して、Word ファイルのパスを指定できます。
      • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたはメール アカウントからのデータです。たとえば、パスを含む Excel ファイルのセルを選択します。
      • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存したファイル パス形式のデータを使用します。
      • テキスト - テキスト ビルダーでパスを入力します。
      • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時にパスの入力を求めます。
      • クリップボードから貼り付け - プロジェクトのクリップボードに以前にコピーした値を貼り付けます。
      • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
    • 添付ファイル - 個々のファイルを添付するには [ファイル]、フォルダー内のすべてのファイルを添付するには [フォルダー] を選択します。 ファイルまたはフォルダーを選択するには、フィールドの横にある [参照] docs image アイコンをクリックし、ファイルまたはフォルダーを参照して選択します。または、フィールドの右側にあるプラス docs image メニューから次のいずれかのオプションを選択して、ファイルまたはフォルダーのパスを指定できます。
      • プロジェクト ノートブック、親の Excel ファイルまたはメール アカウントからのデータです。たとえば、パスを含む Excel ファイルのセルを選択します。
      • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存したパス形式のデータを使用します。
      • テキスト - テキスト ビルダーでパスを入力します。テキストに Excel ファイルのセルの数式を結合できます。たとえば、プロジェクト ノートブックの数式を使用して、ファイル名に日付を追加できます。
      • 実行時に確認 - プロジェクトの実行時にパスの入力を求めます。
      • クリップボードから貼り付け - プロジェクトのクリップボードに以前にコピーした値をパスの形式で貼り付けます。
      • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • アラーム - フィールドの右側にあるプラス記号 docs image をクリックして [期間を選択] を選択し、この項目についてアラームを表示するタイミングを選択します。または、メニューから次のオプションの 1 つを使用して指定できます。
    • プロジェクト ノートブックまたは親の Excel ファイルからのデータ。たとえば、アラームから会議までの期間が含まれるセルを選択します。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 公開方法 - カレンダーでこの会議の時間をマークする方法を選択します。[予定なし][仮の予定][予定あり][外出中] のオプションがあります。既定のオプションは [予定あり] です。
  • 繰り返し - [定期実行を設定] をクリックするとウィンドウが開き、Outlook で予定の定期的なパターンを設定するのと同様の方法で、定期的に繰り返すように会議をスケジュールすることができます。
  • 送信せずに保存 - 選択すると、会議が予定表に保存されますが、他の出席者に招待が送信されません。これにより、メールを送信する前にメール クライアントで会議を確認できます。既定では、このオプションは選択されています。
    注: Gmail では [外出中][送信せずに保存] のオプションはサポートされていません。
プロパティ パネル

予定の時刻

  • 「アクティビティの本体」のオプションをご覧ください。

共通

  • 表示名 - デザイナー パネルに表示されるアクティビティの名前です。

毎日の定期実行

  • 定期実行ステップ (日数) - このシリーズの会議間の日数です。[定期実行ステップ (日数) の種類] が [EveryNthDays] に設定されている場合に適用されます。
  • 定期実行ステップ (日数) の種類 - 毎日の定期実行の種類です。毎週平日に繰り返す場合は [EveryWeekDay] を、[定期実行ステップ (日数)] で設定した日数後に繰り返す場合は [EveryNthDays] を選択します。

メール

  • アクティビティの本体」のオプションをご覧ください。
  • メール本文のドキュメントのファイル パス - [ドキュメントを本文として使用] が選択されている場合は、メールの本文として使用する Word ドキュメントのパス。

入力

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

毎月の定期実行

  • 毎月の定期実行日 (曜日) - 会議を繰り返す曜日です。[定期実行ステップ (月数) の種類] を [EveryNWeekDayOnEveryXthMonth] に設定している場合に適用されます。
  • 毎月の定期実行日 (指定日) - 会議を繰り返す毎月の日にちです。[定期実行ステップ (月数) の種類] が [EveryNWeekDayOnEveryXthMonth] に設定されている場合に適用されます。
  • 定期実行ステップ (月数) - このシリーズの会議間の月数です。
  • 定期実行ステップ (月数) の種類 - 毎月の定期実行の種類です。[毎月の定期実行日 (曜日)]/[毎月の定期実行日 (指定の週)] で設定した日に繰り返す場合は [EveryNWeekDayOnEveryXthMonth] を選択します。または、[毎月の定期実行日 (指定日)] で設定した日に繰り返す場合は [EveryNthDayOnEveryXMonth] を選択します。
  • 毎月の定期実行日 (指定の週) - [毎月の定期実行日 (曜日)] で設定された曜日で会議を繰り返すその月の週です。[First][Second][Third][Fourth]、または [Last] を選択します。[定期実行ステップ (月数) の種類] が [EveryNWeekDayOnEveryXthMonth] に設定されている場合に適用されます。

オプション

  • 送信せずに保存 - 「アクティビティの本体」の「送信せずに保存」をご覧ください。
  • 本文ドキュメントの最大サイズ (MB) - メールの本文として使用可能な Word 文書の最大サイズ (MB) です。既定値は 2 MB です。
  • ドキュメントを本文として使用 - 選択すると、Word ドキュメントを招待の本文として追加するよう指定されます。ドキュメントは、[メール本文のドキュメントのファイル パス] フィールドで定義されます。

繰り返し期間

  • 終了日 - 定期的な会議を終了する日付です。[定期実行終了日の種類] が [ByDate] に設定されている場合に適用されます。
  • 定期実行終了日の種類 - このシリーズの終了日の種類です。[ByDate][AfterNumberOfOccurrences]、または [NoEndDate] です。
  • 定期実行の発生回数合計 - 会議を終了するまでの予定の回数です。[定期実行終了日の種類] が [AfterNumberOfOccurrences] に設定されている場合に適用されます。

定期的なパターン

  • 定期的に発生する - 選択すると、会議が定期的に行われることを示します。
  • 定期実行パターンの種類 - 定期実行パターンの種類です。[Daily][Weekly][Monthly]、または [Yearly] です。

毎週の定期実行

  • 毎週の定期実行の曜日 - 会議を繰り返す週の曜日です。
  • 定期実行ステップ (毎週) - このシリーズの会議間の週数です。

毎年の定期実行

  • 毎年の定期実行の曜日 - 会議を繰り返す曜日です。[毎年の定期実行の種類] が [EveryNthDayOfTheMonth] に設定されている場合に適用されます。
  • 毎年の月ごとの定期実行日 (指定日) - 会議を繰り返す毎月の日にちです。[毎年の定期実行の種類] が [EverySpecificDay] に設定されている場合に適用されます。
  • 毎年の定期実行月 - 会議を繰り返す月です。[毎年の定期実行の種類] が [EverySpecificDay] に設定されている場合に適用されます。
  • 定期実行ステップ (毎年) - このシリーズの会議間の年数です。
  • 毎年の定期実行の種類 - 毎年の定期実行の種類です。[毎年の月ごとの定期実行日 (指定日)]/[毎年の定期実行月] で設定した特定の日にちで繰り返す場合は [EverySpecificDay] を選択します。または、[毎年の定期実行の週] および [毎年の定期実行の曜日] で設定した日数後に繰り返す場合は [EveryNthDayOfTheMonth] を選択します。
  • 毎年の定期実行の週 - [毎年の定期実行日 (曜日)] で設定された曜日で会議を繰り返すその月の週です。[First][Second][Third][Fourth]、または [Last] を選択します。[毎年の定期実行の種類] が [EveryNthDayOfTheMonth] に設定されている場合に適用されます。
  • アクティビティの構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.