アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

行を挿入

UiPath.MicrosoftOffice365.Activities.Excel.InsertRows

説明

Microsoft Graph の Create row API を使用して、テーブルの指定した位置に行を挿入します。挿入した行の下にある行は、すべて下方向にシフトします。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ |Windows

構成

プロパティ

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。 このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
入力
  • テーブル名 - テーブルの名前です。 このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
  • ブック - Excel ドキュメントの DriveItem です。この DriveItem を取得するには、[ファイルやフォルダーを探す] アクティビティを使用してください。このフィールドでは DriveItem 変数のみをサポートします。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
挿入する行
  • 空の行 - 挿入する空の行の数です。このフィールドでは整数および Int32 型の変数のみがサポートされています。
  • - 挿入するテーブル行の値です。このフィールドでは DataTable 型の変数のみがサポートされています。
挿入場所
  • 挿入位置 - 新しい行を挿入する位置です。[開始][終了][特定のインデックス] の 3 つのオプションのいずれかを選択します。既定値は [開始] です。
  • 特定のインデックス - テーブルの行番号です。この番号の直後の行に新しい行を挿入します。[挿入位置][特定のインデックス] に設定した場合に考慮されます。このフィールドでは整数および Int32 型の変数のみがサポートされています。
  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.