アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
生産性を高めるアクティビティ
Last updated 2024年7月9日

セルを読み込み

UiPath.MicrosoftOffice365.Activities.Excel.ReadCell

説明

Microsoft Graph の Get Range API を使用して、ブック ([ブック]) のワークシート ([シート名]) 内の指定したセル ([セルのアドレス]) の値を取得します。

セル値の取得後、アクティビティは選択された値の型 ([値の型]) に応じ、String としてその値を返します。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ |Windows

構成

プロパティ

共通
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。 このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
入力
  • セルのアドレス ー データを読み込むセルのアドレスです。1 つのセルのアドレスを A1 形式の表記で入力します。このプロパティはセルの範囲 (例: "A1:A5") をサポートしていません。このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
  • シート名 - データの読み込み元シートの名前です。 このプロパティは、String 型変数と文字列形式の値をサポートします。
  • ブック - データの読み込み元 DriveItem です。このオブジェクトは [ファイルやフォルダーを探す] アクティビティを使用して取得できます。[ファイルやフォルダーを探す] アクティビティの出力プロパティ変数 ([最初] または [結果]) または [ブックを作成] アクティビティの出力プロパティ変数 ([ブック]) を使用します。[ファイルやフォルダーを探す] アクティビティの [結果] 出力プロパティを使用する場合、必ず配列内の使用する項目を指定してください (例: myWorkbooks(0))。
その他
  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。 このフィールドでは、Boolean 値がサポートされています。
オプション
  • 値の種類 ー ドキュメントから読み取るデータの種類です。ドロップダウン リストを使用して、次の 3 つのオプションのいずれかを選択します。

    • ー 既定値です。行内のセルのコード化された値 (つまりバックエンド) を取得します。これは Excel ワークシートに表示されるフォーマット値とは異なる可能性があります (例: ワークシートでセルが 23.00 と表示されている場合に、コード化された値として 23 が返される)。
    • - 指定されたセルの式のみを取得します (例: =SUM(A1,B1))。[式] を選択しても、指定したセルに式が含まれていない場合、戻り値は既定で [値] に設定されます。
    • テキスト - セルの Excel ワークシート値を取得します (例: ワークシートでセルが 23.00 と表示されている場合、テキスト値として 23.00 が返されます)。
出力
  • セルの値 - セルの内容です。後続のアクティビティで出力データを使用する予定がある場合は必須です。

動作のしくみ

以下の手順とメッセージ シーケンス ダイアグラムは、設計時 (つまり、アクティビティの依存関係と入/出力プロパティ) から実行時に至るまでの、アクティビティの動作のしくみの例を示したものです。

  1. セットアップ」の手順を完了します。
  2. プロジェクトに [Microsoft Office 365 スコープ] アクティビティを追加します。
  3. DriveItem オブジェクトを出力するアクティビティを追加するか外部プロセスを実行します (例 : [ファイルやフォルダーを探す][ブックを作成][アイテムをコピー])。
  4. [Microsoft Office 365 スコープ] アクティビティ内に [セルを読み込み] アクティビティを追加します。
  5. [入力] セクションのプロパティに値を入力します。
  6. [出力] セクションのプロパティのために String 型変数を作成し、入力します。
  7. アクティビティを実行します。

    • 入力したプロパティ値は、GetRange API に渡されます。
    • API は、[出力] セクションのプロパティ変数に String の値を返します。


  • 説明
  • プロジェクトの対応 OS
  • 構成
  • 動作のしくみ

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.