通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

オーケストレーション プロセス

長期実行ワークフローは、サービスのオーケストレーション、人間の介入、無人環境における長期実行トランザクションをサポートするマスター プロジェクトです。

特定のプロセスが、アクティビティの次のステップに進む前に、例外、承認、または検証を処理するために人間の入力を必要とする場合、人間の介入が行われます。この状況では、プロセスの実行が中断され、人間のタスクが完了するまでロボットは解放されます。

ワークフローの断片化

長期実行ワークフローは、UiPath.Persistence.Activities を含み、[プロセスを呼び出し] アクティビティやユーザーの操作を伴わないアクティビティと組み合わせて、人間のタスクとロボットのタスクのオーケストレーションが可能です。セッション 0 で動作するため、高速実行が保証されます。オーケストレーション プロセスのデバッグはユーザー セッションで行われることに注意してください。

16691669

長期実行ワークフローは、以下のオーケストレーションが可能です。

  • API コールを実行し、セッション 0 で動作するアクティビティが含まれる可能性があるバックグラウンド プロセス。これらのプロセスは、[プロセスを呼び出し] アクティビティによって起動できます。
  • UI: Orchestrator のアクティビティから [ジョブを開始] によって呼び出された、ユーザー操作を伴うアクティビティによるプロセス。
  • 人間参加型 : Orchestrator でのフォーム入力が必要なタスクを介して、ユーザーが操作します。[フォーム タスクを作成] アクティビティと [フォーム タスク完了まで待機し再開] を組み合わせて使用することを意味します。

オーケストレーション プロセス テンプレート

Studio で [ホーム] > [オーケストレーション プロセス] に移動して、テンプレートを開きます。テンプレートには、既定の UiPath.Persistence.ActivitiesUiPath.System.Activities 依存関係が、フローチャート のワークフローに組み込まれています。

563563

The template's project.json file has the supportsPersistence: true parameter, indicating that process execution resumes upon task completion.

★削除★ requiresUserInteraction: false parameter indicates this workflow does not contain user interaction activities, similar to a Background Process.

It is not recommended to manually modify parameters in the project.json file.

573573

[プロジェクト設定] ウィンドウの [永続性をサポート][はい] に切り替えることで、プロセスをオーケストレーション プロセスに変換できます。

オーケストレーション プロセスのスニペット

作業着手の手がかりとして、[スニペット] パネルには、オーケストレーション プロセスの作成に使用できるワークフロー スニペットが多数用意されています。

508508

オーケストレーション プロセスの構築

Follow the steps below to pair activities part of UiPath.Persistence.Activities pack and build your own Orchestration Process:

  1. Use the Add Queue Item and Get Reference activity to add a Queue Item with in in/out または out parameters and get the corresponding Queue Item object. When the Queue Item is processed, arguments provided in the ItemInformation property are assigned back to the mapped workflow variables if this activity is paired with Wait for Queue Item and Resume activity.
898898
  1. [キュー アイテム完了まで待機し再開] アクティビティをキュー アイテムの追加と参照の取得アクティビティと組み合わせる必要があります。ワークフローは一時停止ステートになり、プロセスの次のステップに進む前にこのアクティビティで特定のキュー アイテムの完了を待機しているロボットを解放します。
914914
  1. The Start Job and Get Reference activity invokes another process by providing arguments of type in in/out または out. After execution, the modified arguments are then mapped back to the workflow variables if this activity is paired with Wait for Job and Resume activity.
914914
  1. The Wait for Job and Resume activity should be paired with Start Job and Get Reference by providing the Job Object given as output from the latter activity. This temporarily suspends the current process and waits for reference job to complete, resuming the process once the reference job updates status to complete.
915915
  1. ワークフロー内の人間の操作のためのフォームベースのビジュアリゼーションとタスクを作成するために [フォーム タスクを作成] アクティビティを使用します。関連するワークフロー コンテキストを持つこれらのフォームは、意思決定やその他のシナリオのためにユーザーに提示されます。
    このアクティビティを使用するには、UiPath.FormActivityLibrary パッケージをインストールする必要があります。
878878
  1. The Wait for Form Task and Resume activity should be paired with Create Form Task by providing Task Object as input to suspend the workflow until this particular task is completed by the end-user.
881881
  1. ワークフローの実行を一時停止し、指定した日時に、それを再開する[時間差で再開] アクティビティを使用します。
  2. Studio からワークフローを実行します。ロボットは、実行時間の長いアクティビティを実行するたびに、Studio はリボンで [再開] オプションが有効化された読み取り専用のステートになります。続行するには、基になるタスク、キュー アイテム、またはジョブを完了し、[再開] をクリックします。

ベスト プラクティス

  • Long-running activities (Wait and Resume activities) part of the UiPath.Persistence.Activities package can only be used in an Orchestration Process entry point, the file marked as Main.xaml です。
  • オーケストレーション プロセスから構築された再利用可能なコンポーネントは、別のオーケストレーション プロセス内からしか参照できません。
  • キュー処理にアタッチされるプロセスは、長期実行ワークフローにモデル化しないでください。そのようなプロセスを使用する必要がある場合は、最初の永続性ポイント (任意の待機および再開アクティビティ) より前に、[トランザクションのステータスを設定] アクティビティにより、キュー アイテムのステータスを確実に完了にしなければなりません。

📘

注:

Orchestrator v2020.10.8 より、永続性ポイントに含まれるキュー アイテムを長期実行のワークフロー内で処理できるようになりました。したがって、キュー アイテムのトランザクションを最終ステータス ([失敗] または [成功] のいずれか) に設定しなくてもよくなりました。詳しくは、リリース ノートをご覧ください。

  • 永続化ポイント ([待機] および [再開] アクティビティ) は、[繰り返し (コレクションの各要素)] アクティビティの本体内で使用しないでください。これらのアクティビティは最初の繰り返しを実行した後にワークフローを中断しますが、この挙動が意図した挙動と異なることがあるためです。
    代わりに、[並列繰り返し (コレクションの各要素)] などの Persistence アクティビティをループとともに使用する方法を検討してください。ジョブごとの再開トリガーの最大数は、既定で 1,000 に制限されています。
  • 長期実行のワークフローは、ジョブを一時停止したロボットと同じ種類 (Unattended または Non-production) で、同じロボット グループまたはフォルダーにあるロボットであれば、どのロボットでも再開できます。したがって、実行に必要なローカル リソースは永続化ポイントの後にも用意する必要があります。
  • 長期実行アクティビティの範囲で使用されるすべての変数は、シリアライズ可能でなければなりません。このページに記載されている変数の型はシリアライズ可能です。テキスト、True または False、数値、配列、日付と時刻。データ テーブルとジェネリック値変数。
  • 長期実行アクティビティを含まない範囲で使用される変数は、ワークフローが範囲内で一時停止されないため、シリアライズの要件は適用されません。非シリアライズ可能なデータ型は、[ジョブ完了まで待機し再開][キュー アイテム完了まで待機し再開][フォーム タスク完了まで待機し再開] などの待機アクティビティと再開アクティビティの間にある限り、同じワークフローの個別のシーケンス範囲で使用するか、他のファイルを呼び出すことによって使用できます。
  • 長期実行アクティビティによって生成されたオブジェクトの一部のプロパティは、 [ローカル] パネルで評価できないことに留意してください。
  • 各ジョブで実行されるアクション数が多いと予期されるワークフローには、適切なバッチ処理を実装してください。ジョブが一度に待機できるアクション数 (または他のジョブ トリガー) の上限は、既定で 1,000 件に設定されています。

📘

Known limitation

The Delay and Retry Scope activities are not supported and do not work properly when used in the Main workflow of an Orchestration Process. In such cases, they should be placed inside a No Persist Scope activity.

14 日前に更新


オーケストレーション プロセス


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。