Communications Mining
最新
モデルのバージョンのピン留めとタグ付け - Automation Cloud 最新
Banner background image
ロゴ
Communications Mining ガイド
最終更新日 2024年2月8日

モデル バージョンのピン留めとタグ付け

必要なユーザー権限: 「ソースの表示」と「ラベルの表示」。

データでプラットフォームをトレーニングするたびに (つまり、 逐語的にラベル付けする) 場合、データセットに関連付けられたモデルの新しいバージョンが作成されます。 これらのモデルは大規模で複雑なため、ストレージ要件が非常に大きくなるため、以前のバージョンはデータベースに自動的に保存されません。

モデルの最新バージョンは常にすぐに利用できますが、ユーザーは保存したい特定のモデルバージョンを「固定」できます。 また、固定されたモデルに「ライブ」タグまたは「ステージング」タグを「タグ付け」することもできます。

モデル バージョンを固定する理由はいくつかあります。

  1. モデルをピン留めすると、特に ストリームを使用している場合に、予測に対する決定論が得られます。 つまり、このバージョンのモデルの精度と再現率のスコアに自信を持つことができ、将来のトレーニング イベントによってスコアが (良くも悪くも) 変わることはありません
  2. [検証] ページでは、ユーザーは以前にピン留めされたモデル バージョンの検証スコアを確認できるため、時間の経過に伴うスコアを比較し、トレーニングによってモデルがどのように改善されたかを確認できます

モデル バージョンをピン留めするには:

  • 上部のナビゲーション バーから [モデル] ページに移動します
  • 「ピン」トグルを使用して、現在のモデルバージョンを保存します
モデル カードの例

モデルバージョンのタグを更新するには:

  • 固定されたモデルの「タグ」の横にある矢印をクリックします
  • ダウンストリーム展開のピン留めされたモデルの状態に応じて、[ライブ] または [ステージング] を選択します
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.