Communications Mining
最新
バナーの背景画像
Communications Mining ガイド
最終更新日 2024年5月17日

企業での Communications Mining の利用方法

はじめに

この記事では、以下のトピックの概要について説明します。

  • UiPath Communications Mining に最適なデータの種類
  • Communications Mining の主な価値の柱、およびユース ケースとの関係
  • 分析と自動化における一般的なユース ケース
  • Communications Mining をデプロイできる、さまざまな業界の例
  • Communications Mining がデプロイされている顧客の例
  • Communications Mining と組み合わせることができる UiPath ツール (RPA、Document Understanding など)

UiPath Communications Mining に最適なデータの種類


docs image
UiPath Communications Mining は、メール (例: 共有のメール受信トレイ)*、チケット、アンケートの回答、ケース ノートなどの短い形式の非同期コミュニケーション データ向けに最適化されています。

docs image
現在のところ、リアルタイムの通話とチャットのデータはサポートされていません。チャットと通話のデータの履歴分析の場合は、十分な量があればサポートできます。

docs image
Communications Mining では添付ファイル (ドキュメント) はネイティブに処理されませんが、UiPath Document Understanding と組み合わせることで、メールと添付ファイルの両方を処理できます。
注: UiPath Communications Mining は、企業のメール アドレスからのメールを分析・自動化する目的にのみ使用されます。個人のメール アドレス (john.doe@yahoo.com、jane.doe@gmail.com など) は対象外です。

Communications Mining の価値の柱

Communications Mining は、多様な方法でビジネスの価値を促進できます。最終的に、ユース ケースの所有者が求める価値はビジネスの目的によって決まり、価値の柱は特定のユース ケースに即したものになります。

次の図は、Communications Mining がサポートできる主要な価値の柱と、それに即したユース ケースの詳細を示しています。

docs image

上記のユース ケースについて詳しくは、以下をご覧ください。

ユース ケース: 分析

これまでに説明したように、UiPath Communications Mining は、分析、自動化のどちらにおいてもユーザーに多大な機会をもたらします。

分析の場合、ユース ケースの主要なグループには次のものがあります。



ユース ケース: 自動化

自動化の一般的なユース ケースは次のとおりです。



この記事の後半では、Communications Mining と組み合わせることで下流の自動化が容易になるツールをいくつか紹介します。

業界の例

では、UiPath Communications Mining はどこにデプロイできるのでしょうか。

その答えは「どこにでもデプロイできる」です。

どの業界でも、画面上での各処理と操作は何らかの形のコミュニケーションから始まります。カスタマー サポートから製造業での部品の注文、保険の見積もり、請求、更新に至るまで、すべて同じです。

企業が成長するにつれて、こうしたコミュニケーションの効果的な管理を支援する UiPath のようなソリューションが必要になり、導入しなければ後れを取るリスクがあります。

顧客のユース ケースの例

以下に、お客様の UiPath Communications Mining の具体的な利用例をいくつか示します。



Communications Mining と組み合わせることができる UiPath ツール

Communications Mining は、最終的にはさまざまな UiPath ツールを利用したソリューションの一部を形成することも、Process Mining や Task Mining を同時に使用して発見活動の一翼を担うこともできますが、最も分かりやすいのは RPA および Document Understanding との組み合わせです。



Communications Mining + RPA

前の記事で説明したように、Communications Mining は、アクションを実行するための構造化データを下流のオートメーションに提供することにより、インテリジェント オートメーションを実現する役割を果たします。

この引き渡しは通常、UiPath のボットに対して行われます。下の図は、この 2 つがどのように連携するかを大まかに示しています。



Communications Mining を UiPath RPA と組み合わせて自動化を実現する方法については、こちらをご覧ください。

注: Communications Mining は他の UiPath ツールとの対話処理用に最適化されていますが、他の API ファースト アプリケーションでも Communications Mining からの予測を活用して、分析と自動化のユース ケースを促進できます。

Communications Mining + Document Understanding

docs image

Communications Mining + Document Understanding では、扱うデータの種類が違うかもしれません...



...しかし、最終的には連携して強力な複合ソリューションを形成できます。

世界中のあらゆる企業が、コミュニケーションによって交換されるドキュメントを処理しています。

  • Communications Mining と Document Understanding を組み合わせることで、複雑なサービス プロセスをエンドツーエンドで理解して自動化できます。以前は、従業員が業務を完了するにはメッセージとドキュメントを両方とも読まなければならなかったタスクです。
  • Communications Mining と Document Understanding は、UiPath のロボットにとってまったく新しいデータ ソースを生み出します。企業では、最も時間がかかるサービス プロセスの一部を初めて自動化できるようになります。

2 つの連携の仕組み



Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.