通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

パッケージ

The Packages page displays all the projects published from UiPath Studio, as well as the ones that were manually uploaded.

パッケージ フィード


フィードとは、パッケージを使用可否や分離の制御を目的として保存およびグループ化できるようにする、パッケージのストリームです。

テナント フィード

テナント フィードに追加されたパッケージは、グローバル リソースです。つまり、複数のフォルダーで使用可能です。これらは、「パッケージ」と呼ばれ、[パッケージ] ページ ([テナント] コンテキスト > [パッケージ]) で管理されます。

フォルダー フィード

フォルダー フィードに追加されたパッケージは、フォルダー固有のリソースであり、他のリソースとは分離され、追加先のフォルダー内でのみ使用できます。これらは、しばしば「フォルダー パッケージ」と呼ばれ、[フォルダー パッケージ] ページ ([フォルダー] コンテキスト > [オートメーション] タブ > [フォルダー パッケージ]) で管理されます。

専用パッケージ フィードはルート フォルダーでのみ設定できます。すべてのサブフォルダーはルートの親からパッケージ フィードの設定を継承します。フィードへのアクセス権は、フォルダーを適用範囲とする権限セット [フォルダー パッケージ] によって管理されます。

v3 のフィード URL を使用すると、パッケージの表示に関するいくつかの問題が発生します。

  • パッケージのパブリッシュの日付が不正確になります。
  • MyGet フィードのパッケージの合計数が、実際にフィードにアップロードされたパッケージ数よりも大幅に多く表示されます。

個人用ワークスペース フィード

個人用ワークスペース フィードはフォルダー フィードに似ています。個人用ワークスペース フィードにパブリッシュされたパッケージは、ワークスペース固有のリソースであり、他のリソースとは分離され、追加先のワークスペース内でのみ使用できます。個人用ワークスペースには、専用フィードが既定で表示されます。ワークスペース フィードに追加されたパッケージは、ワークスペースのコンテキスト内で自動的にプロセスとしてデプロイされます。このフィードは、[フォルダー パッケージ] ページ ([個人用ワークスペース] コンテキスト > [オートメーション] タブ > [フォルダー パッケージ]) で管理されます。

フィードの考慮事項

Packages published to Orchestrator are sent to a default web app that uses the NuGet protocol (NuGet, MyGet). On the Orchestrator machine, the folder path is displayed in the UiPath.Orchestrator.dll.config file, under the Storage.Location parameter. On the Robot machine, this folder path is set in the NuGetServerUrl parameter, in the UiPath.settings file. If your Robot is not connected to Orchestrator, the default location of the packages is %ProgramData%\UiPath\Packages です。

Orchestrator uses this NuGet app to maintain package versions. When you deploy a package to an environment, the package is distributed to each of the Robots in the indicated environment (in the %USERPROFILE%\.nuget\Packages folder).

詳細については、「アクティビティ フィードについて」、「ロボット上のオートメーション プロジェクトについて」、「テナント設定を構成する」をご覧ください。

パッケージ バージョン


パッケージのバージョン管理は、パッケージを Orchestrator または他の独自の場所にパブリッシュする際に Studio で構成します。使用可能なバージョン管理スキーマの詳細については、こちらで Studio の説明をご覧ください。

パッケージ バージョンのリリース ノート、および入力または出力パラメーターは、Orchestrator でアクセスできるように Studio で設定する必要があります。最初に説明した機能を使用すると、開発者はパッケージ バージョン間の変更を追跡できますが、後者では他社製ツールをより適切に連携できます。

パッケージ バージョンには、次のようなステータスがあります。

  • アクティブ - 現在プロセスまたはモダン フォルダーにデプロイされています。
  • 非アクティブ - 現在プロセスまたはモダン フォルダーにデプロイされていません (これらは削除のみが可能です)。

パッケージの種類


Process = standard RPA process.
Business Process = StudioX projects.
Testing = Test automation project.
Legacy Process = a project with no available metadata.

パッケージの移行


To help you migrate packages from one Orchestrator instance to the other with ease, such as from a testing environment to a production one, it is possible to download any version, be it active or not. Please note that this is only possible if you are using an internal feed, and you have View permissions on Packages.
From here, you can upload one or multiple packages to another Orchestrator, by using the Upload button. When uploading such .nupkg archives manually you can also check if there are any existing processes that can be upgraded and perform that action instantly, as described here.

パッケージ エクスプローラー


Similar to the Studio's Designer panel, the Explore Package option enables you to view and explore the graphical representation of any .xaml file that is part of a package version. The file set as Main is labeled accordingly, and all dependencies are mentioned for each package version. Please note that only packages in internal feeds can be viewed using the Package Explorer.

It is possible to view all the variables, arguments, and imports created for a specific package, exactly like you would in Studio. The properties of an activity are displayed if selected, along with their values, if any. To learn how to view all of these, see Managing Packages.
フローチャートは、標準のワークフロー ダイアグラムと同様に表示されることに注意してください。

18291829

The Explore Package also allows you to compare the differences between any two selected versions of a package, pointing out workflow files that were added, modified or deleted, and highlighting changes in folders or the dependencies list. It's possible to view the differences between the selected versions' workflow .xaml files, presented side by side, earliest file version on the left, with deleted content highlighted in red, modified content in yellow, and added content in green. Click here to learn how to compare package versions and workflows.

21342134

パッケージ権限


[パッケージ] ページでさまざまな操作を行うには、パッケージ上で該当する権限を持っていなければなりません。

  • 表示 - すべてのパッケージ関連の詳細を表示し、アップグレード可能なプロセスを表示し、パッケージを探索およびダウンロードします (これら 2 つは内部フィードも必要です)。
  • 編集 - 現時点では追加の権利を付与しません。
  • 作成 - パッケージを Studio から手動でアップロードまたはパブリッシュします。
  • 削除 - 非アクティブなパッケージを削除します。

[フォルダー パッケージ] ページで各種操作を行うには、フォルダー パッケージに対してそれらの操作を行うための権限が付与されている必要があります。

  • 表示 - すべてのフォルダー パッケージ関連の詳細の表示、アップグレード可能なプロセスの表示、フォルダー パッケージの探索とダウンロードを行います (これら 2 つの操作には内部フィードも必要です)。
  • 編集 - 現時点では追加の権利を付与しません。
  • 作成 - フォルダー パッケージを Studio から手動でアップロードまたはパブリッシュします。
  • 削除 - 非アクティブなフォルダー パッケージを削除します。

詳細については「ロールについて」をご覧ください。

1 年前に更新



パッケージ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。