Orchestrator
v2023.4
Managing triggers - Standalone 2023.4
Banner background image
ロゴ
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

トリガーを管理する

トリガーの作成

トリガーは以下の方法で作成できます。

  • ワークフロー外部のソースから (Orchestrator または Integration Service)

  • ワークフロー内から (トリガー アクティビティを使用)

トリガーを編集する

該当する [編集] ボタンをクリックして、必要に応じて変更を行い、[トリガーを編集] ウィンドウで [更新] をクリックします。

重要:
  • 名前、ジョブの優先度、ランタイムなどトリガー固有の更新を行うには、鉛筆アイコンをクリックします。

トリガーを無効化する

トリガーを無効化するには、対応する [その他のアクション] ボタンをクリックしてから、[無効化] をクリックします。無効化されたタイム トリガーの前には アイコンが表示されます。無効化されたキュー トリガーの前には アイコンが表示されます。

または、それを選択して [無効化] をクリックします。

将来の特定の日時に、トリガーを自動的に無効化することもできます。これを行うには、次の手順に従います。

  1. 該当する [編集] ボタンをクリックします。
  2. [トリガーを自動的に無効化するスケジュールを設定] オプションを有効化します。
  3. 希望の日付と時刻を入力します。トリガーのタイム ゾーンは、トリガーが無効化されるときに影響します。
  4. [更新] をクリックすると、変更が反映されます。
    重要: 既定では、過去 1 日間正常に起動できていないトリガーが起動に 10 回失敗すると、そのトリガーは自動的に無効化されます。

    この値は、Triggers.DisableWhenFailedCount パラメーターを使用してカスタマイズできます。

トリガーを有効化する

トリガーを有効化するには、対応する [その他のアクション] ボタンをクリックし、[有効化] をクリックします。有効化されたタイム トリガーは、その前に アイコンでマークされます。有効化されたキュー トリガーは、その前に でマークされます。

または、該当するスケジュールを選択して [有効化] をクリックします。

トリガーを削除する

トリガーを削除するには、該当する [その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [削除] をクリックします。

または、該当するスケジュールを選択して [削除] をクリックします。

トリガーにより開始されたジョブを表示する

指定のスケジュールにより開始したジョブを表示するには、[その他のアクション] ボタンをクリック後、[ジョブを表示] をクリックします。[ジョブ] ウィンドウが表示され、選択されたトリガーにより過去に実行されたすべてのジョブ (該当する場合) が表示されます。

Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.