Orchestrator
v2023.4
Managing Machines - Standalone 2023.4
Banner background image
ロゴ
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

マシンを管理する

マシン オブジェクトは通常、管理者が無人インフラストラクチャの設定を行うために使用します。

マシン テンプレートを追加する

マシン テンプレートを作成するには、以下の手順を実行します。

  1. [テナント] > [マシン] に移動します。[マシン] ページに、そのテナントのすべてのマシン オブジェクトの一覧が表示されます。
  2. [マシン] ページで [マシンを追加] > [マシン テンプレート] をクリックします。[マシン テンプレート] ページが表示されます。
  3. テンプレートを簡単に識別できるよう、[テンプレート名] フィールドにそのテンプレートの名前を入力します。
  4. [説明] フィールドに、マシンの説明を入力します。
  5. [Production (Unattended)][NonProduction]、および [Testing] フィールドで、マシンに対して各種類のランタイムを必要に応じて割り当てます。ランタイムの数は、このテンプレートを使用して Orchestrator に接続されている各ホスト マシンで同時に実行できるフォアグラウンド プロセスの数を表します。
  6. [プロセスの種類] フィールドおよび [プロセスの対応 OS] フィールドで、ホスト マシンで実行できるプロセスの種類を指定します。

    フィールド

    説明

    プロセスの種類

    このマシン テンプレートを使用するインフラストラクチャ上で実行できる実行できるプロセスの種類を以下から選択します。

    • フォアグラウンドのみ - フォアグラウンド プロセスのみ
    • バックグラウンドのみ - バックグラウンド プロセスのみ
    • すべて - バックグラウンド プロセスとフォアグラウンド プロセスの両方

    プロセスの対応 OS

    このマシン テンプレートを使用するインフラストラクチャ上で実行できる実行できるプロセスの種類を以下から選択します。

    • Windows のみ - Windows 対応プロセスのみ
    • クロスプラットフォームのみ - クロスプラットフォーム プロセスのみ
    • すべて - Windows 対応プロセスとクロスプラットフォーム プロセスの両方
    重要: Orchestrator は、基になるプロセスがテンプレートの設定と一致しない場合、特定のホスト マシンでジョブを開始できないようにします。無効な設定でジョブを開始しようとすると、設定の修正方法を詳しく示したエラー メッセージが表示されます。
  7. [クライアント バイナリ (Robot、Assistant、Studio) の自動更新ポリシー] フィールドで、Robot、Assistant、Studio を更新するときに従う更新ポリシーを選択します。
    • 最新のパッチ - 更新サーバーで利用可能な最新バージョンをインストールします。
    • 最新バージョン - サポートされているバージョンごとに利用可能な最新パッチをインストールします (最新の 2021.10 パッチなど)。
    • 特定のバージョン - 更新サーバーで利用可能なパッチのリストから、特定のパッチをインストールします。
  8. マッピング方法を選択します。アカウントとマシンのマッピングについて詳しくは、こちらをご覧ください。
    • すべてのアカウントにこのマシンの使用を許可 - 特定のマッピングはありません。
    • 特定のアカウントのみをこのマシンに割り当て - 実行が許可される、特定のアカウントとマシンのペアを設定します。
  9. [プロビジョニング] をクリックします。マシンが正常に作成され、ロボットを Orchestrator に接続するために必要なキーとともに、確認ウィンドウが表示されます。テナントのロボットの認証設定によっては、以下の情報が重要になります。
    • クライアント IDクライアント シークレット - クライアント資格情報が有効化されている場合。
    • マシン キー - ハイブリッド認証が有効化されている場合。

      重要: クライアント シークレットは作成直後に 1 回しか表示されないため、同じシークレットを複数回使用する場合は、コピーして安全な場所に保存しておいてください。ストレージをセキュリティで保護するために、暗号化やハッシュの使用を検討してください。
  10. 完了したら [閉じる] をクリックします。[マシン テンプレート] ウィンドウが閉じて、[マシン] ページに、(先ほど作成したマシン オブジェクトを含む) テナント内のすべてのマシン オブジェクトの一覧が表示されます。

マシン テンプレートのマシン キーを表示する

[その他のアクション] > [マシンを編集] をクリックします。[マシン [machine_name] を編集] ウィンドウが表示されます。目的のテンプレートの [マシン キー][テンプレート名][説明] の各フィールドを確認できます。

注: [マシン テンプレートを編集] ウィンドウでは、テンプレートの名前を変更するか、その説明を編集することもできます。対応するフィールドに新しい名前または説明を入力して、[更新] をクリックします。[編集] 権限をロボットに対しては持っていても、マシンに対しては持っていない場合、[編集] ボタンが [表示] ボタンに置き換わります。

標準マシンを追加する

標準マシンを追加するには、以下の手順を実行します。

  1. [マシン] ページの [新しいマシンを追加] をクリックします。
  2. [標準マシンを追加] をクリックします。[標準マシンを追加] ウィンドウが表示されます。
  3. ロボットがインストールされているワークステーションの正確な名前を入力します。

    マシン名を見つける方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

  4. [説明] フィールドにマシンの説明を入力します。
  5. 目的のランタイムをマシンに割り当てます。[マシン] ページまたは [ライセンス] ページでマシンを編集すれば、ランタイム番号を後から変更することができます。
  6. アカウントとマシンのマッピングを設定します。
  7. [プロビジョニング] をクリックします。マシンが [マシン] ページに表示されます。

標準マシンのマシン キーを表示する

[その他のアクション] > [マシンを編集] をクリックします。[マシン [machine_name] を編集] ウィンドウが表示されます。目的のマシンの [マシン キー] フィールド、[名前] フィールド、[説明] フィールドを確認できます。

注: [マシンを編集] ウィンドウでは、その説明を編集することもできます。対応するフィールドに新しい説明を入力して、[更新] をクリックします。[編集] 権限をロボットに対しては持っていても、マシンに対しては持っていない場合、[編集] ボタンが [表示] ボタンに置き換わります。

マシンを削除する

[その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [削除] をクリックします。または、[マシン] ページから 1 つまたは複数のマシンを選択して、[削除] をクリックします。

注: マシンにロボットが接続されていない場合にのみ、マシンを削除できます。

マシンのログを表示する

特定のマシンのログを表示するには、該当の [その他のアクション] ボタンをクリックし、[インストール済みのバージョンとログを表示] をクリックします。

マシンのロボットのバージョンを表示する

[マシン] ページでは、[インストールされたバージョン] 列でロボットのバージョンを確認することもできます。標準ロボットのバージョンは、UiRobotSvc サービスが起動または再起動されるときに取得されます。フローティング ロボットのバージョンは、UiPath Robot が Orchestrator に接続されるときに取得されます。

特定のマシンに接続されている各 Robot のバージョンをすべて確認するには、[その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [インストール済みのバージョンとログを表示] をクリックします。

[マシン] ページの [インストールされたバージョン] 列は、シナリオに応じて、作成されたロボットのバージョンに関する累積した情報を表示します。

  1. ロボット接続なし

    • マシンにまだロボットがプロビジョニングされていません
  2. 不明

    • 1 台以上のロボットが作成されていますが、いずれも接続されていません
    • ロボットと Orchestrator 間の接続が確立した後に、1 台以上のロボットが作成されました
  3. インストールされたバージョン

    • 18.2.0 よりも新しいバージョンの Robot 1 台が登録され、接続されています。
    • バージョンが 18.2.0 よりも新しい (同バージョンの) Robot が多数プロビジョニングされ、それらがすべて接続されています。

      たとえば、18.2.4 の Robot を 1 つプロビジョニング済みで、それが接続されている場合は、18.2.4 と表示されます。バージョン 18.3.0 の Robot が多数 (たとえば 11) プロビジョニングされ、それらがすべて接続されている場合は、18.3.0 と表示されます。

  4. < 18.2.0

    • 18.2.0 より前のバージョンの Robot 1 台が登録され、接続されています。
    • バージョンが 18.2.0 よりも前の Robot が多数プロビジョニングされ、それらがすべて接続されています。

      たとえば、18.1 の Robot を 1 つプロビジョニング済みで、それが接続されている場合は、<18.2.0 と表示されます。同様に、バージョン 17.1.0 および 18.2.0 の Robot (たとえば、それぞれ 9 つと 5 つ) がプロビジョニングされ、それらがすべて接続されている場合は、<18.2.0 と表示されます。

  5. [異なるバージョン番号]

    • 異なるバージョンの Robot 2 台以上が登録され、すべて接続されています。

      たとえば、合計 14 台の Robot (18.3.0 の Robot 10 台、18.2.4 の Robot 2 台、18.2.0 より前の Robot 2 台) をプロビジョニングしたとします。この場合、3 つのバージョンが表示されます。

この列の値にカーソルを合わせると、ヒントとして詳細が表示されます。



下の表は、さまざまなシナリオに応じて [インストールされたバージョン] 列に表示される値と、各値のヒントとして表示される詳細情報をまとめたものです。

シナリオ

[インストールされたバージョン] 列

ヒントとして表示される詳細情報の例

マシン上でロボットが作成されていません

ロボット接続なし

ロボット接続なし

4 台のロボットを作成しましたが、いずれも接続されていません

不明

不明: 4 台のロボット

18.3.0 のロボットを複数 (11 台) プロビジョニングし、すべて接続しています

18.3.0

18.3.0: 11 robot(s) (ロボット)

17.1.0 と 18.2.0 のロボットを複数 (それぞれ 9 台と 5 台) プロビジョニングし、すべて接続しています

<18.2.0

<18.2.0: 14 robot(s) (ロボット)

合計 14 台のロボット (18.3.0 のロボット 10 台、18.2.4 のロボット 2 台、18.2.0 より前のロボット 2 台) をプロビジョニングしました

3 versions (バージョン)

18.3.0: 10 台のロボット

18.2.4: 2 台のロボット

<18.2.0: 2 台のロボット

合計: 14 台のロボット

マシンに接続されているロボットを表示する

特定のマシンに接続されているロボットを確認するには、[その他のアクション] ボタンをクリックし、[ロボットを表示] をクリックします。[ロボット] ページに自動的にリダイレクトされます。このページでは、該当のマシンに接続されているすべてのロボットが表示されます。

マシンを有効化/無効化する

Unattended、NonProduction、および Testing ライセンスが適用されるマシンでのみ使用できます。ライセンスが即座に消費されることを防ぐため、それぞれ [Unattended][NonProduction]、および [Testing] ライセンス ページからマシンを無効化します。

  1. [ライセンス] ページで、目的の種類のライセンス (Unattended、NonProduction、または Testing) について [詳細を確認] をクリックします。該当するページが表示されます。
  2. [アクティブ] 列でトグルをオフにします。マシンを無効化するかどうかを確認するダイアログが表示されます。
  3. [はい] をクリックします。マシンが無効化されます。
  4. マシンを有効化するには、トグルをオンにします。

マシン上でロボットが実行中である限り、それらのロボットがあるフォルダーにかかわらず、そのマシンを無効化することはできません。

フォルダーにマシンを割り当てる

マシンをフォルダーに割り当てると、さまざまな影響があります。詳しくは、「フォルダーにマシン オブジェクトを割り当てる」をご覧ください。

マシン オブジェクトにタグを追加する

注:

マシン オブジェクトに既存のタグを追加するには、マシンに対する [編集] 権限とタグに対する [表示] 権限が必要です。

マシン オブジェクトに新しいタグを追加するには、マシンに対する [編集] 権限とタグに対する [作成] 権限が必要です。

注:
  • 各マシン オブジェクトには、最大 100 万個のキー/値のペアを設定できます。
  • ラベルおよびキー/値のプロパティに使用できる文字数は、最大 256 文字です。
  • タグ名に使用できない文字は、<>%&\?/: です。

マシンへのタグの適用は、マシンの作成時または既存のマシンの編集時に行うことができます。マシンの編集時にマシンにタグを追加するには、以下の手順に従います。

  1. [マシン] ページで、目的のマシン オブジェクトの横にある [その他のアクション] > [編集] をクリックします。マシン オブジェクトが編集のために開かれます。
  2. [ラベル] フィールドで、ラベル名の入力を開始します。既存のラベルを選択するか、新しいラベルを作成することができます。
  3. [プロパティ (キーと値のペア)] フィールドで、[新規追加] をクリックします。
  4. 新しいキーと値を追加します。既存のキーまたは値を選択するか、新しいキーまたは値を作成することができます。
  5. 完了したら、[更新] をクリックします。マシン オブジェクトが更新され、新たに作成したタグを (ある場合) 他のオブジェクトで使用できるようになります。

マシン オブジェクトからタグを削除する

オブジェクトからタグを削除するには、以下の手順に従います。

  1. [マシン] ページで、目的のマシン オブジェクトの横にある [その他のアクション] > [編集] をクリックします。マシン オブジェクトが編集のために開かれます。
  2. [ラベル] フィールドで、削除するラベル名の横の X をクリックします。ラベルが削除されます。
  3. [プロパティ (キーと値のペア)] フィールドで、削除するキーまたは値の横の X をクリックします。キーまたは値が削除されます。
  4. キー/値のペアを削除するには、そのエントリに対応する削除アイコンをクリックします。キー/値のペアが削除されます。
  5. 完了したら、[更新] をクリックします。マシンが更新され、タグが削除されます。

マシン テンプレートを使用して無人インフラストラクチャを最適化する

マシンを特定のプロセスの実行に特化することで、無人オートメーションのワークロードを既存のインフラストラクチャに分散し、効率を最大限に高めてインフラストラクチャのコストを削減します。

Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.