Orchestrator
v2023.4
Managing Personal Workspaces - Standalone 2023.4
Banner background image
ロゴ
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

個人用ワークスペースを管理する

ワークスペースの使用状況を確認する

特定の個人用ワークスペース内に、ある種類のリソースがいくつあるかを確認するには、次の手順を実行します。

  1. [テナント] > [フォルダー] に移動します。[フォルダー] ページが表示されます。
  2. [個人用ワークスペース] タブをクリックします。[個人用ワークスペース] ページにテナント内のすべてのワークスペースが表示されます。
  3. 対象のワークスペースの [使用状況を表示] をクリックします。そのワークスペース内のリソースに関する詳細を含むページが表示されます。

個人用ワークスペースをフォルダーに変換する

注:
  • 個人用ワークスペースをフォルダーに変換するのは、不可逆の操作です。
  • 元のワークスペースの所有者と管理者ユーザーは、新規作成されるフォルダーに既定で追加され、個人用ワークスペースの Administrator ロールが割り当てられます。
  • 変換を実行したユーザーは、新規作成されるフォルダーに既定で追加され、Folder Administrator ロールが割り当てられます。
  1. [テナント] > [フォルダー] に移動します。[フォルダー] ページが表示されます。
  2. [個人用ワークスペース] タブをクリックします。[個人用ワークスペース] ページにテナント内のすべてのワークスペースのリストが表示されます。
  3. 目的のワークスペースの [その他のアクション] > [モダン フォルダーに変換] をクリックします。フォルダー名の入力を促すウィンドウが表示されます。
  4. [新しいフォルダー名] フィールドに名前を入力し、[変換] をクリックして変換を実行します。新しいフォルダーが作成され、[フォルダー] ページで使用できるようになります。既定では、フォルダーは専用のパッケージ フィード付きで作成されます。

アクティブ ユーザーの個人用ワークスペースをフォルダーに変換すると、ユーザー レベルでワークスペースの自動作成が有効化されていれば、そのユーザー用に新しい個人用ワークスペースが作成されます。

個人用ワークスペースを探索する

個人用ワークスペースを探索するには、フォルダーに対する表示編集の権限が必要です。管理者は個人用ワークスペースのコンテンツにアクセスして、ワークスペースの探索中にワークスペースのコンテキスト内でジョブを実行できます。個人用ワークスペースを探索するには、フォルダーに対する、表示編集の権限が必要です。

  1. [テナント] > [フォルダー] に移動します。[フォルダー] ページが表示されます。
  2. [個人用ワークスペース] タブをクリックします。[個人用ワークスペース] ページにテナント内のすべてのワークスペースのリストが表示されます。
  3. 目的のワークスペースの [その他のアクション] > [探索を開始] をクリックします。ワークスペース ビューが表示され、サイド ナビゲーション バーで管理者がワークスペースの内容を確認できるようになります。

    注: バックグラウンド ジョブが毎時 25 分に実行され、ワークスペースを探索中のユーザーが必要な権限をまだ持っているかどうかが確認されます。ユーザーが必要な権限を持っていない場合、探索セッションは終了されます。

    ユーザーが探索セッションを開始または終了するときには必ず、個人用ワークスペースの元の所有者に適切な通知が送信されます。



個人用ワークスペースを削除する

  1. [テナント] > [フォルダー] に移動します。[フォルダー] ページが表示されます。
  2. [個人用ワークスペース] タブをクリックします。[個人用ワークスペース] ページにテナント内のすべてのワークスペースのリストが表示されます。
  3. 目的のワークスペースの [その他のアクション] > [削除] をクリックします。[ワークスペースを削除] ウィンドウに、ワークスペース内のすべての項目 (存在する場合) が表示されます。

アクティブ ユーザーの個人用ワークスペースを削除すると、ユーザー レベルでワークスペースの自動作成が有効化されていれば、そのユーザー用に新しい個人用ワークスペースが作成されます。

注: ワークスペースを削除すると、そのワークスペース内のテスト オートメーションのデータを含むすべての項目が削除されます。

個人用ワークスペースの探索を自動的に停止する

Orchestrator の管理者は、個人用ワークスペースの探索をいつ停止するかを完全に制御できます。この操作は、テナント レベルの 2 つの設定で行います。

  • 指定時間の経過後に個人用ワークスペースの探索を自動停止: - Orchestrator の管理者は、設定した時間が経過すると個人用ワークスペースの探索を自動的に停止するよう指定するルールを適用できます。
  • 個人用ワークスペースの探索に使用されているすべてのアクティブなセッションを停止 - Orchestrator の管理者は、現在アクティブなすべての個人用ワークスペースの探索セッションを停止できます。アクティブなセッションの数がサフィックスとして括弧内に表示されます。[セッションの探索を停止] をクリックして有効化できます。
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.