Orchestrator
v2023.4
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

Orchestrator にログインする

以下の手順は、Orchestrator をスタンドアロンでインストールした場合にのみ適用されます。

注: Web ブラウザー Edge を使用して Orchestrator にログインしようとしても、Web サイトの名前にアンダースコア (“_”) が含まれていると (例: https://orchestrator_tests.com)、ログインできません。

Orchestrator へのログイン時には次を使用できます。

  • [ユーザー] ページで作成済みのユーザー アカウント (詳細については「ユーザーの管理」をご覧ください)。このユーザーは、初回ログイン時にパスワードをリセットする必要があります。
  • [ユーザー] ページに追加済みの Windows Active Directory グループ配下のユーザー アカウントです。既定では、NTLM 認証プロトコルが使用されますが、Kerberos に切り替えることができます。

  • [ユーザー] ページに追加済みの、Microsoft Azure Active Directory グループ下のユーザー アカウント。

同じユーザーとして異なるマシンまたはブラウザセッション上でログインすると、そのユーザーは最初のマシン/セッションから切断されます。

(Windows または Azure AD の) 外部ユーザーが複数のテナントのメンバーである場合、ログイン時に [テナントを選択] ページにリダイレクトされます。

注: 同じ Orchestrator インスタンスで Microsoft Azure AD と Windows AD を使用することは推奨していません。

既定のテナントで、Orchestrator に自動的にログインする環境を設定することもできます。

[自動ログイン] を有効化して認証なしで Orchestrator URL にアクセスすると、アプリケーションは現在の Active Directory ユーザーを使って [ログイン] ページにリダイレクトされることなく自動的にログインしようとします。[自動ログイン] が無効な場合は、[ログイン] ページにリダイレクトされて、手動で [Windows] ボタンを押して Windows ログインを実行する必要があります。

Orchestrator のユーザー アカウントを使用してログイン

注: 最初に [ユーザー] ページでユーザーを作成する必要があります。
  1. [テナント名] フィールドに入力します。前回認証で使用されたテナントが記憶されています。別のテナントを使用する場合は、まず [変更] をクリックして名前を入力します。


  2. [ユーザー名またはメール アドレス] フィールドと [パスワード] フィールドに入力します。
  3. (任意) [このアカウントを記憶する] チェック ボックスをオンにします。これにより、以降は自動的にログインできるようになります。
  4. [ログイン] をクリックします。初回ログイン時には、[パスワードを変更] ページが表示されます。ここで新しいパスワードを設定します。


  5. [現在のパスワード] フィールドに、Orchestrator 管理者から受け取ったパスワードを入力します。
  6. [新しいパスワード] および [パスワードを確認] フィールドに、選択したパスワードを入力します。
  7. [パスワードを変更] をクリックします。パスワードが変更され、Orchestrator が読み込まれます。割り当てられた役割と組織単位 (該当する場合) に従ってコンポーネントにアクセスできるようになります。

ログイン試行が 10 回失敗したユーザーは、5 分間ロックアウトされます。これは既定の [アカウント ロック] 設定です。この設定は、[セキュリティ] タブで変更できます。

Active Directory グループのユーザーを使用してログイン

注: このログイン方式は、Windows 認証が有効な Orchestrator でのみ利用できます。

Active Directory ユーザーまたはグループを最初にユーザーページに追加する必要があります。

  1. Orchestrator のログイン画面から Windows または Azure ボタンのいずれかをクリックします。


  2. 自動的にログインされ、Orchestrator ダッシュボードが表示されます。Active Directory ユーザーまたはグループが Orchestrator に追加されていない場合、[認証が必要です] ダイアログが表示されます。


  3. [ユーザー名] フィールドと [パスワード] フィールドに入力します。
  4. [ログイン] をクリックします。Orchestrator が読み込まれ、割り当てられたロールに従ってコンポーネントにアクセスできるようになります。
    注: デフォルト設定では、ユーザーはログイン試行に 10 回失敗したら 5 分間ロックされます。これは、[設定] ウィンドウの [セキュリティ] タブで変更できます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.