Orchestrator
v2023.4
Enabling Users to Run Personal Automations - Standalone 2023.4
Banner background image
ロゴ
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

ユーザーに対して個人オートメーションの実行を有効化する

個人オートメーションとは、ユーザーの ID の下でユーザーのマシン上でローカルに実行するか、ユーザーが直接アクセスできないサーバー側のリソース上でリモートに実行できるオートメーション (個人 (リモート) オートメーション) です。ユーザー アカウント、およびユーザー アカウントとロールとの関連付けにより、Orchestrator のリソースに対して一定レベルのアクセスを許可できます。Orchestrator について学ぶ

このページでは、ユーザーに対して以下を有効化する方法について説明します。

  • ローカル マシンで UiPath Assistant を使用してオートメーションを実行
  • ユーザーが必要な権限を持つフォルダーと、個人用ワークスペースで、バックグラウンドの個人 (リモート) オートメーションを実行
  • UiPath Studio (デスクトップと Web の両方) で実行してデバッグ
  • 個人用ワークスペースでオートメーションを管理

開発者およびビジネス ユーザーの場合: ジョブを手動で実行するか、トリガーを設定してジョブを自分自身として起動する方法をご覧ください。

ユーザー グループに対して個人オートメーションの実行を有効化する

以下で、管理者がユーザーのグループに対して個人オートメーション機能を有効化する手順を、段階を追って説明します。グループは、同様のニーズを持つアカウントをまとめて管理できるようにして、作業を簡素化するために使用します。

  1. Orchestrator のグループを参照するか、既存のグループを編集してロールを割り当てます。
  2. [個人オートメーションの設定] タブをクリックして、個人オートメーションの設定を構成します。
  3. [このグループのユーザーによるオートメーションの実行を有効化] トグルを有効化します。これにより、そのグループのユーザーに対して以下の操作を有効化します。
    • ローカル マシンで UiPath Assistant を使用してオートメーションを実行
    • ユーザーが必要な権限を持つフォルダーで、バックグラウンドの個人 (リモート) オートメーションを実行
    • UiPath Studio (デスクトップと Web の両方) で実行してデバッグ
    注意:

    この設定は、グループに既に関連付けられているユーザーにのみ適用されます。ユーザーをグループに後で追加する場合は、設定に準拠するために手動で変更を行う必要があります。

  4. [設定] セクションで、[このグループのメンバーの個人用ワークスペースを有効化] トグルを有効化します。これにより、そのグループのユーザーに対して以下の操作を有効化します。
    • 個人用ワークスペースでオートメーションを管理
    • 個人用ワークスペースでバックグラウンドの個人 (リモート) オートメーションを実行
  5. [追加] または [更新] をクリックします。グループが参照/更新されます。

個々のユーザーに対して個人オートメーションの実行を有効化する

以下で、管理者が個別のユーザー アカウントに対して個人オートメーション機能を有効化する手順を、段階を追って説明します。これはグループ メンバーシップによってアクセス権が付与される機能だけでなく、他にも何らかの機能を必要とするグループ メンバーがいる場合に推奨される方法であり、ユーザー構成に対するよりきめ細かい設定が可能になります。

  1. Orchestrator の既存のユーザーを参照するか、既存のユーザー アカウントを編集してロールを割り当てます。
  2. [個人オートメーションの設定] タブをクリックして、個人オートメーションの設定を構成します。
  3. [ユーザーによるオートメーションの実行を有効化] トグルをオンにします。これにより、ユーザーは以下の操作を実行できます。
    • ローカル マシンで UiPath Assistant を使用してオートメーションを実行
    • ユーザーが必要な権限を持つフォルダーで、バックグラウンドの個人 (リモート) オートメーションを実行
    • UiPath Studio (デスクトップと Web の両方) で実行してデバッグ
    注意:

    この設定は、ユーザーのプロビジョニング時に適用されます。それ以降は、異なるルールが適用されているグループにユーザーが追加されても、設定は自動的に変更されず、トグルは手動でのみ切り替えることができます。

  4. [設定] セクションで、[このユーザーの個人用ワークスペースを有効化] トグルをオンにします。これにより、ユーザーは以下の操作を実行できます。
    • 個人用ワークスペースでオートメーションを管理
    • 個人用ワークスペースでバックグラウンドの個人 (リモート) オートメーションを実行
  5. [追加] または [更新] をクリックします。ユーザー アカウントが作成/更新されます。


Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.