Orchestrator
v2023.4
Credential Stores - Standalone 2023.4
Banner background image
ロゴ
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

資格情報ストア

資格情報ストアとは、Secure Store 内の名前付きの場所です (CyberArk など)。資格情報ストアでは、ロボットの資格情報や資格情報のアセットなどの機密データを、必要なときに保存・取得できます。Orchestrator は、テナント レベルで複数の資格証明ストアの使用をサポートしており、Azure Key VaultCyberArk CCPHashiCorp VaultThycotic Secret ServerBeyondTrustAWS Secrets Manager、および CyberArk の組み込みサポートを提供しています。また、必要に応じてサードパーティの Secure Store を追加・管理するために必要なアーキテクチャを提供しています。

[資格情報] ページは [ストア][プロキシ] の 2 つのビューに分かれています。

  • [ストア] ページでは、新しいストアを作成したり、既存のストアとそのプロパティを表示したり、現在の資格情報ストアを削除したりできます。ただし、ネイティブの Orchestrator Database ストアは自動的に作成され、常にこのリストの最初に表示されて、すべての新しいテナントの既定のストアになります。
  • [プロキシ] ページでは、自身のカスタム資格情報ストア用に新しいプロキシを作成したり、既存のプロキシのリストを表示したり、リストを編集・削除したりできます。

    注: Orchestrator 管理者は、テナントに対して資格情報ストア機能を有効化する必要があります。詳細についてはこちらをご覧ください。

資格情報ストア プラグイン

サポートが組み込まれた Secure Store 以外にも、Orchestrator アーキテクチャは、サード パーティ プラグインのロード機能やカスタム プラグインの開発機能をサポートしており、必要な資格情報ストアを使用できます。

他社製プラグインのロード

  1. Orchestrator インストール ディレクトリにある \Orchestrator\Plugins フォルダーに移動します。
  2. プラグインの .dll ファイルをこのフォルダーに保存します。
  3. ここで説明しているように、このプラグインで UiPath.Orchestrator.dll.config ファイルを更新します。
  4. Orchestrator インスタンスを再起動し、ログを確認して、プラグインが正常にロードされたことを確認します。
  5. 新規資格証明ストアを作成するときに新しい資格証明ストアが利用可能になります。

プラグインの開発

Development documentation for creating your own secure store plugins is available in the UiPath repository.

また、開発を支援する 3 つのサンプルがあります。

  • RandomPass - ランダムなパスワードを生成する読み取り専用ストアです。
  • SQLPass - Orchestrator データベース以外の外部 SQL データベースを使用する読み取り/書き込みストアです。
  • Key Vault - Orchestrator インスタンスで使用できる完全に機能する Key Vault プラグイン
  • 資格情報ストア プラグイン
  • 他社製プラグインのロード
  • プラグインの開発
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.