Orchestrator
v2023.4
ライブラリについて - スタンドアロン 2023.4
Banner background image
ロゴ
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

ライブラリについて

ライブラリは、明確に定義されたビジネス機能を備えた、アクティビティを体系化し、それらのアクティビティを共有したり再利用したりできるようにするためのものです。このアプローチの詳細については、『UiPath Studio ガイド』の「ライブラリについて」のページをご覧ください。

Orchestrator では、[ライブラリ] ページからライブラリを一元的に管理できます (テナント > [パッケージ] > [ライブラリ] タブ)。このライブラリはテナント間で共有され、適切な権限を持つすべてのユーザーが使用できます。

[ライブラリ] ページでは、UiPath Studio からパブリッシュされたすべてのライブラリのバージョン、および手動でアップロードされたライブラリのバージョンの表示と削除を行えます。ここでは、各パッケージのバージョンと各バージョンのリリース ノート (ある場合) を確認することもできます (バージョン間の変更を容易に追跡できるようにするために、Studio に追加されることになっています)。

ライブラリ フィード

フィードとは、パッケージを使用可否や分離の制御を目的として保存およびグループ化できるようにする、パッケージのストリームです。

注:

v3 の NuGet フィード URL を使用すると、パッケージの表示に関するいくつかの問題が発生します。

  • パッケージのパブリッシュの日付が不正確になります。
  • MyGet フィードのパッケージの合計数が、実際にフィードにアップロードされたパッケージ数よりも大幅に多く表示されます。

テナント フィード

ライブラリがテナント レベルで隔離されるため、データはテナント間で分離されます。Studio からパブリッシュしたライブラリも、ユーザーが手動でアップロードしたライブラリも、選択したフィードに格納されます。

フィードの設定とセキュリティは、テナントの設定 > [デプロイ] タブで設定できます。テナント レベルでも Orchestrator ホスト ポータルからでも操作できます。ここでの設定は、テナント フィードにのみ影響します。フォルダー フィードと個人用ワークスペース フィードは常に内部フィードであり、各フォルダーまたは個人用ワークスペースのコンテキストでのみ使用できます。

ホスト フィード

ホスト フィードには、複数のテナントで利用可能な UiPath の公式ライブラリがすべて含まれています。

アクティビティ フィードの詳細については、こちらをご覧ください。

カスタム フィード

カスタム NuGet フィードまたはローカル フォルダーです。

ホスト フィードには、複数のテナントで利用可能な UiPath の公式ライブラリがすべて含まれています。このフィードに独自のライブラリをパブリッシュして、テナント間で共有することも可能です。

ホスト フィードへのライブラリのアップロードを許可するには、テナントの [設定] ページを使用します。フィードの選択および設定方法の詳細は、ライブラリのデプロイ設定に関するページをご覧ください。テナントでは既定でホスト フィードが使用されます。そのため、明示的に何らかの指定をしないかぎり、ホスト フィードが使用されます。

ライブラリの権限

[ライブラリ] ページでさまざまな操作を実行できるようにするためには、ライブラリに対する必要な権限を持つ必要があります。

  • 表示 - ライブラリをダウンロードし、それに関連する詳細情報を表示します。
  • 作成 - ライブラリをアップロードします。

  • ライブラリ フィード
  • テナント フィード
  • ホスト フィード
  • カスタム フィード
  • ライブラリの権限
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.