Orchestrator
v2023.4
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

ロボットのステータス

ライセンスのステータス

Attended ロボットに対してのみ表示されます。下図のスクリーンショットのように、[種類] 列のライセンスの種類の前に表示されます。次のオプションを使用できます。

  • 緑色のアイコン - ライセンス済み。アイコン上でホバーすると、ライセンスを取得した正確な日時が表示されます。
  • 赤色のアイコン - ライセンスなし。



UiPath Robot サービスが停止している場合は、何も表示されません。

接続のステータス

次のオプションを使用できます。

  • docs image 使用可能 - ロボットがプロセスを実行しておらず、自由に使用できる状態です。
  • docs image 実行中 - ロボットがプロセスを実行中です。ビジー状態のロボットのユーザー名、マシン、およびライセンスの種類は編集できません
  • docs image応答なし - UiPath Robot と Orchestrator が 2 分間通信していない状態です。この値は web.configScalability.Heartbeat.FailureThreshold パラメーターで設定できます。
  • docs image 切断 - UiPath Robot サービスが実行されていない状態です。

[管理] メニューの [ロボット] ページに表示される接続ステータスは、ロボットが直近のハートビートを通じて通信したときに認識された最後のステータスです。このフィールド上でホバーすると、直近のハートビートの日付と時刻が表示されます。

Attended 標準ロボットは、トレイを終了している場合 [接続済み、ライセンスなし] と表示されます。これは、UiPath Robot サービスがまだ実行中であるためです。そうしたロボットを切断するには、サービスを停止する必要があります。それ以外のロボットについては、トレイから UiPath Robot を切断すると、対応するロボットも Orchestrator で切断済みと表示されます。

  • ライセンスのステータス
  • 接続のステータス

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.