Orchestrator
v2023.4
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

ロボット


docs image

全般ビュー

すべての既存 Robot の情報を集約ベースで表示し、システム内の Robot の全般的な健全性をチェックします。このページでは、データをロボット グループごとまたは Robot の種類ごとに絞り込むことができます。エラー発生時の迅速な対応に役立ちます。また、表示するデータの粒度も制御できます。時間内での Robot のパフォーマンスについてより正確な情報を把握できます。

フィルター

  • ロボット グループ - データをロボット グループ別に絞り込むことができます。
  • 間隔 - データの粒度を制御できます。過去 1 時間または過去 1 日 (過去 24 時間) におけるロボットのアクティビティを表示します。
  • ロボットの種類 - データをロボットの種類で絞り込むことができます。使用可能なオプションは、AttendedUnattendedStudioStudioXNonProduction です。

    注: フィルターを適用すると、専用セクションで特に指定しない限り、すべてのウィジェットに影響を与えます。

ロボットの概要

Robot のステータスを詳細に確認できます。システム全体に影響を与えるような問題が Robot に発生していないかを確認できます。

各色ブロックは、インスタンスの特定の Robot を表します。ブロックにカーソルを置くと、対応する Robot の名前が表示されます。

Robot 名は、ウィジェット名の後に丸括弧で表示されます。ステータスが変化すると、チャートが更新され、色も変化します。

さまざまなシナリオは、次のように色付きのブロックとツールチップで表されます。

ツールチップ

利用可能

ジョブを実行中です

オレンジ

切断されました。保留中のジョブは実行待ちになっています

ライセンスが取得されていません

マシンランタイムは現在無効化されています

灰色

保留中のジョブなしで切断されました

応答なし



ブロックをクリックすると、対応する詳細ビューのページが表示されます。ページの左上の矢印をクリックすると、全般ビューに戻ります。



間隔で絞り込みを行っても、このウィジェットには影響を与えません。

ロボットステータス

Robot のステータスに関する正確な数値を表示できます。システム全体に影響を与えるような問題が Robot に発生していないかを確認できます。たとえば、通常よりも切断されている Robot が多い場合を考えます。

Robot のステータスは、次のように色とツールチップで表されます。

ツールチップ

利用可能

ビジー

灰色

切断

応答なし

チャートの中央部分の数値は、チャートに示されている Robot の合計数を表します。それぞれのスライス上の数値は、その特定のステータスにある Robot の数を表します。Robot のステータスが変化すると、チャートも更新されます。チャートの下にあるラベルをクリックすれば、ステータスで絞り込むことができます。



間隔で絞り込みを行っても、このウィジェットには影響を与えません。

ランタイムの概要

Unattended および NonProduction ロボットのランタイム割り当てと使用状況を表示できます。同時実行中の無人ジョブの数、およびランタイムが使用されている (マシンに割り当てられている) かどうかを確認できます。

ランタイムのステータスは、次のとおり色付きのブロックで表示されます。

ツールチップ

割り当て済み

使用中

灰色

未使用

チャートの中央部分の数値は、チャートに示されている Unattended と NonProduction ランタイムの合計数を表します。それぞれのスライス上の数値は、その特定のステータスにあるランタイムの数を表します。[ライセンス] ページのランタイム割り当てが変化すると、チャートも更新されます。チャートの下にあるラベルをクリックすれば、ステータスで絞り込むことができます。



間隔で絞り込みを行っても、このウィジェットには影響を与えません。

マシンごとのランタイム

マシンごとのランタイムの割り当てを表示して、マシンに割り当てるランタイムを増やすべきかどうかを評価できます。同様に、マシンに割り当てたランタイムが多すぎるかどうかも確認できます。

割り当てるランタイムを増やしたり、ライセンス済み Robot でジョブを開始したりすると、表内のデータが更新されます。

フィールド

説明

マシン

マシンの名前。列名の右側にある矢印をクリックします。

  • 1 回クリックすると、データは名前のアルファベット昇順に並べ替えられます。
  • 2 回クリックすると、データは名前のアルファベット降順に並べ替えられます。

合計

該当するマシンに割り当てられているランタイムの合計数です。列名の右側にある矢印をクリックします。

  • 1 回クリックすると、データは、ランタイムの合計数の昇順に並べ替えられます。
  • 2 回クリックすると、データは、ランタイムの合計数の降順に並べ替えられます。

使用中

該当するマシンで現在使用中のランタイムの数です。このウィジェットのエントリは、実行中のランタイムの数の降順に並んでいます (存在する場合)。列名の左側にある矢印をクリックすると、データは昇順に並べ替えられます。

検索

マシン名で検索することができます。

このウィジェットのページごとに最大 5 つのエントリが表示されます。



間隔で絞り込みを行っても、このウィジェットには影響を与えません。

ロボットの詳細

各 Robot およびその進行中の実行に関する情報を表示できます。Robot が新しいジョブの実行を開始すると、それに伴って対応する情報が更新されます。それに従って、ステータス、実行されているプロセスの名前、キューの名前 (存在する場合) が更新されます。Robot 名は、ウィジェット名の後に丸括弧で表示されます。

フィールド

説明

名前

Robot の名前。列名の右側にある矢印をクリックします。

  • 1 回クリックすると、データは名前のアルファベット昇順に並べ替えられます。
  • 2 回クリックすると、データは名前のアルファベット降順に並べ替えられます。

環境 (ロボット グループ)

属しているロボット グループの名前です。

入力

Robot の種類。列名の右側にある矢印をクリックします。

  • 1 回クリックすると、データは種類のアルファベット昇順に並べ替えられます。
  • 2 回クリックすると、データは種類のアルファベット降順に並べ替えられます。

AttendedUnattendedDevelopmentNonProduction のいずれかの値を設定できます。

マシン

マシンの名前です。

Status

ロボットのステータスです。

現在のプロセス

実行されているプロセスの名前です (存在する場合)。

キュー

実行時に処理中であるアイテムを含むキューの名前です (存在する場合)。キューにアイテム追加しても、キューはここに表示されませんのでご注意ください。

検索

ロボットまたはマシン名で検索することができます。



個別ビュー

全般ビューでユーザーが選択した 1 台のロボットに関する情報を [ロボットの概要] ウィジェットに表示します。このビューの各ウィジェットには、[ロボット] ページに表示されているのと全く同じ情報が表示されます。そのページでプロパティを変更すると、それに伴ってここに表示される情報も自動的に更新されます。

フィルター

間隔 - データの粒度を制御できます。過去 1 時間または過去 1 日 (過去 24 時間) におけるロボットのアクティビティを表示します。

ヘッダーの詳細

ロボットの名前がページの左上に表示されます。



ロボット名と [間隔] フィルターのすぐ右下に、選択したロボットに関して次の情報が表示されます。

  • 種類 - ロボットの種類です。
  • ユーザー名 - ロボットを Orchestrator に接続する際に使用したユーザー名です。
  • マシン - UiPath Robot がインストールされているマシンの名前です。
  • 実行中のプロセス - 実行されているプロセスの名前です。

現在のジョブ: [ジョブ名]

実行されたプロセスがある場合はその名前と、関連するジョブに関する詳細を表示します。その情報とは、ジョブの実行が開始した時間と、そのおおよその完了時間です。進行中のジョブがない場合、ウィジェットに情報は読み込まれません。推定完了時間は、そのジョブの過去の実行に基づいて計算されます (存在する場合)。ジョブが最初に実行された場合、代わりにダッシュが表示されます。実行が終了すると、ウィジェットは情報が読み込まれていない元のステートに戻ります。



間隔で絞り込みを行っても、このウィジェットには影響を与えません。

エラー フィード

選択したロボットで発生したエラーのリストを表示できます。エラーは、発生日時の新しいものから古いものの順に表示されます。常に、フィードの最上部に最新のエラーが表示されます。ウィジェット名の後に丸括弧で表示されるエラーの合計数はフィード内の位置とエラーの合計数に従って表示されます。フィードに 453 のエラーがあるとすると、次の動作が発生します。

フィード内の位置

表示値

0 から 99

99+

100 から 199

199+

200 から 299

299+

300 から 399

399+

400 超

フィードのエラーの合計数。この特定の例では 453 です。

フィードの最後に到達すると、位置に関係なくエラーの合計数が表示されます。

確認済みのエラーは、無視することができます。ただし、複数のユーザーが同時にフィードをチェックしている可能性があるため、[無視] ボタンは慎重に使用してください。無視されたエラーも、エラー カウンターのカウントに含まれます。エラーが無視されると、その操作を行ったユーザーの名前がツールチップで横に表示されます。エラーを無視するには、[監視] で [編集] 権限を持っていなければなりません。

フィールド

説明

Time

エラーが発生した日付と時刻です。

エラー メッセージ

実際のエラー メッセージです。

無視されていないメッセージは太字で表示されます。

無視されたメッセージは太字で表示されます。

無視

特定のエラー メッセージを無視することができます。[無視] ボタンをクリックすると、テキストから太字の書式を削除します。

無視されたエラーも、エラー カウンターのカウントに含まれます。エラーが無視されると、その操作を行ったユーザーの名前が横に表示されます。エラーを無視するには、[監視] で [編集] 権限を持っていなければなりません。

コピー

エラー メッセージのテキストをクリップボードにコピーできます。



ジョブの概要

選択した Robot で終了したジョブの正確な数と、その終了ステータスを表示できます。Robot でのジョブ実行の成功率を評価できます。未完了のジョブは考慮されません。

ジョブのステータスは、次のとおり色別で表示されます。

ツールチップ

成功

エラー

停止

チャートの中央部分の数値は、チャートに示されているジョブの合計数を表します。それぞれのスライス上の数値は、その特定のステータスにあるジョブの数を表します。チャートの下にあるラベルをクリックすれば、ステータスで絞り込むことができます。



トランザクションの概要

選択したロボットが処理したキュー アイテムの正確な数と、その最終ステータスです。発生した例外に関する指標が表示されるため、キュー アイテムが失敗したかどうかを確認できます。

トランザクションのステータスは、次のとおり色別で表示されます。

ツールチップ

成功

オレンジ

ビジネス例外

アプリケーション例外

チャートの中央部分の数値は、このウィジェットに示されているトランザクションの合計数を表します。アイテムが正常に処理されると、それに伴ってチャートがリアルタイムで更新されます。影響を受けるキューが削除された場合でも、アイテムは考慮されます。チャートの下にあるラベルをクリックすれば、ステータスで絞り込むことができます。



Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.