Orchestrator
v2023.4
Orchestrator ユーザー ガイド
Last updated 2024年6月6日

Robot を Orchestrator に接続する

ロボットは、Orchestrator で通常は管理者により設定されたロボットの認証設定に基づき、さまざまな方法で Orchestrator に接続できます。ロボットの認証設定を把握していない場合は、正しい方法でロボットを接続できるように、Orchestrator 管理者に詳細の提供を依頼してください。

認証設定の内容

ロボットの認証設定は、[テナント] > [設定][ロボットのセキュリティ] タブで表示および構成できます。この操作は通常、管理者が行います。正しい方法でロボットを接続できるように、Orchestrator 管理者が詳細情報を提供する必要があります。

ロボットの認証について詳しくは、こちらをご覧ください。

Attended ロボットを Orchestrator に接続する

対話型サインイン

自身の資格情報でサインインして、ロボットを Orchestrator に接続します。これにより、ロボットに Orchestrator のリソースへのアクセス権が付与され、ユーザーに Studio や Assistant などの製品を操作する権限が付与されます。

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [サービス URL] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. [サービス URL] フィールドに、接続する Orchestrator インスタンスの URL を入力します。
  5. [サインイン] をクリックします。 Orchestrator インスタンスの [ログイン] ページに移動します。
  6. 通常どおりにログインします。
  7. ユーザー情報が確認されると、Assistant に、ユーザーがアクセス権を持つ Orchestrator フォルダー内のプロセスが設定されます。



    注: 対話型サインインを使用するときに、Orchestrator でマシン オブジェクトを作成する必要はありません。
    重要: 対話型サインインは、クラシック フォルダーのコンテキストではサポートされません。

Assistant でクライアント資格情報を使用する

クライアント資格情報を使用して Unattended ロボットを Orchestrator に接続します。Orchestrator 内のマシン テンプレート オブジェクトによって、クライアント ID とクライアント シークレットのペアが生成されます。

クライアント資格情報を使用してロボットを接続するには 2 通りの方法があります。Assistant を使用する方法と、コマンドラインを使用する方法です。

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [クライアント ID] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. [Orchestrator URL] フィールドに、Orchestrator の Web アドレスを入力します。例: https://myOrchestrator.uipath.com/.
  5. [クライアント ID] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたクライアント ID を入力します。
  6. [クライアント シークレット] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたクライアント シークレットを入力します。
  7. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。


コマンド ラインでクライアント資格情報を使用する

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. ロボットがインストールされているディレクトリに移動します。例:
    cd C:\Program Files\UiPath\Studiocd C:\Program Files\UiPath\Studio
  3. --connect--url--clientID、および --clientSecret コマンドライン引数を使用してロボットを接続し、Orchestrator URL、クライアント ID、およびクライアント シークレットを渡します。例:
    UiRobot.exe --connect --url <OrchestratorURL> --clientID <clientID> --clientSecret <clientSecret>UiRobot.exe --connect --url <OrchestratorURL> --clientID <clientID> --clientSecret <clientSecret>
    注: PowerShell を使用する場合は、"" を使用してクライアント シークレット内の $ 文字をエスケープする必要があります。たとえば、Bepx8O3XqSHrt$ZU などのクライアント シークレットを "Bepx8O3XqSHrt""$""ZU" として渡す必要があります。

Unattended ロボットを Orchestrator に接続する

無人オートメーションでは、ホスト マシンは Unattended モードで接続され、ライセンスされるため、プロセス実行の規定の方法は Orchestrator になります。マシンを有人モードで (Assistant を開いて) 使用する場合、対話型サインインが強制されているとサインインが必要です。そうしないと、Assistant でプロセスが表示されず、ロボットは「接続済み、ライセンスなし」として表示されます。

Assistant でクライアント資格情報を使用する

クライアント資格情報を使用して Unattended ロボットを Orchestrator に接続します。Orchestrator 内のマシン テンプレート オブジェクトによって、クライアント ID とクライアント シークレットのペアが生成されます。

クライアント資格情報を使用してロボットを接続するには 2 通りの方法があります。Assistant を使用する方法と、コマンドラインを使用する方法です。

  1. Assistant を開きます。
  2. [設定] メニューで [Orchestrator の設定] をクリックします。[Orchestrator の構成] ウィンドウが表示されます。
  3. [接続の種類] フィールドで [クライアント ID] を選択します。ウィンドウのコンテンツは、選択された内容に従って調整されます。
  4. [Orchestrator URL] フィールドに、Orchestrator の Web アドレスを入力します。例: https://myOrchestrator.uipath.com/.
  5. [クライアント ID] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたクライアント ID を入力します。
  6. [クライアント シークレット] フィールドに、Orchestrator 内のマシン オブジェクトによって生成されたクライアント シークレットを入力します。
  7. [接続] をクリックします。これで、ロボットが Orchestrator に接続されます。


コマンド ラインでクライアント資格情報を使用する

  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. ロボットがインストールされているディレクトリに移動します。例:
    cd C:\Program Files\UiPath\Studiocd C:\Program Files\UiPath\Studio
  3. --connect--url--clientID、および --clientSecret コマンドライン引数を使用してロボットを接続し、Orchestrator URL、クライアント ID、およびクライアント シークレットを渡します。例:
    UiRobot.exe --connect --url <OrchestratorURL> --clientID <clientID> --clientSecret <clientSecret>UiRobot.exe --connect --url <OrchestratorURL> --clientID <clientID> --clientSecret <clientSecret>
    注: PowerShell を使用する場合は、"" を使用してクライアント シークレット内の $ 文字をエスケープする必要があります。たとえば、Bepx8O3XqSHrt$ZU などのクライアント シークレットを "Bepx8O3XqSHrt""$""ZU" として渡す必要があります。

Mac 用の既定の Orchestrator URL を更新する

Mac で Assistant を使用する際の既定の Orchestrator URL サービスを更新するには、store.json (/Applications/UiPath Assistant.app/Contents/Robot/uipath.config~/Library/Application Support/UiPath/store.json) から変更します。

"MAIN_WINDOW_SERVICE_LOGIN_DETAILS": {
        "nextServiceUrl": "https://cloud.uipath.com",
        "defaultServiceUrl": "https://cloud.uipath.com"
    }"MAIN_WINDOW_SERVICE_LOGIN_DETAILS": {
        "nextServiceUrl": "https://cloud.uipath.com",
        "defaultServiceUrl": "https://cloud.uipath.com"
    }

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.