Orchestrator
v2023.4
Machines - Standalone 2023.4
Banner background image
ロゴ
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2023年12月6日

マシン

全般ビュー

すべての既存のランタイムの情報が集約ベースで表示されます。各ランタイムの全般的な健全性をチェックできます。ワークステーションのパフォーマンスの概要を知りたい場合は、ホスト マシンごとにランタイムをグループ化できます。

[サブフォルダーを含む] チェックボックスを使用すると、すべてのサブフォルダーの内容を含めるかどうかを選択できます。

[マシンごとにグループ化] により、接続されたホスト マシンごとにランタイムをグループ化するかどうかを切り替えることができます。

マシン (グループ化が有効な場合)

[マシンごとにグループ化] が有効な場合

Orchestrator に接続された各ワークステーションについて、1 つのマシン テンプレートにあるすべてのランタイムが 1 つのエントリとしてグループ化されます。個々のブロックは、それぞれがそうしたホスト マシンを表しています。各ブロック上でホバーすると、そのワークステーションの概要が表示されます。



フィールド

説明

1

ホスト マシンの名前とステータス。ホスト マシンのステータスの内訳は以下をご覧ください。

2

ワークステーションを Orchestrator に接続するのに使用されたマシン テンプレートの名前。

3

マシンのステータス。詳しくは下の表のとおりです。

4、5、6

各ランタイムの種類、それらのライセンスのステータス、各種類のランタイムの総数、使用可能なランタイムの総数。

ホスト マシンのステータス

意味

応答なし

ワークステーションが応答していません。

オレンジ

ライセンスなし

このワークステーションについては、関連するテンプレートに割り当てられたランタイムのいずれに対しても、テナントに使用可能なライセンスがありません。

テナント レベル: 4 つの Unattended ランタイムを購入済み。

マシン テンプレート: 2 つの Unattended ランタイムを割り当て済み。

そのマシン テンプレートを使用して 3 台のワークステーションを Orchestrator に接続。

必要なライセンス: 3 x 2 = 6

テナント レベルではライセンスが 4 つしかありません。そのため、2 台のワークステーションは完全にライセンスが付与されていますが、1 台にはライセンスがありません。

一部ライセンス済み

このワークステーションについては、テンプレートに関連付けられたランタイムの一部しかテナント上で使用できません。

テナント レベル: 3 つの Unattended ランタイムを購入済み。

マシン テンプレート: 2 つの Unattended ランタイムを割り当て済み。

そのマシン テンプレートを使用して 2 台のワークステーションを Orchestrator に接続。

必要なライセンス: 2 x 2 = 4

テナント レベルでライセンスが 3 つしかないため、1 台のワークステーションは完全にライセンスが付与されますが、1 台には一部のライセンスしか付与されません。

利用可能

使用可能なランタイムのうち、ジョブの実行に使用されているものは 1 つもありません。

シアン

一部使用

使用可能なすべてのランタイムのうち、一部のみが使用されています。

マシン テンプレートに 2 つの Unattended ランタイムが割り当てられており、そのテンプレートを使用して 1 台のホスト マシンを Orchestrator に接続しているとします。

無人ジョブを 1 つ実行すると Unattended ランタイムが 1 つ使用されます。したがって、このワークステーションは一部使用済みとして表示されます。

すべて使用

すべてのランタイムが使用されています。

マシン テンプレートに 2 つの Unattended ランタイムが割り当てられており、そのテンプレートを使用して 1 台のホスト マシンを Orchestrator に接続しているとします。

無人ジョブを 2 つ実行すると Unattended ランタイムが 2 つ使用されます。したがって、このワークステーションは全部使用済みとして表示されます。

ランタイム (グループ化が無効な場合)

[マシンごとにグループ化] が無効な場合

ランタイムは個別に表示されます。各種ステータスは、各ランタイムの健全性を表しています。各ランタイムは、色つきのブロックとして表示されます。各ブロック上でホバーすると、そのランタイムの概要が表示されます。



1

ワークステーションの名前。

2

ワークステーションを Orchestrator に接続するのに使用されたマシン テンプレートの名前 - 括弧内に表示されます。

3

ランタイムの種類。

4

ランタイムのステータス - 詳しくは下の表のとおりです。

ランタイムのステータス

意味

応答なし

そのランタイムに関連付けられたホスト マシンが応答していません。応答のないワークステーションに複数のランタイムが関連付けられている場合、それらすべてが応答なしとして表示されます。

マシン テンプレートに 3 つの NonProduction ランタイムが割り当てられており、そのテンプレートを使用して 1 台のワークステーションを Orchestrator に接続しているとします。そのワークステーションの応答がなくなると、これら 3 つのランタイムがすべて応答なしとして表示されます。

オレンジ

ライセンスなし

そのランタイムに対して使用可能なライセンスがテナント レベルに存在しません。

利用可能

ランタイムは実行のために使用できます。

使用中

ジョブの実行中にランタイムが使用されています。

マシン

ホスト マシンおよびマシン テンプレートごとのランタイムの割り当てを表示して、マシンに割り当てるランタイムを増やすべきかどうかを評価できます。同様に、マシンに割り当てたランタイムが多すぎるかどうかも確認できます。

割り当てるランタイムを増やしたり、マシンでジョブを開始したりすると、テーブル内のデータが更新されます。

フィールド

説明

接続済みのマシン

ホスト マシンの名前です。

マシン

対応するホスト マシン上の Robot を Orchestrator に接続するときに使用されたキーを持つテンプレートの名前。

入力

そのマシン テンプレートに関連するランタイムの種類。同じマシン テンプレート上に複数の種類が存在する場合は、それぞれについて項目が作成されます。

Status

各ランタイムのステータス。色付きのアイコンとその説明が表示されます。詳しくは、前のセクションをご覧ください。

ランタイム

各種類のランタイムの数。

使用中

現在使用されているランタイムの数。ランタイムが使用されるのは、ジョブの実行中のみです。

直近のハートビート

最後のハートビートから経過した時間です。このフィールドにカーソルを合わせると、最後のハートビートの正確な時刻が表示されます。

検索

ホスト マシン名またはテンプレート名で検索できます。

列の表示/非表示を切り替えます。既定では、すべての列が表示されます。列に対応するチェック ボックスをオンまたはオフにすることで、その列の表示または非表示を設定できます。

[表示する列] ドロップダウンの [リセット] をクリックすると、既定の設定に戻り、すべての列が有効化されて表示されます。

ランタイムのステータス

応答なし、ライセンスなし、使用可能、使用中のランタイムの比率を円グラフで表示します。

意味

応答なし

そのランタイムに関連付けられたホスト マシンが応答していません。応答のないワークステーションに複数のランタイムが関連付けられている場合、それらすべてが応答なしとして表示されます。

マシン テンプレートに 3 つの NonProduction ランタイムが割り当てられており、そのテンプレートを使用して 1 台のワークステーションを Orchestrator に接続しているとします。そのワークステーションの応答がなくなると、これら 3 つのランタイムがすべて応答なしとして表示されます。

オレンジ

ライセンスなし

そのランタイムに対して使用可能なライセンスがテナント レベルに存在しません。

利用可能

ランタイムは実行のために使用できます。

使用中

ジョブの実行中にランタイムが使用されています。

個別ビュー

全般ビューでユーザーが選択した 1 台のロボットに関する情報を [ロボットの概要] ウィジェットに表示します。このビューの各ウィジェットには、[ロボット] ページに表示されているのと全く同じ情報が表示されます。そのページでプロパティを変更すると、それに伴ってここに表示される情報も自動的に更新されます。

フィルター

間隔 - データの粒度を制御できます。過去 1 時間または過去 1 日 (過去 24 時間) におけるロボットのアクティビティを表示します。

ヘッダーの詳細

ロボットの名前がページの左上に表示されます。



ロボット名と [間隔] フィルターのすぐ右下に、選択したロボットに関して次の情報が表示されます。

  • 種類 - ロボットの種類です。
  • ユーザー名 - ロボットを Orchestrator に接続する際に使用したユーザー名です。
  • マシン - UiPath Robot がインストールされているマシンの名前です。
  • 実行中のプロセス - 実行されているプロセスの名前です。

現在のジョブ: [ジョブ名]

実行されたプロセスがある場合はその名前と、関連するジョブに関する詳細を表示します。その情報とは、ジョブの実行が開始した時間と、そのおおよその完了時間です。進行中のジョブがない場合、ウィジェットに情報は読み込まれません。推定完了時間は、そのジョブの過去の実行に基づいて計算されます (存在する場合)。ジョブが最初に実行された場合、代わりにダッシュが表示されます。実行が終了すると、ウィジェットは情報が読み込まれていない元のステートに戻ります。



間隔で絞り込みを行っても、このウィジェットには影響を与えません。

エラー フィード

選択したロボットで発生したエラーのリストを表示できます。エラーは、発生日時の新しいものから古いものの順に表示されます。常に、フィードの最上部に最新のエラーが表示されます。ウィジェット名の後に丸括弧で表示されるエラーの合計数はフィード内の位置とエラーの合計数に従って表示されます。フィードに 453 のエラーがあるとすると、次の動作が発生します。

フィード内の位置

表示値

0 から 99

99+

100 から 199

199+

200 から 299

299+

300 から 399

399+

400 超

フィードのエラーの合計数。この特定の例では 453 です。

フィードの最後に到達すると、位置に関係なくエラーの合計数が表示されます。

確認済みのエラーは、無視することができます。ただし、複数のユーザーが同時にフィードをチェックしている可能性があるため、[無視] ボタンは慎重に使用してください。無視されたエラーも、エラー カウンターのカウントに含まれます。エラーが無視されると、その操作を行ったユーザーの名前がツールチップで横に表示されます。エラーを無視するには、[監視] で [編集] 権限を持っていなければなりません。

フィールド

説明

Time

エラーが発生した日付と時刻です。

エラー メッセージ

実際のエラー メッセージです。

無視されていないメッセージは太字で表示されます。

無視されたメッセージは太字で表示されます。

無視

特定のエラー メッセージを無視することができます。[無視] ボタンをクリックすると、テキストから太字の書式を削除します。

無視されたエラーも、エラー カウンターのカウントに含まれます。エラーが無視されると、その操作を行ったユーザーの名前が横に表示されます。エラーを無視するには、[監視] で [編集] 権限を持っていなければなりません。

コピー

エラー メッセージのテキストをクリップボードにコピーできます。



ジョブの概要

選択した Robot で終了したジョブの正確な数と、その終了ステータスを表示できます。Robot でのジョブ実行の成功率を評価できます。未完了のジョブは考慮されません。

ジョブのステートは、次のとおり色別で表示されます。

ツールチップ

成功

エラー

停止

チャートの中央部分の数値は、チャートに示されているジョブの合計数を表します。それぞれのスライス上の数値は、その特定のステータスにあるジョブの数を表します。チャートの下にあるラベルをクリックすれば、ステータスで絞り込むことができます。



トランザクションの概要

選択したロボットが処理したキュー アイテムの正確な数と、その最終ステータスです。発生した例外に関する指標が表示されるため、キュー アイテムが失敗したかどうかを確認できます。

トランザクションのステータスは、次のとおり色別で表示されます。

ツールチップ

成功

オレンジ

ビジネス例外

アプリケーション例外

チャートの中央部分の数値は、このウィジェットに示されているトランザクションの合計数を表します。アイテムが正常に処理されると、それに伴ってチャートがリアルタイムで更新されます。影響を受けるキューが削除された場合でも、アイテムは考慮されます。チャートの下にあるラベルをクリックすれば、ステータスで絞り込むことができます。



Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.