Integration Service
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Integration Service ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public Sector
Last updated 2024年7月18日

2022 年 11 月

2022 年 11 月 30 日

新しいコネクタ (パブリック プレビュー)

Integration Service で以下のコネクタがパブリック プレビューとして公開されました。

  • Microsoft Vision

改良点

Slack のコネクションの作成に [トークン][クライアント ID][クライアント シークレット][スコープ] を指定するのではなく、Slack アカウントのユーザー名とパスワードのみを使用するだけでコネクションが作成できるようになりました。

2022 年 11 月 29 日

新しいコネクタ (パブリック プレビュー)

Integration Service で以下のコネクタがパブリック プレビューとして公開されました。

  • Citrix ShareFile

遅延更新組織

この機能は、Advanced Tier ライセンスを持つ企業ユーザーが利用できます。

詳細については、UiPath のセールス チームにお問い合わせください。

ユーザーの組織が遅延更新リージョンでホストされている場合、Automation Cloud とそのサービスが、上記ルールの対象となる他のエンタープライズ組織にデプロイされた少なくとも 2 週間後に、ユーザーのリージョンでも利用可能になります。

各ユーザーのホスティング リージョンの遅延更新組織で変更が利用可能になるまでの正確な日数は、全リージョンへの変更のデプロイが完了するタイミングに応じて異なり、14 日よりわずかに長くかかる可能性があります。

通常のエンタープライズ組織を実稼働前環境として更新のテストに使用し、遅延更新組織を運用環境として使用できます。エンタープライズ組織で更新内容が利用可能になってから約 2 週間後に遅延更新組織にも変更が反映されます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.