通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ユーザー インターフェイス

UiPath Studio には、特定の機能に簡単にアクセスするための複数のパネルがあります。これらはドッキングすることも、フローティング ウィンドウとして機能させることもできます。またドロップダウン リストから自動非表示オプションを有効化することもできます。

概要

14341434

No.

Name

Description

1

Ribbon Tabs

Access the three main areas of Studio:
Home - Go to the Studio Backstage View where you can open and create projects, configure Studio, and more.
Design - Build automations using the tools available in the Command Palette, and Studio panels.
Debug - Use a comprehensive set of tools to debug your workflows. For more information, see About Debugging.

2

Title Bar

Open the Command Palette.
Send Feedback.
Access Help resources.
Sign in to your account.

3

Designer Panel

Build your automation by managing the activities added to the current workflow file.

4

Command Palette

Search within your project using the available search bars:
Add activity
Universal search
Go to File
Jump to activity

5

Variables Panel

Manage variables.

6

Arguments Panel

Manage arguments.

7

Imports Panel

Manage imported namespaces.

8

Project Panel

View the contents of your current project, manage files, folders, and dependencies, and adjust project settings.

9

Activities Panel

View all available activities and add activities to your automation.

10

Snippets Panel

Use pre-built workflows and add your own reusable automations.

11

Properties Panel

View and configure the properties of a selected activity.

12

Outline Panel

View the hierarchy of the current workflow and all available nodes.

13

Resources Panel

Add resources such as assets, queues, processes, and entities from Orchestrator.

14

Object Repository Panel

Create and reuse UI taxonomies inside and across projects.

15

Output Panel

View the output of the Log message and Write Line activities, status information regarding the execution of your project, errors generated by activities packages, and more.

16

Error List Panel

View all the errors generated when running the Workflow Analyzer.

17

Find References Panel

View all the places where an element is referenced in your project.

18

Breakpoints Panel

Manage breakpoints added to the project.

19

Status Bar

View status information and manage the Orchestrator connection and source control integration.

リボン

リボン タブ

リボンは非常にシンプルな機能です。[最小化] / [展開] ボタン minimize_expandminimize_expand をクリックすることで、最小化や展開が可能です。次の 3 つのタブで構成されています。

  • Home - create and open projects, configure Studio, or access help and license information from the Studio Backstage View.
  • Design - add sequences, flowcharts and state machines to your project, install and manage activities packages, build interactions with UI elements, export workflows to Excel, and then publish your work to Orchestrator or custom feeds. Keep in mind that wizards and UI Explorer aren't visible in the Ribbon unless you install the UiPath.UIAutomation.Activities package.
11781178
  • デバッグ - ワークフローをデバッグします。また、デバッグツールを使用してブレークポイントを設定し、アクティビティの実行をステップごとに監視し、デバッグの速度を調整します。ログを開くと、プロジェクトの実行や変更の詳細を確認できます。デバッグの詳細は、「デバッグについて」をご覧ください。
11251125

📘

注:

オートメーション プロジェクトの実行中に作成されたものではないファイルは、Orchestrator へのパブリッシュ時に読み取り専用になります。業務プロセスにおいて将来的に特定のファイルへの書き込みが必要となる場合は、プロジェクトの実行中にファイルを作成するようにしてください。

タイトル バー

フィードバックを送る

Studio 内から直接送信できるフィードバックには、[製品に関する提案を提出] または [バグを報告] の 2 種類があります。この機能にアクセスするには、リボンの send_feedbacksend_feedback アイコンをクリックします。

フィードバックを送る機能は、製品チームに匿名のフィードバックを送信するときだけに使用します。テクニカル サポート チームへの問い合わせには、テクニカル サポートへのお問い合わせフォームを使用してください。

688688

次の情報を入力して [送信] をクリックします。

  • [目的] ドロップダウン メニューから、[製品に関する提案を提出] または [バグを報告] を選択します。
  • [対象] ドロップダウン メニューから、[UiPath Activities][UiPath Studio][UiPath Robot][UiPath Orchestrator]、または [UiPath Assistant] のいずれかを選択します。
  • [内容の重要度] ドロップダウン メニューで [低][高][重大] のいずれかを選択します。
  • [件名] フィールドに短いタイトルを入力します。
  • 詳細な説明を追加し、最大 6 個の画像、ビデオ、またはテキスト ファイルを添付します。それぞれのサイズは 10MB 未満です。フィードバックを送信するためのしきい値は、5 分で 3 つの投稿です。

ヘルプ

Click the Help icon to quickly access the resources that are also available in the Help tab in Backstage View, as illustrated below:

226226

アカウントにサインインする

If you installed Studio using the UiPathStudio.msi installer with the Robot in user mode or you are using the Community Edition of Studio, you can connect Studio and the Assistant to Orchestrator by signing in to your UiPath account:

  1. Studio ウィンドウの右上隅にある sign_in_iconsign_in_icon をクリックし、続けて [サインイン] をクリックします。サインインに関する詳細は、こちらをご覧ください。
994994
  1. Web ブラウザーで新しいページが開きます。サインインの手順を実行し、Web ブラウザーに表示される指示に従い、[UiPath を開く] をクリックして Studio に戻ります。

サインインすると、自分のイニシャルの付いたアイコンが Studio ウィンドウの右上隅に表示されます。Studio と Assistant の両方からサインアウトし Orchestrator への接続を切断するには、そのアイコンをクリックして [サインアウト] を選択します。

マシン キーを使用した Orchestrator への接続

If you installed Studio using the UiPathStudio.msi installer with the Robot registered as a Windows service, you can only connect to Orchestrator with your machine key:

  1. sign_in_iconsign_in_icon をクリックし、次に [接続] をクリックします。
  2. Orchestrator URLマシン キーを入力して、[続行] をクリックします。
    • ローカル ライセンス キーを使用してアクティベーションする場合は、[ライセンス コードを使用] をクリックします。

📘

注:

マシン キーを使用して Orchestrator に接続するオプションは、お使いのマシンの管理者である場合にのみ使用できます。

991991

Orchestrator に接続する際に発生する一般的なエラー

下表は、サインインして、またはマシン キーを使用して Orchestrator に接続しようとした時に発生する可能性のあるエラーの一覧です。エラーの原因と解決策もあわせて記載しています。

Error

Cause

Solution

Interactive sign-in is not enabled for this tenant. Enable it from Orchestrator settings, or connect using the machine key

You are trying to sign in to your account but user authentication is not enabled from Orchestrator.

Do one of the following:

  • In Orchestrator, go to Tenant > Settings > Security, and then select Allow both user authentication and robot key authentication.
  • Click Use Machine Key to connect to Orchestrator using your machine key.

Unauthorized

No attended Robot is allocated to your user.

In Orchestrator, go to Tenant > Users and edit the current user. In the Attended Robot tab, select Automatically create an attended robot for this user and select a License Type.

The remote name could not be resolved: Orchestrator_URL

Connection to Orchestrator could not be established.

Make sure your Internet connection is working.

Backstage ビュー

Studio を開いた時に最初に表示されるビューです。このビューには、ウィンドウの左上隅の [ホーム] をクリックして移動することもできます。ここからプロジェクトを作成して開いたり、Studio を構成したり、ヘルプやライセンス情報にアクセスできます。

11671167

このビューでは、次のボタンとタブを利用できます。

  • Open - Browse to a local automation project and open it. By default, projects are created in C:\Users<current_user>\Documents\UiPath.
    :information-source: Note: Projects located on network folders where your user only has read permissions cannot be opened in Studio. We recommend using source control systems to collaborate on projects.
  • 閉じる - 現在開いているオートメーション プロジェクトを閉じます。
  • Start - Create a new automation project or open recently accessed projects. You can create a new project from predefined templates or open a project you recently worked on. Projects can be pinned or removed from the Open Recent list, while hovering over them displays the path to the project.json file and the project description.
  • Templates - Create a new project based on a template. In this tab, you can view all available project templates, search and filter them by source. For more information, see Project Templates.
  • Team - Manage source control integration for the automation project.
  • Tools - Install extensions for Chrome, Firefox, Edge, Java, Silverlight, Citrix, Windows Remote Desktop, VMware Horizon, launch the UI Explorer, Project Dependencies Mass Update Tool, and the Repair Tool for Microsoft Office Interop. For more information about extensions, see About Extensions.
  • Settings - Change the look and feel of Studio, set global preferences, and manage activities package sources. For more information, see Configuring Studio Settings.
  • Help - Directs you to product documentation, release notes, online resources, the Community Forum and the RPA Academy.
    ここでは、クイック チュートリアルにアクセスして、オートメーションの作成、パブリッシュ、実行に関する基本を学ぶこともできます。
    :information-source: Note: To ensure the tutorial is completed successfully, we recommend that you pause the tutorial before making any changes to the workflow outside of those highlighted in the tutorial steps.
    また [ヘルプ] タブでは、製品のバージョン、インストール、ライセンスが使用可能かどうか、更新チャネル、デバイス ID に関する情報も得られます。[情報をコピー] ボタンを使用すれば、情報の詳細をすばやくクリップボードにコピーできます。
267267

コマンドパレット

コマンド パレットは、Ctrl + Shift + PF3 のキーボード ショートカットを使用するか、検索ボタンをクリックして開きます。[アクティビティを追加][ユニバーサル検索][ファイルを開く][アクティビティに移動] の検索バーが組み込まれています。

892892

📘

注:

Studio は、スコープによるアクティビティの優先順位付けに対応しています。アクティビティのスコープにある plus_iconplus_icon アイコンをクリックすると、コマンド パレットに現在のスコープに適したアクティビティの候補が表示されることがわかるでしょう。この機能のサポートは、公式のアクティビティ パッケージの段階で本格展開されます。リリース ノートを定期的に確認してください。

アクティビティを追加

アクティビティを追加するための検索バーは Ctrl + Shift + T キーボード ショートカットを使用して開きます。インストール済みパッケージでアクティビティを検索し、ファイル内の選択したアクティビティの後に追加できます。バーは、最初の 5 つの結果にキーボード ショートカットを自動的に割り当て、以前の検索結果を記憶します。

942942

アクティビティを追加するための検索バーを開くには、シーケンスからアクティビティの上部または下部の plus_iconplus_icon アイコンをクリックします。

ユニバーサル検索

ユニバーサル検索バーを使用すると、現在のプロジェクトのスニペット、アクティビティ、変数、引数、インポート、プロジェクト依存関係、およびファイルを見つけることができます。検索を実行すると、閉じているファイルを含むすべてのワークフロー ファイルから結果が返されます。

946946

Option

Shortcut

Description

Current File

Ctrl + 1

Lists results from the currently opened file that match the search query.

All Files

Ctrl + 2

Lists results found in all files part of the current project that match the search query.

Activities

Ctrl + 3

Lists results from activities that match the search query.

Variables

Ctrl + 4

Finds variables in the current project that match the search query.

Arguments

Ctrl + 5

Finds arguments defined in the project that match the search query.

Imports

Ctrl + 6

Finds imported namespaces in the project that match the search query.

Project Files

Ctrl + 7

Finds files part of the current project that match the search query.

Dependencies

Ctrl + 8

Lists results found in dependencies installed to the project.

Snippets

Ctrl + 9

Finds snippet files that match the search query.

検索結果は、 [ユニバーサル検索] または [アクティビティを追加] を使用する場合、次に検索バーを開くまで保持されます。 [ファイルに移動] および [アクティビティにジャンプ] の場合、前の検索クエリは保持されません。

アクティビティをダブルクリックするか、Enter を押して、現在開いているファイルに追加します。同じコマンドを使用して、すべてのファイルまたはプロジェクト ファイル カテゴリからファイルを開くか、目的の検索結果に焦点を合わせることができます。

[ワークフローを呼び出し] アクティビティ内のプロセスの引数の既定値は、ユニバーサル検索では検索できません。

ファイルを開く

The Go to file bar searches and opens files part of the current project folder. .xaml files are opened in the Designer panel in Studio, while other files, such as screenshots or Excel files, are opened with their respective default application on your machine. Double-click or press Enter to open a file.

943943

📘

注:

The Activities, Project panels, and the Command Palette support fuzzy search, which means that a list of results is returned even if the search terms don't match exactly. The search terms could be slightly incomplete, misspelled or include only the first letter of each word. For example, if you type dci in the Activities bar, it returns the Double Click Image activity.

アクティビティにジャンプ

コマンド パレット[アクティビティに移動] 検索バー部分は、大規模なワークフローで特定のアクティビティを見つけてフォーカスするのに役立ちます。これには、Ctrl + J キーボード ショートカットを使用するか、F3 または CTRL + Shift + P ショートカットを使用して、[アクティビティに移動] を選択し、アクセスします。

When opened, the Jump to activity bar displays the list of all activities in the .xaml file currently focused in the Designer panel.

アクティビティの表示名または名前空間を入力します (例: [代入])。キーボードの矢印キーを使用してアクティビティを選択し、Enter を押してデザイナー パネルにフォーカスします。

[アクティビティにジャンプ] バーのアクティビティは、コンテナー、親、子のアクティビティの順に配置されています。

635635

パネル

デザイナー パネル

デザイナー パネル上では、現在のオートメーション プロジェクトが表示され、これに変更を加えることができます。また、[変数][引数][インポート]にすばやくアクセスすることもできます。

表示したいアクティビティをダブルクリックしてダイアグラムの中でナビゲートすることが可能です。デザイナー パネルの見出しにはパスが階層リンクとして表示されます。スケールの異なる複数の表示を使用すると、一部のアクティビティの入力フィールドのテキストが適切に表示されないことがあります。

アクティビティは、Ctrl + C ショートカットまたはコンテキスト メニューを使用してテキスト エディターにコピーし、変更を受信したらデザイナー パネルにコピーして戻すことができます。

585585

pan_modepan_mode アイコンをクリックし、スペース キーを押し、マウスの中ボタンを押して、パン モードを有効にします。ズーム ドロップダウンを使用してズーム レベルを変更し、reset_zoomreset_zoom アイコンをクリックして 100% にリセットします。

[画面に合わせる] fit_screenfit_screen アイコンは全体のワークフローがデザイナー パネルに収まるようにズームを変更します。overviewoverview アイコンをクリックして、プロジェクト全体の概要を取得し、フォーカスを調整してセクションを移動します。

822822

コンテキスト メニュー

294294

コンテキスト メニューを使用すると、シーケンスやフローチャートのようにワークフローにていくつかの操作を実行することができます。 ワークフロー内のアクティビティを右クリックして表示することができます。

📘

アクティビティを複数選択した場合、コンテキスト メニューは表示されません。

コンテキスト メニューのフィールドの説明

Option

Description

View Parent

Displays the parent of the target activity in the Designer panel.
Note: This option is only displayed for child-activities, if they are opened in the Designer panel.

Open

Opens the selected activity in the Designer panel. Has the same result as double-click.

Collapse

Collapses the activity thus reducing the displayed details to "Double-click to view". You can achieve the same result by clicking the Collapse button **Collapse****Collapse**.
Note: Only displayed for sequences.

Expand in Place

Expands the content of the activity, displaying its detailed content. You can achieve the same result by clicking the Expand button **Expand****Expand**.
Note: Only displayed for sequences.

Cut

Removes the selected activity and places it onto the Clipboard.

Copy

Copies the selected activity and places it onto the Clipboard. Activities from read-only files can be copied to another workflow or a .txt file. When copying multiple activities to clipboard, their order is reversed.

Paste

Inserts the content of the Clipboard at the current location.

Delete

Deletes the target activity.

Note: Since the Context menu is only displayed for a one-activity selection, you can use this command for more activities with the corresponding keyboard shortcut, Delete.

Annotations

Add, edit, delete, show and hide annotations added to activities in the workflow.

Copy as Image

Makes a screenshot of the content displayed in the Designer panel.

Note: If you want to make a screenshot of a child activity, make sure to firstly open it in the Designer panel.

Save as Image

Makes a screenshot of the content displayed in the Designer panel and prompts the user to set the details for saving it (Name, Type, Destination). Supported formats: JPG, PNG, GIF, XPS.

Create Variable

Creates a variable in the Variable panel.

Auto Arrange

Automatically arranges activities in a flowchart.

Remove Surrounding Sequence

Removes the selected Sequence activity from the Designer panel. The activities that it contains are moved to the parent sequence.

Surround with Try Catch (Ctrl + T)

Inserts the activity in a Try Catch statement.

Note: A Try Catch statement is used for handling exceptions caused by data or coding errors. The Try clause encloses the activity to be checked for exceptions. The Catches clause is the exception handler. The Finally clause is used for executing an activity regardless of the status of the first two clauses.

Extract as Workflow

Creates a new workflow containing the targeted activity with the purpose of breaking down a large project into smaller ones. In the place of the extracted activity an Invoke <new> workflow activity is created which enables you to edit and import arguments from the newly created workflow. The arguments are created automatically from the variables used in that activity. The Invoke <new> workflow activity automatically maps the local variables to invoke arguments for the extracted workflow.

Open Workflow

Opens a workflow created using the above option.

Enable Activity

Enables a previously disabled activity.

Disable Activity

Disables an activity, which is then placed inside a Comment out activity.

Toggle Breakpoint

Marks the selected activity as a breakpoint for debugging. Breakpoints can also be toggled by clicking the Breakpoint button in the Execute tab. You can trigger a breakpoint for one activity at a time.

Edit Breakpoint Settings

Opens the Breakpoint Settings window.

Run to this Activity

Debugs the project and stops before this particular activity is executed.

Run from this Activity

Starts debugging from this activity.

Show All Conditions

Displays all conditions defined in your project (Properties panel > Conditions).

Note: This option is only displayed for flowcharts when you right-click an empty space inside the project; it is not displayed if you right-click an activity in your flowchart.

Hide All Conditions

Hides all displayed conditions.

Note: This option is only displayed for flowcharts when you right-click an empty space inside the project; it is not displayed if you right-click an activity in your flowchart.

Set as Start Node

Connects the selected activity with the Start node.
Note: Only displayed for flowcharts.

Set as Initial State

Connects the State Machine specific activity to with the Start node.
Note: Only displayed for state machines.

コンテキスト メニューは、デザイナーパネルのタブに対しても表示されます。以下のオプションが選択可能です。

Option

Description

Close

Closes the active tab.

Close Others

Closes all tabs but the active one.

Close All Documents

Closes all tabs.

Float

Undocks the target tab and changes it to a floating state.

Pin Tab

Pins the target tab in the Designer panel.
Note: The tab pinned last is always moved in front of all other existing tabs (pinned or not). The position of a pinned tab can only be changed relative to other pinned tabs.

New Horizontal Tab Group

Splits the screen horizontally, enabling you to see two or more instances of the Designer panel within the same screen. The target project is moved onto the panel on the right.
Note: Only displayed when your project contains two or more tabs and, implicitly, workflows.

New Vertical Tab Group

Splits the screen vertically, enabling you to see two or more instances of the Designer panel within the same screen. The target project is moved onto the panel at the bottom.
Note: Only displayed when your project contains two or more tabs and, implicitly, workflows.

Move to Previous Tab Group

Moves the target tab onto the previous Designer panel displayed.
Note: Only displayed if you had used the New Vertical Tab Group or New Horizontal Tab Group options before.

Move to Next Tab Group

Moves the target tab onto the next Designer panel displayed.
Note: Only displayed if you had used the New Vertical Tab Group or New Horizontal Tab Group options before.

アクティビティ パネル

377377

The Activities panel shows available activities that can be added to the current workflow. You can search for activities by name and optionally by description using the search box at the top of the panel, navigate through them using navigation keys, and press Enter to add the selected activity to the currently opened file.

📘

注:

検索ボックスでは、Studio で設定したインターフェイス言語にかかわらず、アクティビティのクラス名でアクティビティを特定できます。

パネル内のアクティビティ上でホバーすると、そのアクティビティが属するパッケージとその説明が表示されます。アクティビティをお気に入りのリストに追加するには、そのアクティビティを右クリックして、[お気に入りに追加] を選択します。

パネル内のアクティビティを右クリックして、[テスト ベンチを作成] を選択して 1 つ以上のアクティビティをテストしてから、プロジェクトに追加します。この詳細はこちらをご覧ください。

アクティビティ パネルをカスタマイズする

Click the View Options filter activitiesfilter activities button at the top of the panel to open a menu that allows you to customize the panel. See the following table for a list of available options.

Option

Description

Show Favorites

Show a section with favorite activities. This option is selected by default.

Show Recent

Show a section with the ten most recently used activities. This option is selected by default.

Show Available

Show all available activities. This option is selected by default.

Show Compatibility

Option currently not used. This option is not selected by default.

Show StudioX

Show activities designed for the StudioX profile. This option is not selected by default.

Show Classic / Modern

Show modern UI Automation activities in projects using the classic design experience or show classic UI Automation activities in projects using the modern experience. This option is not selected by default.

Show Categories

Group activities by the category they belong to. This option is selected by default.

Group by Packages

Group activities by the package they belong to. This option is not selected by default.

Search by Description

When searching in the panel, search in activity descriptions, not just in activity names. This option is not selected by default.

Pin Favorites

When searching in the panel, keep favorite activities always visible. Available if Show Favorites is selected. This option is not selected by default.

[スニペット] パネル

392392

[スニペット] パネルでは、オートメーションを簡単に再利用できます。既定で、複数のサンプルとスニペットが含まれています。

[フォルダーを追加] ボタンをクリックして、ハードディスク ドライブからディレクトリを選択することで、独自のフォルダーを追加できます。空のフォルダーは表示されません。

フォルダーを削除するには、フォルダーを右クリックして [削除] を選択します。

プロパティ パネル

383383

プロパティパネルには状況に応じた内容が表示され、選択したアクティビティのプロパティを表示したり変更したりできます。同じワークフローで 2 つのアクティビティを選択した場合、[プロパティ] パネルから共通のプロパティを変更できます。

式エディター

式エディターには、アクティビティの入力フィールド内でキーボード ショートカットの Ctrl + Shift + E を使用することでアクセスできます。式エディターは、[プロパティ] パネル、テキスト入力が必要なフィールド、アクティビティの本体でも、必要なフィールドにテキストを直接追加することで使用できます。

542542

式は、複数の行にまたがって記述できます。変数や引数を式の中で直接作成するキーボード ショートカットも用意されています。

エディター内で Ctrl + F を押すことで、検索および置換機能を起動します。式の一部を選択し、Ctrl + F3 を押すと、検索フィールドにテキストが追加されます。Ctrl キーを押したままにして、検索ペインを半透明化することで、背後にあるテキストを確認します。

アウトライン パネル

383383

[概要] パネルには、プロジェクトの下位層、使用可能なすべてのノードが表示されます。デザイナーパネルでアクティビティを選択して、このパネルでアクティビティを強調表示することができます。または、アウトラインパネルで特定のアクティビティを選択して、そのアクティビティに移動することができます。

出力パネル

756756

[出力] パネルでは、特に、[メッセージをログ] アクティビティまたは [1 行を書き込み] アクティビティの出力を表示できます。このパネルには、パッケージの例外も表示されます。

[出力] パネルのヘッダーのボタンをクリックすると、異なるログ レベル (エラー、警告) のメッセージを表示または非表示にすることができます。メッセージをダブルクリックすると、メッセージの詳細が表示されます。また、この情報をコピーすることもできます。

[出力] パネルでログを検索し、検索結果のリストから項目を選択すると、ログが強調表示されます。

The Export Logs button is used for exporting logs into a .txt file. It exports timestamps and error message details as well. Exporting filtered logs is available. For example, if you want to export only trace level logs, filter the list and then use the Export Logs button.

デバッグ時には、アクティビティの実行が開始されてから終了する前のログが [出力] パネルに表示されます。これは、[デバッグ] タブの [アクティビティをログ] オプションから有効化できます。

[エラー リスト] パネルは、検証プロセス中にファイルまたはプロジェクトで見つかったエラーを「ワークフロー アナライザーについて」のルールによって生成されたエラーと一緒に表示します。

[出力] パネルに表示されるすべての情報は、[すべてクリア] ボタンで消去できます。ワークフローの実行時に、このパネルのログやその他のデータが消去されます。[出力] パネルには、一度に 2,000 行まで表示できます。

[参照を検索] パネル

[参照を検索] パネルには、プロジェクト内で検索した参照の結果が表示されます。ある要素が参照されたプロジェクトのすべての場所を検索するには、その要素を右クリックし、[参照を検索] を選択します。この操作は、以下に対して有効です。

  • [プロジェクト] パネルにあるファイル
  • [アクティビティ] パネルにあるアクティビティ
  • [変数] パネルにある変数
  • [引数] パネルにある引数
  • [オブジェクト リポジトリ] パネルにある記述子
11081108

リソース パネル

ロボットが Orchestrator に接続されている場合、Studio の [リソース] パネルでアセット、キュー、プロセス、およびエンティティを読み込むことができます。手順については、「ロボットを Orchestrator に接続する」をご覧ください。

Orchestrator に接続されているロボットの種類が標準の場合、[リソース] パネルには、このロボットがプロビジョニングされたクラシック フォルダーのみを表示できます。

ロボットの種類がフローティングの場合、パネルには、このロボットがアクセスできるすべてのクラシック フォルダーとモダン フォルダーが表示されます。 Orchestrator でのロボットの作成について詳しくは、こちらをご覧ください 。

493493

パネルには、Orchestrator クラシック フォルダーまたはモダン フォルダーにあるアセット、キュー、およびプロセスが表示されます。詳しくは、「フォルダーについて」をご覧ください。

📘

注:

When using a classic, manually provisioned robot, it must be granted View permissions for the corresponding resources (i.e. Assets, Queues, and Processes) to appear in the panel. Read more about setting up Roles and permissions in Orchestrator.

パネルにリソースを読み込むには、パネルの上部にある [更新] ボタンをクリックします。[リソース] パネル内の任意の項目を右クリックしてその項目の名前をコピーし、そうしたリソースと対話するアクティビティで使用します。

ステータス バーのフォルダー名上でホバーすると Orchestrator URL が表示され、そのフォルダー名をクリックすると別のフォルダーに切り替わります。

📘

注:

サブフォルダー内のプロセスから生成されたログは、そのサブフォルダーが [リソース] パネルで選択されている場合にのみ、Orchestrator に表示されます。

[リソース] パネルからアセット、キュー、またはプロセスをオートメーション プロジェクトに直接ドラッグ アンド ドロップできます。この操作を行うと、[アクティビティを追加] 検索バーに適切なアクティビティが提案されます。たとえば、プロジェクト内にキューをドラッグした後は、[アクティビティを追加] 検索バーから [キュー アイテムを追加] アクティビティを選択し、そのアクティビティの [キュー名] プロパティにキューが自動的に割り当てられたことを確認します。

12681268

ステータス バー

ステータス バーでは、Orchestrator とソース管理に関連するステータス情報を確認したり、オプションにアクセスしたりできます。また、プロジェクト内の式に使用されている言語 (VB または C#) を確認できます。

  • Cloud Options - Click Cloud Options cloud optionscloud options to access Orchestrator options: sign in to your cloud account, connect to or disconnect from Orchestrator, and refresh resources.
  • Orchestrator のステータス - Orchestrator の接続ステータスを表示します。Orchestrator に接続されている場合は、現在選択されているフォルダーが表示されます。ステータスをクリックすると、利用可能なフォルダーのリストを表示して、リソースを同期する別のフォルダーを選択できます。
  • Source Control - Depending on whether the project is connected to a source control repository, different options are available to help you manage source control integration. For more information, see About Version Control.

9 か月前に更新


ユーザー インターフェイス


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。