通知を受け取る

UiPath Orchestrator

UiPath Orchestrator ガイド

ジョブを管理する

ジョブの開始


Before going through the steps below, you need to create a process.

  1. Navigate to Automations > Jobs from the folder that the process resides in.
  2. [開始] をクリックします。[ジョブを開始] ウィンドウが表示されます。
  3. [プロセス名] ドロップダウンで、現在のフォルダーにあらかじめデプロイしておいたプロセスを選択します。
  4. Configure the required fields, as follows:
  5. [開始] をクリックします。[ジョブを開始] ウィンドウが閉じ、現在アクティブなフォルダーに利用可能なランタイムがある場合は、設定に従ってロボットでジョブが開始されます。ジョブの [ステート] は、リアルタイムで [ジョブ] ページに表示されます。

Setting the job priority

From the Jobs Priority drop-down, select the priority of the job to be executed, if you want it to be different from the priority set at the process level. This field is automatically populated with the priority inherited from the package.

Selecting the execution runtime

[ランタイム ライセンス] ドロップダウンから、ジョブの実行に使用されるランタイムの種類を選択します。ドロップダウンの下には、使用可能なランタイムと接続済みのランタイムの数が表示されます。

  • _ 利用可能 - 利用可能なランタイムの数。ランタイムの総数から実行中のジョブの数を引いた値です。
  • _ 接続済み - ランタイムの総数。アクティブ フォルダーに関連付けられた Orchestrator に接続されたすべてのマシン上のランタイムの合計です。
Runtime licenseDescription
UnattendedThe job is executed in unattended mode consuming an Unattended runtime.
NonProductionThe job is executed in unattended mode consuming a NonProduction runtime.
TestingThe job is executed in unattended mode consuming a Testing runtime.
DevelopmentThe job is executed in unattended mode using a Development runtime. This allows developers to run jobs from Orchestrator in their personal workspace, for testing and debugging purposes, without consuming an Unattended, NonProduction or Testing license. See details about debugging using personal workspaces.

: マシン テンプレート A に NonProduction のランタイムが 2 つと Unattended のランタイムが 1 つあり、マシン テンプレート B に NonProduction のランタイムが 3 つと Unattended のランタイムが 2 つあるとします。いずれのマシン テンプレートも 1 つのフォルダーに関連付けられています。各テンプレートで、1 つのホスト マシンを接続します。すると、ランタイムのステートは次のようになります。

  • Unattended: 3 Available, 3 Connected
  • NonProduction: 5 Available, 5 Connected

ランタイムを占有するジョブが実行されると、その種類のジョブで利用可能なランタイム数が 1 つ減ります。

Configuring the execution target

Configure your execution target by setting the options below as desired on the Execution Target tab.

12381238

動的に割り当て

アカウントとマシンが明示的に選択されていない動的割り当てでは、最初に利用可能になったアカウントとマシンで、フォアグラウンド プロセスを複数回実行できます。バックグラウンド プロセスは、ビジーであるかどうかにかかわらず、任意のアカウントによって実行されます (十分な数のランタイムがある場合)。

このオプションを使用すれば、1 つのジョブでプロセスを最高 10,000 回実行できます。

アカウント

You can choose one of these approaches:

  • アカウントを指定すると、プロセスはその特定のユーザー アカウントまたはロボット アカウントの下で実行されます。
  • Specifying both the account and the machine means the job launches on that very account-machine pair. Only valid account-machine pairs are available for selection.
  • アカウントを指定しない場合、Orchestrator はアカウントを動的に割り当てます。

マシン

You can choose one of these approaches:

  • Specifying a machine object means the process is executed on one of the host machines attached to the selected machine template. Select a specific host machine from the pool of connected host machines on the Connected Machines field.
  • Specifying both the account and the machine means the job launches on that very account-machine pair. Only valid account-machine pairs are available for selection.
  • マシンを指定しない場合、Orchestrator はホスト マシンを動的に割り当てます。

ジョブの種類に一致したランタイムが、関連するマシン テンプレートに割り当てられていることを確認してください。アクティブなフォルダーに関連付けられた、接続済みのホスト マシンだけが表示されます。

Keep Account/Machine allocation on job resumption

このフィールドでは、長期実行ジョブの異なるフラグメントを同じアカウントとマシンのペアで実行するかどうかを設定できます。
既定では、中断されているジョブはその時点で利用可能な任意のロボットとマシンで再開されます。
ライセンスまたはリソースの要件に基づいて、ジョブを開始したマシンおよびアカウント コンテキストでジョブを再開できます。

ジョブを実行するのに、SAP ライセンスが必要だとします。その場合、利用可能なマシンごとに SAP ライセンスをインストールするのではなく (コストが増加)、ライセンスを 1 つのマシンにインストールし、そのマシンを使用してジョブを開始および再開することができます。同じ方法を、ユーザー ライセンスでも使用できます。つまり、1 つのユーザー ライセンスのみを割り当て、そのライセンスを使用してジョブを実行することができます。

Scheduling the end of job execution

Schedule ending of job execution

プロセスの実行時に障害が発生し、ジョブが保留ステートのままになってしまうことがあります。このトグルをオンにすると、以下を実行できます (クリックして展開)。

  • Select Stop from the drop-down menu - this attempts to gracefully end the execution after the defined time interval has passed since the job is stuck in a pending state (set the time to a minimum of 1 minute, maximum of 10 days, 23 hours and 59 minutes).
  • Select Kill from the drop-down menu - this attempts to forcefully end the execution after the defined time interval has passed since the job is stuck in a pending state (set the time to a minimum of 1 minute, maximum of 10 days, 23 hours and 59 minutes).
  • Select Stop from the drop-down menu and turn on the Schedule automatic "Kill", if the job does not stop option - this attempts to gracefully end the execution after the defined time interval has passed since the job is stuck in a pending state and then attempts to forcefully end it after the defined time interval has passed since the job is stuck in a stopping state (set the time to a minimum of 1 minute, maximum of 10 days, 23 hours and 59 minutes).

Generating alerts

Generate an alert if the job is stuck in pending or resumed status

By turning on the toggle, you activate alerts about jobs that remain in the pending or resumed status longer than the specified duration.
The configurable duration is minimum one minute and maximum eleven days.
If the job exceeds the configured duration, an "Error" severity alert pop-up informs you about it with the following text:
"N jobs for #process {process_number} have been pending or resumed for more than X hours and Y minutes.", where:

  • N - is the number of jobs that triggered the alert
  • {process_number} - the process identifier
  • X - the configured number of hours the job exceeded while having the pending or resumed status.
    Note: Days are converted to hours.
  • Y - the configured number of minutes the job exceeded while having the pending or resumed status.

Generate an alert if the job started and has not completed

By turning on the toggle, you activate alerts about jobs that do not complete in the specified duration.
The configurable duration is minimum one minute and maximum eleven days.
If the job exceeds the configured duration, an "Error" severity alert pop-up informs you about it with the following text:
"Job for #process {process_number} has been pending been running for more than X hours and Y minutes.", where:

  • {process_number} - the process identifier
  • X - the configured number of hours the job exceeded while trying to complete.
    Note: Days are converted to hours.
  • Y - the configured number of minutes the job exceeded while trying to complete.

Orchestrator では、無効な設定でジョブを開始することはできません。無効な設定でジョブを開始しようとすると、設定の修正方法を詳しく示したエラー メッセージが表示されます。

12521252

Starting a job using dynamic allocation, i.e. no machine or account specified, with an incompatible folder setup results in an error. Make sure to correct the setup, otherwise, jobs stay pending indefinitely. For example, trying to run a .NET Framework 4.6.1 background job when there are only cross-platform templates in the folder does not work, as jobs stay pending until the configuration is fixed.
Learn how to optimize unattended infrastructure using machine templates.

Adding arguments

On the Arguments tab, provide input arguments for the selected process. This tab is automatically populated with all the input arguments accepted by the selected process, and the corresponding values inherited from the package.

ジョブの停止


該当する [その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [停止] をクリックします。オートメーション プロジェクトは、[停止すべきか確認] アクティビティを検出するまで実行されます。この間、ジョブは [停止中] ステートになります。このアクティビティが検出されると、実行は停止され、ジョブの最終的なステートは [成功] になります。[停止すべきか確認] アクティビティが検出されなかった場合、ジョブの実行はプロジェクトの最後まで停止されません。この場合も、最終的なステートは [成功] になります。

📘

  • Orchestrator から開始したジョブは、Orchestrator からのみ停止できます。
  • Assistant から開始したジョブは、Orchestrator の [ジョブ] ページから、および UiPath Assistant を使用して停止できます。
  • ジョブが停止すると、ジョブの終了スケジュールは失われます。そのため、ジョブの再実行時に [ジョブの実行を終了するスケジュールを設定] オプションを再設定する必要があります。

ジョブを再開する


該当する [その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [再開] をクリックします。

ジョブの強制終了


該当する [その他のアクション] ボタンをクリックし、次に [強制終了] をクリックします。オートメーション プロジェクトが強制終了され、[停止] とマークされ、[ジョブの詳細] ウィンドウに「ジョブはキャンセルされました」と表示されます。

📘

  • Orchestrator から開始したジョブは、Orchestrator の [ジョブ] ページから、および UiPath Assistant を使用して強制終了できます。
  • Assistant から開始したジョブは、Orchestrator の [ジョブ] ページから、および UiPath Assistant を使用して強制終了できます。
  • ジョブが強制終了すると、ジョブの終了スケジュールは失われます。そのため、ジョブの再実行時に [ジョブの実行を終了するスケジュールを設定] オプションを再設定する必要があります。

ジョブの再実行


この機能を使用すると、ジョブ フローの構成を経る必要なく、ジョブのリストからすぐにジョブを実行できます。[停止][エラー]、または [成功] のどの最終ステートにあるジョブでも再実行できます。

📘

  • Assistant などのエージェントまたは Studio のリモート デバッグ セッションによってトリガーされたジョブは再実行できません。
  • [ジョブの実行を終了するスケジュールを設定] オプションがアクティブになっているジョブを再実行する場合、これらのオプションを再設定する必要があります。

この手順を開始するには、以前に何らかのジョブを開始して、そのジョブが最終状態に達している必要があります。

  1. 該当の [その他のアクション] ボタンをクリックして、[再実行] をクリックします。[ジョブを開始] ウィンドウが開き、ジョブの初期設定が表示されます。
  2. 必要な変更を行います。
  3. [開始] をクリックします。[ジョブを開始] ウィンドウが閉じて、実行が開始されます。各ジョブのステータスは、[ジョブ] ページにリアルタイムで表示されます。

ジョブログの表示


特定のジョブのログを表示するには、該当する [その他のアクション] ボタンをクリックし、[ログを表示] をクリックします。[ログ] ページが表示されます。ここには、対象のジョブの項目のみが含まれています。

📘

リモート デバッグ セッションから開始したジョブで生成されるログは、[ジョブのログ] ページには表示されません。グローバルな [ログ] ページに表示されます。

ジョブの詳細を表示する


特定のジョブの詳細を表示するには、以下の手順を実行します。

  1. 該当の [詳細] ボタンをクリックします。[ジョブの詳細] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、基になるプロセスの名前、ジョブを実行しているロボットとマシン、ジョブが失敗した理由など、さまざまな情報が表示されます。
652652

📘

[情報] フィールドには、失敗したジョブのライセンスに関する考慮事項は表示されません。ライセンスについて詳しくは、監視機能を使用してください。

実行メディアのダウンロード


失敗したジョブの記録をダウンロードするには、[その他のオプション] > [記録をダウンロード] をクリックします。実行メディアは、設定に従ってダウンロードされます。

28 日前に更新


ジョブを管理する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。