Orchestrator
最新
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2024年5月27日

Orchestrator の読み取り専用レプリカ

Orchestrator では、主にパフォーマンス向上のために、読み取り/書き込み運用データベースの読み取り専用レプリカを保持しています。一部の読み取り専用ワークロードは、書き込みレプリカの消費を最適化するために、読み取り専用レプリカに送られます。これにより、データの読み取りと読み込みを高速化し、システムのパフォーマンスを確保できます。

この実装の結果、書き込み操作と読み取り操作との間にわずかな遅延が発生する可能性があります。これは想定内であり、利用可能になるデータに影響はありません。

このシナリオの例として、キュー アイテムの追加後すぐにキュー アイテムを取得する場合が挙げられます。これをインターフェイスから実行した場合、新しいキュー アイテムがすぐに表示されないことがあります。これは、運用データベース (アイテムが書き込まれる場所) とレプリカ (アイテムの読み取り用に呼び出される) との同期に若干のずれがあるためです。ただし、これは [キュー アイテムを取得] アクティビティではなく [トランザクション アイテムを取得] アクティビティを使用することで回避できます。[トランザクション アイテムを取得] では応答にキュー アイテムが含まれるためです。

ユース ケース

読み取り専用レプリカが使用されるシナリオは次のとおりです。
  • キュー アイテムを取得する
  • 監視データの取得
  • ジョブのデータの取得
  • ユース ケース

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.