Orchestrator
最新
バナーの背景画像
Orchestrator ユーザー ガイド
最終更新日 2024年5月27日

よく発生する Orchestrator エラー

重要: Robot マシン上のすべての RDP セッションをサインアウトしてから、それらのマシン上でジョブを開始します。

SSL/TLS のセキュリティで保護されたチャネルを作成できませんでした。

このエラーは、ワークフロー実行時にアセットまたはキュー アイテムを取得しようとしたときにときどき発生します。これは、Extended Master Secret をサポートしないデバイスへのトランスポート層セキュリティ (TLS) 接続を試みる Windows デバイスの TLS 障害が原因で発生します。これは Orchestrator の問題ではありません。問題の詳細と軽減方法の詳細については、こちらをご覧ください。

ユーザー X に対して利用可能なロボットがありません。

このエラーは、ロボットに指定したユーザー名がロボット端末で使用されているユーザー名と一致しない場合に発生します。ロボットと Orchestrator の正しい接続方法については、「ロボットを Orchestrator に接続する」をご覧ください。

権限がありません: 起動ツール

ジョブをロボット端末 (トレイまたは Studio) から直接開始しようとしていて、マシン ユーザー名がロボットを Orchestrator に接続するときに使用したものと同一でないときに、これが発生する場合があります。たとえば、ABC ユーザー名を使用してロボットを Orchestrator に接続した場合は、異なるユーザー (XYZ など) を使用してトレイまたは Studio からロボット上からジョブを開始することはできません。

Robot を Orchestrator に接続する際に使用したユーザー名がマシン上の名前と同一であるとわかる場合は、Uipath.LicenseTool.exe を使用して Robot ライセンスを無効化し、Orchestrator を再接続してください。

ログオンに失敗しました。不明なユーザー名か、パスワードが間違っています。

これは、Orchestrator 内で提供された資格情報 (ユーザー名および/またはパスワード) が正しくないロボットでジョブを開始しようとしたときに発生します。

注: ロボットユーザー名がドメイン内にある場合は、ユーザー名は domain\username という形式である必要があります。

Executor start process failed, reason System.UnauthorizedAccessException: Access is denied. (Executor の起動プロセスが失敗しました。理由: System.UnauthorizedAccessException: アクセスが拒否されました。)

このエラーは、ロボットのパスワードが指定されていない場合にスローされます。パスワードを追加するには、無人オートメーション機能をアカウントに対して有効化する際に、マシンの資格情報を追加するようにしてください。

権限がありません: リモート実行

このエラーは、Orchestrator からの Attended ロボット上でプロセスを実行しようとすると表示されます。

Executor の開始プロセスが失敗しました: 指定されたログオン セッションが存在しません。既に終了している可能性があります。

発生には、次の2 種類があります。

A. Robot を開始しようとするたびに毎回発生 - これは、その時点でログオンセッションを作成できないことを意味します。RDP と異なるユーザー名でロボット端末に接続している場合に発生します。このエラーを回避するには、ロボット端末の RDP 接続をすべてサインオフします。

B. ランダムに発生 - この場合は、以下の対策を試してください。

  • ロボット端末に十分なリソース (CPU、メモリ) がある場合にオンにしてください。
  • mstsc コマンド ライン機能を使用して接続時間を確認します。60 秒のタイムアウト期間が経過すると、エラーが表示されます。

既存の接続がリモート ホストによって強制的に閉じられました。「Oops! We’re Sorry! It Seems Orchestrator Is Down.」

この問題は次の場合に発生する可能性があります。

  • サーバーは Internet Information Services (IIS) 内で再起動します。
  • サーバーがシャットダウンします。
  • サーバーへの接続が突然失われました。

値を null にすることはできません。

Orchestrator 内で、プロセスがロボット端末内にダウンロードされている途中で、ジョブを開始してすぐに強制終了した場合に発生します。

ジョブが見つかりません。

この問題は、[Terminate After] (終了まで) オプションが有効なスケジュール済みジョブで、ロボットと Orchestrator との間の接続が失われたときに発生します。

ハンドルが無効です。

このエラーは、次の場合に表示されます。

A. プロジェクトに UI Automation が含まれる場合 - バックグラウンドに RDP 接続が既に存在しています (最小化されています)。

B. Windows の既知の問題として発生。

存在しないトークンを参照するために試行が作成されました。

このエラーは、Windows の既知の問題に関連しています。詳細については、enableLowLevel トレース オプションを使用し、生成された .etl ファイルを UiPath のサポート チームに提出してください。

UI アクションの実行中にデスクトップが切断されました。

この問題は、ロボット端末への RDP 接続が失われたときに必ず発生します。この問題は、最小化された RDP ウィンドウでのタスクの実行により回避できます。

システムにアタッチされているデバイスが機能していません。

これは、外部の問題が原因です。

「接続されたデバイスが次のいずれかが原因で動作していません。(1) デバイスのスイッチがオフになっているか、デバイスが正しく接続されていない。(2) フロッピー ディスクにドライブの種類が対応していない。(3) フロッピー ディスクがドライブに正しく挿入されていない。(4) ドライブの扉が開いている。(5) フロッピー ディスクが正しくフォーマットされていない。」

Executor Start Process Failed, Reason System.Runtime.InteropServices.COMException (0x800700AA): The Requested Resource Is in Use

この問題は、高密度ロボットの使用時に UiPath.settings ファイル内の logIntoConsole パラメーターが true に設定されている場合に発生します。

実行エラー: System.UnauthorizedAccessException: Access to the Path 'C:ProgramDataUiPath…is Denied

このエラーは以下の状況で発生します。

A. 高密度ロボットと通常のロボットが同じファイルに対して書き込みまたは変更を行った。これを回避するには、ロボットと一意のユーザー ID に対して異なるファイルを生成します。

B. ターゲット フォルダーに対する書き込み権限が Robot にない。

C. ファイルが作成されたが、Robot がそれを編集できない。

ロボットはユーザー用に既に実行中です。

この問題はスケジュール重複時に発生します (2 ~ 3 スケジュールが同時に開始する)。

不適切な要求とリモート ホストがタイムリーに応答しませんでした。

これらの問題は、マシン上の一部のユーザーがロボットとして Orchestrator に接続されていないときに発生します。

有効化されているプロキシ サーバーについて、ロボットの LAN 設定を確認します。プロキシ サーバーが指定されている場合は、プロキシ サーバーを経由する Robot のリダイレクトがどう機能しているかを確認してください。

注: これは、認証されていないプロキシ接続でのみ機能します。

レガシの UiPath.Core.Activities パッケージをアップグレードできません。

このエラーは、2018.3 よりも前のバージョンで作成したプロセスを実行する際に発生します。

2018.3 よりも前のバージョンで作成したプロセスは、古い UI Automation パッケージ Core.Activities に依存しています。現在のバージョンでこれらを実行する場合には、新しい System パッケージと UI Automationパッケージを使用するアクティビティを統合する Core.Activities メタパッケージを使用する必要があります。
既定では、古い Core.Activities パッケージはどこにもパブリッシュされないため、移行メタパッケージが使用されます。しかし、古い Core.Activities がユーザーによってカスタム フィードまたは Orchestrator にパブリッシュされていた場合、この古いパッケージがインストールされると、このエラーが発生します。
この問題を解決または回避するには、古い Core.Activities パッケージをカスタム フィードから削除してから、プロセスを再実行します。また、「以前のバージョンで作成したプロジェクトを開く」にも必ず目を通してください。

System.Runtime.InteropServices.COMException: ライセンス権限がありません

この問題は、Studio v2018.3.2 以降のバージョンで、18.3.6864.20582 バージョンの UiPath.UIAutomation.Activities パッケージを使用するプロジェクトを実行した場合に発生します。
UiPath.UIAutomation.Activities の依存関係のバージョン 18.3.6864.20582 を使用しているプロジェクトを Studio v2018.3.1 で作成した場合、これらのプロジェクトを Studio で開き、UiPath.UIAutomation.Activities の依存関係のバージョンを 18.3.6877.28298 に更新する必要があります。
v2018.3.1 よりも前のバージョンでプロジェクトを作成したが、これらをこのバージョンでは開いておらず、v2018.3.1 を既にインストール済みである場合には、UiPath Platform の今後のバージョンとの間で互換性の問題が発生しないように、次の手順を行います。次の場所から UiPath.Core.Activities の依存関係のバージョン 2018.3.6864.20598 を削除します。
  • Orchestrator のフィード
  • 既定のパッケージの場所 - 2021.4 より前のバージョンでは %Program Files (x86)%\UiPath\Studio\Packages、2021.4 以降のバージョンでは %Program Files%\UiPath\Studio\Packages
  • NuGet のキャッシュ - %userprofile%\.nuget\packages\uipath.core.activities
Studio/Robot の v2018.3.1 が過去にインストールされておらず、UiPath.UIAutomation.Activitiesパッケージの 18.3.6864.20582 バージョンがローカルまたは Orchestrator フィードにデプロイされていない場合、リスクなしに v2018.3.2 にアップグレードできます。
注: Enterprise Studio v2018.3.1 エディション以外の 2018.3 バージョン (Community 安定版 v2018.3.0 または Enterprise と Community の両方の以前のベータ バージョンなど) をインストールしたことがある場合も、上記が適用されます。バージョンが 18.3.6864.20582 以下の UiPath.UIAutomation.Activities、およびバージョンが 2018.3.6864.20598 以下の UiPath.Core.Activities は使用しないでください。

不適切な要求 - 要求が長すぎます。

このエラーは、Orchestrator にアクセスしようとしたときに発生することがある、ブラウザーの永続的クッキーの問題によるものです。

この問題を解決または回避するには、ブラウザーの Cookie をクリアします。Chrome ブラウザーの場合は、Cookie をクリアするにはこちらの手順に従います。期間は [全期間] を選択してください。Internet Explorer または Firefox ブラウザーの場合も、Cookie を削除するための詳細な手順を参照できます。

注:Bad Request - Request too long - HTTP Error 400. The size of the request headers is too long. (不正な要求 - 要求が長すぎます - HTTP エラー 400。要求ヘッダーのサイズが長すぎます。)」という応答が表示される場合は、高可用性の設定で各ノードのトークン署名証明書が一致していない可能性があります。

ユーザーは指定した AD ドメインのメンバーではありません。

Active Directory を使用して Orchestrator にログインすると、不明なエラーがスローされます。これは、Orchestrator のログの NLog ターゲット (EventViewer、または Orchestrator で設定されているターゲット) に対する次のエラーを伴います: UiPath.Orchestrator.Core.Exceptions.BadRequestException: Error code - 1413, Message - 'The user is not a member of the specified AD domain.'
このエラーは、[ユーザー プロファイルの読み込み] を True に設定しないで、アプリケーション プールの ID として Active Directory のユーザーを使用した場合に発生します。

これを修正するには次の手順に従ってください。

  1. IIS マネージャーで Orchestrator の Web サイトを選択し、[アプリケーション プール] に移動します。
  2. アプリケーション プールのリストの [ID] または [Orchestrator] を右クリックして [詳細設定] を選択します。[詳細設定] ウィンドウが表示されます。
  3. [プロセス モデル] セクションの [ユーザー プロファイルの読み込み]True に設定します。



Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.