通知を受け取る

UiPath 製品のインストールとアップグレード

UiPath 製品のインストールとアップグレード ガイド

Studio をインストールする

Studio は、以下の利用可能な 3 つのインストーラーのいずれかを使用してインストールできます。

  • UiPathStudio.msi - Installs the Enterprise Edition of Studio. Use the MSI installer if your organization purchased the UiPath Platform or if you are installing Studio as part of a trial of the UiPath Platform.
  • UiPathPlatformInstaller.exe - Installs Studio, the Robot, and Orchestrator.
  • UiPathStudioSetup.exe - Installs the Community Edition of Studio that includes Studio and a user-mode Robot.

それぞれのインストーラーの違いについて詳しくは、以下の表をご覧ください。

Installer

Use This to Install

Installation Available For

Command-line Support

Customizable Installation

Requires Admin Privileges

UiPathStudio.msi 1

Enterprise Edition of one of the following:
UiPath Studio for developing and testing automations, UiPath Assistant, and UiPath Robot. Includes user-mode Robot by default.
Robot and Assistant for running attended automations. Includes user-mode Robot by default.
Robot and Assistant for running unattended automations. Includes service-mode Robot by default.

Recommended tor Enterprise users and can only be activated with an Enterprise or Enterprise Trial license.

All users on the machine.

:white-check-mark:

:white-check-mark:

:white-check-mark:

UiPathPlatformInstaller.exe

Similar to UiPath.Studio.msi, but also enables you to install UiPath Orchestrator. Comes with a service-mode Robot by default.

Recommended tor Enterprise users who want to try the on-premises UiPath Platform.

All users on the machine.

:x:

:white-check-mark:

:white-check-mark:

UiPathStudioSetup.exe

Community Edition of Studio and user-mode Robot, automatically updated to the latest Community release that offers early access to new features, including features that are still in development.

Recommended tor users with a free Community license, but can also be activated with an Enterprise or Enterprise Trial license.

User who performed the installation.

:x:

:x:

:x:

1 File name differs depending on the type of deployment and license. More info

The installation artifacts can be downloaded from the Resource Center in UiPath Automation Cloud, provided to you when you purchase Studio, or provided by your customer success manager or the support team. To request a trial, go to https://cloud.uipath.com/portal_/register.

🚧

重要

同一のマシン上に、ユーザー モードのインストーラー (.exe) と Windows インストーラー (.msi) の両方を使用して Studio を 2 つインストールすることはサポートされていません

UiPathStudio.msi によるインストール

MSI インストーラーについて

Using the MSI installer, you can install the Enterprise version of Studio, the UiPath Assistant, or the legacy Robot on your machine. It requires administrator permissions, but the installed products are available to all users on the machine. For instructions on installing Studio from the command line, see Command Line Parameters.

There is a single installer, but the file name varies depending on the type of deployment and license, with each file offering a different activation experience:

  • UiPathStudio.msi - オンプレミスの UiPath Platform の購入後に取得した場合。
  • UiPathStudioCloud.msi - UiPath Automation Cloud の購入後に取得した場合。
  • UiPathStudioOnPremTrial.msi - オンプレミスの UiPath Platform の無料トライアルの一部として取得した場合。
  • UiPathStudioCloudTrial.msi - UiPath Automation Cloud の無料トライアルの一部として取得した場合。

Studio is installed at the following location - C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio. You can change the install location by making use of the command line arguments.

MSI インストーラーを使用して Studio をインストールする

  1. インストーラーをダブルクリックします。

  2. 以下のインストールするオプションを選択します。

    • Studio - 自動化プロセスを作成・テストするために UiPath Studio、Assistant、およびユーザー モードの Robot をインストールします。
    • Assistant - 有人オートメーションを実行するために UiPath Assistant とユーザー モードの Robot をインストールします。
    • Unattended Robot - スケジュールされた無人の自動化プロセスを (Orchestrator 経由で) 実行するためにサービス モードの Robot をインストールし、トラブルシューティングのために UiPath Assistant をインストールします。

    :information-source: 注: 対話型サインインを使用する場合は、Robot をユーザー モードでインストールしてください。Robot をサービス モードでインストールした場合は、マシン キーを使用して Orchestrator に接続できます。

618618
  1. 利用規約を読み、同意します。前述の利用規約に同意することにより、UiPath アクティビティ パッケージとその依存関係の使用条件に暗黙的に同意することになりますので、ご注意ください。
    • 前のステップでの選択項目に対して事前に選択された既定の設定を使用してインストールする場合は、[インストール] をクリックして手順 5 に進みます。
    • インストールをカスタマイズするには、[詳細設定] をクリックして手順 4 に進みます。
618618
  1. (任意) 以下の [詳細設定] オプションを使用してインストールをカスタマイズし、[次へ] をクリックします。

    • UiPath Studio - Studio をインストールします。手順 2 で [Studio] オプションを選択した場合は、このオプションは有効化されています。
      • StudioX Excel アドイン - StudioX の Excel アドインをインストールします。既定では、このオプションは無効化されています。
    • UiPath Robot - 以下の選択したオプションに基づいて、ローカルのハードウェア ドライブにロボットをインストールします。
      • [Windows サービスとして登録] - Robot のインストール方法を指定します。
        手順 2 で [Unattended Robot] を選択した場合は、このオプションが既定で有効化され、Robot はサービス モードでインストールされます。
        手順 2 で [Studio] または [Assistant] を選択した場合、このオプションは既定で無効化され、Robot はユーザー モードでインストールされます。Attended および Development ロボットを使用する場合に推奨されるオプションです。
      • Install local activities feed - The local activities feed is created by default in the C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio\Packages folder. This option is enabled by default. Having the activities packages locally is useful if you do not intend to connect your Robot to Orchestrator, or you want to have better control of the activities used in an automation project. Check out the list of default activities packages here.
      • クライアントを自動でスタート ‐ ロボット トレイを Windows のスタートアップに合わせて実行します。既定では、このオプションは無効化されています。
      • 従来のロボット トレイを使用 - 選択すると、UiPath Assistant の代わりに従来のロボット トレイを使用します。既定では、このオプションは無効化されています。
      • UiPath Java 拡張機能 - Java アプリケーションの連携と自動化を容易にする UiPath Java 拡張機能をインストールします。既定では、このオプションは無効化されています。Java Bridge をインストールする場合、インストールに通常より長い時間がかかる場合があります。このオプションは、Java Bridge をシステム ドライブの Java フォルダーにのみインストールします。システム ドライブにないカスタム JRE を使用している場合は、ScreenScrapeJavaSupport ツールを使用して手動でインストールする必要があります。
      • UiPath Chrome 拡張機能 - Chrome でのプロセスの自動化に必要な [UiPath Chrome 拡張機能] をインストールします。既定では、このオプションは無効化されています。
      • UiPath Microsoft Edge (Chromium ベース) 拡張機能 - Microsoft Edge (Chromium ベース) のバージョン v79 以降に対応する UiPath 拡張機能をインストールします。既定では、このオプションは無効化されています。この機能について詳しくはこちらをご覧ください。
      • Robot 用 JavaScript アドオン - Robot のための JavaScript アドオンをインストールします。既定では、このオプションは有効化されています。この機能について詳しくはこちらをご覧ください。
      • UiPath Citrix 拡張機能 - ネイティブで Citrix アプリを自動化するための [UiPath Citrix 拡張機能]をインストールします。このオプションは既定では無効化されています。

    インストーラーの既定の設定を変更するには、各機能の横のボタン buttonbutton をクリックし、次のいずれかのオプションを選択します。

    • ローカル ハード ドライブにインストール ‐ 対応する機能をローカルのハード ドライブにインストールできるようにします。
    • ローカル ハード ドライブにすべてインストール ‐ 対応する機能を、サブ機能も含めてローカルのハード ドライブにインストールします。
    • インストールしない ‐ 対応する機能のインストールを行いません。
618618
  1. [インストール] をクリックし、インストールが完了するまで待ってから、[完了] をクリックします。Studio のアクティベーション方法の詳細については、「Studio をアクティベーションする」をご覧ください。

UiPathPlatformInstaller.exe のインストール

📘

重要

Launching the UiPathPlatfromInstaller.exe installer while another such installer is running results in a corrupted installation.

利用規約を読み、同意します。前述の利用規約に同意することにより、UiPath アクティビティ パッケージとその依存関係の使用条件に暗黙的に同意する、という点にご注意ください。

UiPath Studio のインストールに進みます。

  1. UiPath Platform インストーラー[製品] タブから[UiPath Studio & Robot][インストール] ボタンをクリックします。[UiPath Studio & Robot インストーラー] 画面が表示されます。
10541054
  1. [標準] タブから、次の設定とオプションを完了します。
    • Installation Path - Enables you to select a custom installation directory. The default directory (C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio) is prefilled.
    • 製品 - このラジオ ボタンを使用して、UiPath Robot のみをインストールするかどうかを選択します。既定では [UiPath Studio と Robot をインストール] オプションが選択されています。
    • ライセンス コード - 任意の項目です。スタンド アロンの無料トライアル、または Enterprise Edition のライセンス キーがある場合は入力します。空白のままにすると、Studio の初回起動時に Studio をアクティベーションするようにプロンプトが表示されます。
  • Orchestrator 接続文字列 - 接続文字列を指定して、ロボットを Orchestrator に自動的に接続します。詳しくはこちらをご覧ください。
    • インストールの種類 - ラジオ ボタンを使用して、Robot のインストールの種類を選択します。詳細については、こちらをご覧ください。
    • トレイの Robot を自動的に開始 - Windows の起動時にロボット トレイを起動します。
    • StudioX Excel アドイン - 選択すると、StudioX および Microsoft Excel の連携アドインもインストールします。StudioX について詳しくはこちらをご覧ください。
  1. これらの設定でインストールをさらにカスタマイズするには、[詳細] タブをクリックします。
    • ツール - チェックを入れると、JavaChrome、または Citrix 拡張機能もインストールしますStudio の拡張機能について詳しくはこちらをご覧ください。
    • Custom Packages Path - Enables you to provide a custom download location for your workflows and dependencies for UiPath Studio and Robot. By default these are saved to %ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\Packages です。
    • パッケージ構成 - ローカル アクティビティをインストール (既定で有効) するかどうか、およびアクティビティの オンライン フィードを無効化するかどうかを選択します。詳しくは「アクティビティ フィードについて」をご覧ください。
    • カスタム NuGet フィード - [フィード名] および [フィード URL] フィールドを使用して、任意のカスタム NuGet フィードをインストールに追加します。
10541054
  1. [その他の設定] オプションから、次のいずれかを選択します。
    • 署名済みパッケージのみ実行 - 選択されている場合、署名済みパッケージのみをインストールして実行できます。詳細については、署名検証パッケージについての項目をご覧ください。
    • Disable Secured XAMLs - If selected, no security for process .xaml files is used, meaning users are allowed to read and modify the process files and logic.
    • テレメトリを無効化 - 選択した場合、UiPath は製品の使用またはパフォーマンスに関するデータを収集しません。詳細は「テレメトリのオプト アウト」をご覧ください。
  2. [インストール] をクリックします。インストールが完了し、UiPath Studio と Robot の使用を開始できます。

UiPathStudioSetup.exe によるインストール

★削除★ UiPathStudioSetup.exe file enables you to install the Community Edition of Studio with a user-mode Robot. The installation path - %localappdata%\UiPath and all other advanced options are already configured to help you get Studio up and running right away. When the installation completes, you proceed to activating and getting started with Studio.

📘

注:

★削除★ UiPathStudioSetup.exe installer does not require administrator permissions, meaning that it is installed per user and is limited to the rights that the user has.

10 か月前に更新



Studio をインストールする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。